「荷物持って」甘え方しくると地獄…“愛され女子”何が違う?

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-06-22 06:00
投稿日:2022-06-22 06:00
 恋人や気になっている人に甘えたいけれど、年齢が上がっていくうちに甘え方がわからなくなってしまう「甘え下手症候群」になっていませんか?
 甘えたいけれど、甘えられない。ついつい自分でやってしまう……というか、自分でやった方が早い。デキる女性は、すべてを自分でやってしまいがち。全部自分で背負ってしまうクセ、少しだけでも変えていきませんか?
 甘え方にも、相手から「かわいいな」と思ってもらえる場合と、逆に「重い……」と思われてしまう場合があります。今回は、かわいい甘え方と重い甘え方の違いについてお伝えしていきます。
 
 

 

 
 

 

 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

 

「重い甘え方=ウザい!」甘え上手な人がやっていること

 前提として、男性は基本的に頼られると嬉しいと思う方が多いです。誰かの役に立ったり、感謝されると男女関係なく、心がハッピーになりますよね。

 そのため、甘える時は彼にとっての「小さな頼み事」+「感謝」が基本セットになります。

 甘えるのが下手くそな人は、まず荷物を持ってもらいましょう。

「ねぇねぇ、荷物持って欲しいな〜」とか、

「ちょっと重くて……荷物持ってもらってもいい?」

 この謙虚かつ、自分の希望を伝える言い方が重要です。

 小さな頼み事に加えて、しっかりと感謝を伝えると、「こんなことで喜んでくれるのか、嬉しい!」と彼もあなたをより好きになり、お互いに良い人間関係が築けます。

上から目線になってない?

 逆に彼が「重いな」と思う甘え方は、「ちょっと、少しくらい荷物持ってよ!」という上から目線の言い方です。

 これは、はっきり言ってウザいです。恋人なら別れるきっかけにもなりかねません。

 別れた時に「荷物持ってって言ったら、彼が怒って別れたんだけど〜」とグチもセットになる可能性があります。できれば、そんな負のオーラをまとった女性になりたくないですよね。

 言い方を変えるだけで、かわいさを作れたり、逆にイヤな人間にもなれます。

 何かやってもらったら、しっかり感謝を伝えて、愛される甘え上手な女性になってくださいね。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
友人が海外旅行に行ってて、SNSにアップされた写真が美しかったー。やっぱり海外の景色って特別だよね。日本もいいけれど、海外もいい。地球最高。

ギャルちゃん
コロナ前は結構ダラ先輩と海外旅行に行ってたんですけれど、「やっぱり今はまだ行きづらいっすよねー」なんて言いながら、会社のパソコンで飛行機とホテル調べちゃった☆

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上男性はデメリット多め?いえいえ大事なのは操縦方法です
 女性にとって、リードしてくれる年上男性は魅力的に映りますよね。頼り甲斐があり、経済力のある年上男性は、恋人としても結婚...
恋バナ調査隊 2022-06-14 16:31 ラブ
ワキ処理忘れた~!彼との“お泊まり失敗談”を共有しましょう
 大好きな彼とのはじめてのお泊まりデート。完璧に準備したつもりだったのに、肝心なところで「やらかしちゃった!」という失敗...
恋バナ調査隊 2022-06-13 06:00 ラブ
彼氏と友達が浮気?貴女の直感を後押し&裏切りを見破る方法
 彼氏と自分の友達が浮気していたというエピソードは、意外と多いですよね。大好きな彼氏と信頼していた友達の両方を失うので、...
恋バナ調査隊 2022-06-13 06:00 ラブ
梅雨のデートで湿度よりイチャ度が上がる!?【屋内・外出編】
 梅雨の時期になると、どんよりとした空に降り続く雨でなかなか「外デート」という気分にはなりませんよね。  そこで今回は...
恋バナ調査隊 2022-06-12 06:00 ラブ
「喧嘩するほど仲がいい」って本当なの?男と女、嘘か誠か。
 昔から「喧嘩するほど仲がいい」という言葉を耳にしますが、実は、喧嘩はカップルが別れる原因でもあるため、「嘘」だと言われ...
恋バナ調査隊 2022-06-12 06:00 ラブ
「女として見られない」発言は男性からのレッドカードです…
 男性から「女として見られない」と言われた経験はありませんか? もしあるのなら、危機感を持つべきかもしれません。  一...
恋バナ調査隊 2022-06-11 06:00 ラブ
両親の介護問題から“着火”→元妻への愛が再燃したこじらせ男
「冷酷と激情のあいだvol.94〜女性編〜」では、元夫のカズトさんから3年ぶりに連絡がきて復縁を迫られている女性・亜紀子...
並木まき 2022-06-11 06:00 ラブ
性格の不一致で離婚 元夫の復縁アプローチに不信感を抱く女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-06-11 06:00 ラブ
彼氏と会えない時の不安対策 “出して・埋めて・先手”がいい
 彼氏と会えない時は寂しく感じますよね。寂しさが募ってくると、次第に不安も襲ってくるでしょう。  そんな時はどのように...
恋バナ調査隊 2022-06-11 06:00 ラブ
「個人情報全部晒すから」サレ妻が不倫相手に送った復讐LINE
 テレビを賑わす不倫の話題。でも、一般社会でも不倫をしている人は多いようです。旦那に不倫をされた「サレ妻」が不倫相手に送...
恋バナ調査隊 2022-06-11 06:00 ラブ
思いやりがない彼氏を引いちまった!でも別れたくない貴女へ
 思い続けていた男性と付き合ってみたら、実は「思いやりのない人だった」と気づくこともありますよね。そんな彼の言動に不安に...
恋バナ調査隊 2022-06-10 06:00 ラブ
年下男子が猛アタック!“羨ま”年上女性の行動を考察してみた
 ガツガツしすぎて年下男子に逃げられてしまう年上女性もいれば、のんびりしているように見えるのに年下男子に追いかけられてい...
内藤みか 2022-06-09 06:00 ラブ
サプライズ成功の秘訣 達人は“ダミーから本命プレ”で心掴む
 大好きな彼の誕生日や記念日に、ただお祝いするのではなく「サプライズ」で思い切り喜ばせたい! と思ったことがある人は多い...
恋バナ調査隊 2022-06-09 06:00 ラブ
「俺、離婚するから」と不倫相手 嘘か誠か“本音”を見抜く3点
 妻がいる男性と不倫をしてしまう女性が近年増えているようです。そんな不倫男たちが必ず言うセリフが「妻とは離婚する」という...
恋バナ調査隊 2022-06-09 06:00 ラブ
「距離を置こう」は別れる前のクッション 冷却期間や対処法
 大好きな彼氏から、「距離を置こう」と言われたらショックですよね。自分は距離を置きたくないから拒否した方がいいのか、それ...
若林杏樹 2022-06-08 06:00 ラブ
結婚を諦めた女性は最強かも!“願望ポイ捨て”から始まる幸せ
 結婚願望があるのに「出会いがない」と、焦りを感じている女性もいるでしょう。週末のたびに、婚活に出かけたりしても成果が得...
恋バナ調査隊 2022-06-08 06:00 ラブ