「え、悪性って…」病院を出たら子宮頸がん患者になっていた

コクリコ 編集者
更新日:2019-07-29 19:27
投稿日:2019-05-14 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

「細胞診で悪性が出ています」

赤のコクリコは「喜び」のシンボルです(写真:iStock)
赤のコクリコは「喜び」のシンボルです (写真:iStock)

【Note.02】

 それは40歳当時です。前回お話ししたように、性交渉時だけにとどまらず、日々の暮らしに侵食してきた不正出血に不安を感じた私は病院を訪れ、内診の異常はなかったものの、医者の勧めで、子宮頸がん検査を受けました。

 すると、検査結果の出る1週間後、病院から携帯に電話がかかってきたのです。

「細胞診で悪性が出ています」

 会社の廊下で、血の気がさーっと引きます。

「えっ、悪性ってがんのことですか?」

「とにかく病院に来てください。…おひとりですよね?」

 詳しくは教えてもらません。「がんなのかな? でも間違いかも、どこも痛くないし」とぼんやりと考えながらも忙しく数日を過ごし、仕事を片付けて夕方病院に行きました。ひとりで。

「細胞診クラスⅤが出ています。クラスVというのは悪性腫瘍があるということ、つまり『がん』ということです。しかも『腺がん』が出ていて、これは極めて悪性度が高く、リンパに飛んでいる可能性があります。急いで組織診とMRIを撮りましょう。PET検査はここではできないので、本院で後日。結果次第では子宮を摘出する手術になります」

 この段階では、子宮頸がんか子宮体がんかも分からず、浸潤度合も、がんの大きさも、転移の有無も、ステージも不明です。とにかく言われるがままに激痛を伴う組織生検・コルポスコピーと、ががががーっとうるさい音のなるMRIを受けましたが、放心状態。涙も出ません。がんで子宮摘出か……。待合室で友達に〈がんて言わると「がーん」てなるの、本当だね〉と1通だけLINEを送りました。

がん宣告で生活どうなる?

選択の連続…(写真:iStock)
選択の連続… (写真:iStock)

 がん。

 そうか、私はがんだったのか。

 どこも痛くないのに。

 病院に来るまでの私と、病院から出るときの私は一緒なのに。私はいまこの瞬間からがん患者なんだ……と不思議な気持ちになりました。

 がんを宣告されると生活はどうなると思いますか? 実は悲しんでいる暇もないくらいとても忙しくなるのです。もし夫やパートナーがいれば、一緒に病院や治療方法を探してもらえるかもしれません。ただ、独り身の場合、すべて自分で調べなくてはならないのです。高齢というほどでもない親でも、ネットを自在に操ることはできません。

 本当にこの病院を信用できるの? 誤診だったり? 子宮は取らなくてはならないの? ほかに方法はないの? いったい私のがんはどこまで進行しているの? セカンドオピニオンする?

 セカンドオピニオンの存在は知っていても、実際にそれをやるのには時間がかかること、今の医師にその旨を伝えなくてはならないこと、いろいろ考えると簡単には決断できません。

 セカンドオピニオンをしたいと言うことによって、この医師を信用していないようには見えないか。ほかの病院で同じ診断がくだった場合はまたここに戻って来られるのか。その間に進行してしまったらどうしよう……。

“発言小町”も“知恵袋”もチェックした

「正しい情報」とは何か(写真:iStock)
「正しい情報」とは何か (写真:iStock)

 不安で眠れず、調べなくてはならないこともたくさんある中でも、休まずにしっかり出勤していました。私は、著者をたくさん抱えている書籍の編集者です。私を信頼してくださってる著者の出版物を途中で投げ出すことはできません。がん宣告のあとに姫路出張にも仙台出張にも行きました。

 すき間時間があればすぐにネット検索。同じ病気の人のブログと発言小町とYahoo!知恵袋はだいたい読みました。病院のHPも見まくりました。当然、いいことばかりが書いてあるわけではありません。

 恐怖に震える手、止まらない動悸。どうして私ががんになったの、もっと悪い人はいっぱいいるのに……。結婚も出産もかなわずに、がんで死んでしまうかもしれない、とあふれる涙をこらえられないこともしばしば。

 そんな私に、さらなる事態が襲いかかったのです。子宮からの大量出血でした。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM