彼女とLINEで喧嘩が絶えず…問題だらけのコミュニケーション

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-15 06:00
投稿日:2019-06-15 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

Case2:彼女ができてもLINEでケンカばかりな男

(C)コクハク
(C)コクハク

「彼女ができて、嬉しくてLINEしていても、付き合って2ヶ月もすると、LINEでケンカばかりになります。

 誰と付き合っても、そんな感じで、もう泣きそうです。

 仕事が忙しくても、ちゃんと返事するようにしているし、僕からも話題を提供するように気をつけているし、僕のLINEの何がダメなのか、さっぱりわかりません……」<田中氏(仮名)38歳男性/SE)

キミのLINEはここがダメ!「返事がほしい質問を完全スルー」

そういうことを訊いてるんじゃない(写真:iStock)
そういうことを訊いてるんじゃない (写真:iStock)

 田中さん、厳しいことを言うようですが、このLINEだったら、彼女がキレても当然です。

 だって、彼女が答えてもらいたいと思って送っている質問を、完全スルーして、自分の言いたいことしか言っていないじゃないですか!

「返信している」っておっしゃるけど、これじゃあ、空気の読めない男だし、質問を送っている彼女はイライラしますって。

 え? でも、画面に“既読”が付いているんだから、内容を把握しているし、いいじゃないかって?

 いやいや、彼女は返事を確定させたい内容だからこそ、わざわざ質問をLINEで送っているんですよ。しかも、もし「把握しててくれればいい」って類の話だったら、疑問文にはなっていないわけですよね?

 そういうふうに、彼女からのLINEの内容に勝手にプライオリティーをつけて返事をするから、女性にイラつかれるのです。

「コミュニケーションできない男」のレッテルも

「NO!」を突きつけられる前に(写真:iStock)
「NO!」を突きつけられる前に (写真:iStock)

 こういうLINEばかりしている男の末路は、たいがい「女性に捨てられる」です。

 厳しいことを申し上げるようですが、LINEで満足いくコミュニケーションがとれないとなると、カップルでの意思疎通ができていないってことになるわけですよ。

 イライラが募った彼女は、関係がこなれてくるにつれ、返事がないことへの不満を口にするでしょうし、そうなればふたりの雰囲気も悪くなり、やがて不協和音が大きくなるでしょう。

 ラブラブを持続させたいのであれば、彼女からの質問はスルーするべからず。

 きちんとすべての質問を拾って、丁寧に返信する意識こそが、安全なコミュニケーションへの近道です。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテ...
内藤みか 2021-08-19 06:00 ラブ
コミュニケーションがうまくいかない夫婦の共通点&5つの対策
 恋人同士の時にはうまくいっていたはずなのに、結婚後に関係性が悪くなってしまうことがありますよね。これは、距離が近すぎる...
恋バナ調査隊 2021-08-19 06:00 ラブ
恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
“両片思い”は雰囲気でわかる♡ 両思いに発展させる方法は?
 本当は両思いなのに、それに気づかず片思い状態を続けてしまう「両片思い」。相手の思いに確信が持てず、一歩踏み出せない人も...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
恋愛タブーな取引先の男性に恋したら?社交辞令を見抜く方法
 取引先の男性との恋愛は「公私混同」と、タブー視する人が多いですよね。また、脈ありだと感じても「ただの社交辞令かも?」と...
恋バナ調査隊 2021-08-16 06:00 ラブ
女性の体で男性が好きなパーツ5選&パーツごとに隠れた心理
 意中の男性からいつ見られてもいいように、メイクやネイルを研究するなど、日々努力している女性は多いですよね。でも、実際の...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
この子しかいない♡ 男性が惚れ直した彼女からの愛情LINE5選
 女性の中には、いつも彼氏に愛されて大切にされる人と、そうでない人がいますよね。この違いがなぜ生まれるのかというと、男心...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
結婚後に性格が豹変!“釣った魚に餌をやらない”男の見極め方
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「こんなはずじゃなかった!」と後悔しながら結婚生活を送っている方は少なくあり...
山崎世美子 2021-08-14 06:00 ラブ
男心を弄ぶ思わせぶりな女性の特徴5つ&気を付けたい注意点
 男性から好意を持ってもらえるのは、誰だって嬉しいものです。しかし、中には興味の有無に関わらず、男性に対して思わせぶりな...
恋バナ調査隊 2021-08-14 06:00 ラブ
実際は何もしてないのに…イクメン気取りの夫にウンザリな妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-14 06:02 ラブ
“イクメン”はブランディング…理解なき妻に夫が抱く不快感
「冷酷と激情のあいだvol.51〜女性編〜」では、「イクメン」を気取る夫の本性に我慢の限界を迎えた妻・1さんの心情をご紹...
並木まき 2021-08-14 06:03 ラブ
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#1
 連日のように報道されている有名人の不倫……。有名人だけでなく、一般人も不倫に走ることはもはや珍しくない。  今回、取...
蒼井凜花 2021-08-13 06:00 ラブ
男性が彼女と“別れたい”と思う時4選!別れを回避する方法
 前触れもなく、突然彼から別れを告げられたら、どんな女性でもショックを受けてしまいますよね。そんな辛い思いをしないために...
恋バナ調査隊 2021-08-13 06:00 ラブ