朝露が胸に染む 2022.11.24(木)

Koji Takano フォトグラファー
更新日:2022-11-24 06:00
投稿日:2022-11-24 06:00
(C)koji Takano
(C)koji Takano

 秋が深まり冬が近づいてくると、過ぎた季節が恋しくなるタイミングがある。

 まだ誰の気配もしない朝、朝露のきらめきと霧のグラデーションが胸に染みた。

 太陽が昇るまでの間だけ見られるこの光景に、また来年も出会えますように。

関連キーワード

日めくりコクハク 新着一覧


見知らぬ街で 2022.10.3(月)
 どこもシャッターが閉まる中に、ポツリと灯りが。  道に映った赤い光を見て、ラーメンと炒飯を食おうと即座に思う。 ...
国際非暴力デー 2022.10.2(日)
 きょうはガンジーの誕生日にちなんで制定された「国際非暴力デー」だって。  暴力の被害者にも加害者にもならなくてい...
雨の日の相棒 2022.9.30(金)
 小雨降る街をあてもなく歩くのが良い。  いつもにぎやかな大通りが、少し静かになるのも悪くない。  このくら...
見ないでよ! 2022.9.28(水)
 小熊に遭遇したらすぐ逃げろ(近くに母熊がいるぞ)と言われるように、子を持つ母親は本能的にピリピリするみたい。  ...
贅沢な時間 2022.9.26(月)
 砂に腰を下ろし、荒れた海を見ながら風の音を聴く。  人は何のために生まれ、どこへ行くのだろう……? な~んて考え...
人気のない商店街で 2022.9.23(金)
 古びれた幌(ほろ)に当たる雨粒の音は心地よい。  雨がだんだんと冷たくなってきた。  短い秋と、その後ろに...
ピンクに囲まれて 2022.9.22(木)
 葉桜かな? どこかを見つめるシマエナガちゃん。  なんだか疲れた時、ピンク色に癒されるのはなんでだろう? ...
もしかしてナルシスト? 2022.9.20(火)
 シマエナガちゃんって、自分にうっとりすることってないの?  え、あるよ! この前、水辺で一句読んだんだけど、聞い...
燃えるような夕焼け 2022.9.19(月)
 ドボルザークの「遠き山に日は落ちて」が流れる時間。    あと数十分で真っ暗になると分かっていても、その場から動け...
また季節が変わる 2022.9.18(日)
 秋といっても暑いけど「秋分の日」が近づくと、さすがに季節の変化を感じるもの。  言われてみれば、暗くなるのがずい...
急がない旅の心地よさ 2022.9.16(金)
 気になった駅があれば降りてみてもいい。  途中で行く先を変えたって、しばらく滞在したっていい。  誰が待っ...
お手並み拝見! 2022.9.14(水)
 初対面の人とお話しするのって緊張するよね?  ましてや、知り合いがあまりいない結婚式の二次会とか。壁の花になって...
激しい雨が止んだ路地で 2022.9.12(月)
 通り雨に降られて、近くの路地に逃げ込んだ。結局しっかり濡れちゃったけど、なんだかいい雰囲気じゃないか。  たまに...
鳥は眠っても木から落ちない 2022.9.11(日)
「猿も木から落ちる」とは言うけれど、じゃあ、鳥は何でこんな細い足で枝にとまっていられるか知ってる?  鳥の爪はしゃ...
少年だった夏の記憶 2022.9.9(金)
 濃い影をつくる眩しい陽の下で走り回って、そよそよと流れる風にあたって。  懐かしい部屋から外を眺めると、あの夏が...
残暑お見舞い申し上げます 2022.9.7(水)
 陽が落ちて夜になるのが、だんだんと早くなってきた。  夜はクーラーをつけなくても寝られる日が増えた。  季...