「荷物持って」甘え方しくると地獄…“愛され女子”何が違う?

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-06-22 06:00
投稿日:2022-06-22 06:00
 恋人や気になっている人に甘えたいけれど、年齢が上がっていくうちに甘え方がわからなくなってしまう「甘え下手症候群」になっていませんか?
 甘えたいけれど、甘えられない。ついつい自分でやってしまう……というか、自分でやった方が早い。デキる女性は、すべてを自分でやってしまいがち。全部自分で背負ってしまうクセ、少しだけでも変えていきませんか?
 甘え方にも、相手から「かわいいな」と思ってもらえる場合と、逆に「重い……」と思われてしまう場合があります。今回は、かわいい甘え方と重い甘え方の違いについてお伝えしていきます。
 
 

 

 
 

 

 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

 

「重い甘え方=ウザい!」甘え上手な人がやっていること

 前提として、男性は基本的に頼られると嬉しいと思う方が多いです。誰かの役に立ったり、感謝されると男女関係なく、心がハッピーになりますよね。

 そのため、甘える時は彼にとっての「小さな頼み事」+「感謝」が基本セットになります。

 甘えるのが下手くそな人は、まず荷物を持ってもらいましょう。

「ねぇねぇ、荷物持って欲しいな〜」とか、

「ちょっと重くて……荷物持ってもらってもいい?」

 この謙虚かつ、自分の希望を伝える言い方が重要です。

 小さな頼み事に加えて、しっかりと感謝を伝えると、「こんなことで喜んでくれるのか、嬉しい!」と彼もあなたをより好きになり、お互いに良い人間関係が築けます。

上から目線になってない?

 逆に彼が「重いな」と思う甘え方は、「ちょっと、少しくらい荷物持ってよ!」という上から目線の言い方です。

 これは、はっきり言ってウザいです。恋人なら別れるきっかけにもなりかねません。

 別れた時に「荷物持ってって言ったら、彼が怒って別れたんだけど〜」とグチもセットになる可能性があります。できれば、そんな負のオーラをまとった女性になりたくないですよね。

 言い方を変えるだけで、かわいさを作れたり、逆にイヤな人間にもなれます。

 何かやってもらったら、しっかり感謝を伝えて、愛される甘え上手な女性になってくださいね。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
友人が海外旅行に行ってて、SNSにアップされた写真が美しかったー。やっぱり海外の景色って特別だよね。日本もいいけれど、海外もいい。地球最高。

ギャルちゃん
コロナ前は結構ダラ先輩と海外旅行に行ってたんですけれど、「やっぱり今はまだ行きづらいっすよねー」なんて言いながら、会社のパソコンで飛行機とホテル調べちゃった☆

関連キーワード

ラブ 新着一覧


別れ話は「事前準備」がすべてです 上手な切り出し方って?
 彼氏と別れたいと思ったとき、避けては通れないのが“別れ話”。とはいえ「彼を傷つけたくない」という不安があると、別れ話を...
恋バナ調査隊 2022-06-19 06:00 ラブ
結婚したら「毒夫」に豹変した…大丈夫? 5つの特徴と対処法
 結婚前は優しくて頼れる男性だったのに、結婚した途端「こんな人だったの?」と幻滅してしまう女性は少なくありません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-06-19 06:00 ラブ
清掃員から風俗に転職した40代シンママの話「私の天職です」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。母子家庭の約半数が貧困状態という日本の社会問題。主要国36カ国中24位という...
山崎世美子 2022-06-18 06:00 ラブ
「ガード固すぎ!」仕事から私生活に繋げたい年下男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.95〜女性編〜」では、取引先の男性・神崎さん(仮名)から度重なるセクハラを受け、その対処に困...
並木まき 2022-06-18 06:00 ラブ
♡印を連打し手料理をねだる…セクハラ年下男に悩む女経営者
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-06-18 06:00 ラブ
彼氏の会社に浮気情報を匿名拡散!復讐を決めた女たちのエピ
 信じていた彼氏に浮気されて黙っていられる女性は、果たしてどれだけいるでしょうか? 今回は浮気した彼氏へ復讐した女性のエ...
恋バナ調査隊 2022-06-18 06:00 ラブ
付き合うと冷めるのは“蛙化現象”かも!心理と対処法を知ろう
「あんなに好きだったのに、なぜか急に冷めた」――。そんな悩みを抱える女性は多いようです。相手が振り向いてくれた途端、急に...
恋バナ調査隊 2022-06-17 06:00 ラブ
梅雨デート特集がしっくりこない!筆者実践の逆手計画はど?
 梅雨入りの時期が来てしまった。しかも今年は、じめじめしているだけでなく肌寒い梅雨。これでは全てのやる気がなくなってしま...
ミクニシオリ 2022-06-17 06:00 ラブ
彼氏が失敗した時こそ好機!“フォロー上手”な女性の実践テク
 仕事で失敗した彼氏に、どんな言葉をかけたらいいのかわからない時ってありますよね。言葉の選び方次第では、彼氏を大きく傷つ...
恋バナ調査隊 2022-06-17 06:00 ラブ
婚活初参戦のアラフォー女性必読!「パートナー探し」の鉄則
 アラフォーという年代になって初めて婚活サイトやアプリに登録し、結婚に向けて頑張り始める女性がいます。  けれど彼女た...
内藤みか 2022-06-16 06:00 ラブ
「性欲が強い女性」に告ぐ!男に勘違いされないための注意点
 性欲というと、男性をイメージする人が多いでしょう。でも、性欲があるのは男性だけではありません! 女性にも性欲が強い人が...
恋バナ調査隊 2022-06-16 06:00 ラブ
本命彼女と非本命女子の違いは?ガチで惚れられる女になる術
 気になる男性ができた時に、体の関係になっても、なかなか「本命彼女」になれない……。そんなことで悩んでいませんか? ...
若林杏樹 2022-06-15 06:00 ラブ
「ネックレス、郵送で返して」元彼からの痛い&恐怖LINE3選
 元彼から女性のもとに届いた痛いLINE……。男性は、別れた元カノに対していつまで「俺のもの」と思っているのか、そして元...
恋バナ調査隊 2022-06-15 06:00 ラブ
「仕事と俺どっち大事なの」って言っちゃう?男の本音に迫る
 好きな彼からであっても「仕事と俺どっち大事なの?」なんて聞かれると、困惑してしまいますよね。中には「重い」と感じる人も...
恋バナ調査隊 2022-06-15 06:00 ラブ
“家族割”からの独立!離婚届と地獄の名義変更で自由を得た
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
嫌われてる? 二人きりだと沈黙する彼…隠れた男性心理とは
 気になる男性と二人きりになった時、彼が沈黙すると「もしかして嫌われてる?」と不安になりますよね。  でも、男性と女性...
恋バナ調査隊 2022-06-14 06:00 ラブ