彼が結婚を決意してくれない 待てない時に試すべき5つのこと

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-06-22 06:00
投稿日:2019-06-22 06:00

一生に一度のプロポーズは彼氏からして欲しい!

そろそろ結婚を意識してもらいたい(写真:iStock)
そろそろ結婚を意識してもらいたい (写真:iStock)

 少女漫画のように壁ドンしてくれる男性や、適切なタイミングで女性が欲しいと思っているキュン台詞を提供してくれる肉食系な男性は、残念ながら絶滅危惧種です。このご時世に、そのような男性は、もとから女性慣れしているような男性と思っていいほど。

 かといって、自分の彼氏のように「いつまでも結婚を決意してくれない」なんて男性も女性からすると考えものですよね。女性の皆さんは「一生に一度のプロポーズくらい、彼氏からして欲しい」のでは? 悠長に考えてるのが、出産や仕事の都合もある女性の癇に障ること、よくわかります。

 そこで草食系な彼氏に結婚を意識してもらうために、女性がすべきことを伝授します!

彼氏が結婚を決意してくれない時に試すべきこと5つ

友達の結婚式の話題で探りを入れてみる(写真:iStock)
友達の結婚式の話題で探りを入れてみる (写真:iStock)

 彼氏が結婚を決意してくれない時に試すべき5つのことについて、ご紹介しましょう。

子供の願望はあるのかを聞く

「私の彼氏は、35歳を超えても結婚のことを何も話してくれなかったんです。自分から“〇〇くんは、子供欲しくない人?”って気軽に聞きました。そしたら“そうだな。そろそろ結婚するのもいいかもね”って。彼ったら、自分がいつまでも若いと思ってたみたいで(笑)。子供のことを聞いてみるのもアリですよね」(Hさん・38歳女性/事務)

 結婚を考える要因の一つは、子供が関係してる人も多いのではないでしょうか。結婚を言い出さない理由には、子供のことを考えていない可能性もあります。彼氏に具体的な結婚のイメージをもたせるために、子供の話題についても触れてみましょう。

彼に結婚の選択肢があるか問う

「計算とかではなく“結婚とかしたくない人なの?”って聞いちゃいました。生涯にわたって独身を選ぶ人も増えているじゃないですか。だから彼の中に結婚という選択がそもそもないのかなと思って。そしたら“結婚しなくてもいいかなと思ってたけど、とりあえず同棲してみる?”って聞いてくれました。ちょっとモヤモヤしたけど、いちおう進展したので良かったです(笑)」(Mさん・27歳女性/経理)

 近頃では結婚を生涯にわたり“しない”と自ら決め込んでる人もいます。そのような場合は、彼氏が女性の結婚願望に見て見ぬ振りをする場合も。恋愛の最終的なニーズが違うのであれば、早めに意見のすり合わせをしたいですよね。核心に触れてみるのもいいでしょう。

他の男性の存在を匂わせてみるのもアリ(写真:iStock)
他の男性の存在を匂わせてみるのもアリ (写真:iStock)

友達の結婚式のことを話す

「友達の結婚の話とか、出産の話とか焦ってくるじゃないですか。女子は、周りと一緒がいいんです(笑)。全く察してくれない彼に“友達のウェディングドレス、私も将来着てみたい”って話したら、とりあえず結婚式の相談会に連れてってくれました。そこからプランナーさんがその気にさせてくれて……。素直に友達の結婚を羨ましいと言い出すのも、アリみたいですよ」(Aさん・32歳女性/営業)

 男心には、女の素直なオネダリが一番効くかもしれません。「結婚式やりたい!」と素直に打ち明けてみましょう。彼女の可愛いオネダリに、彼氏が「男として叶えてやろう」と結婚を決意してくれるかも。男心って案外単純だったりしますから、素直にお願いも話が早いです。

女の事情を暴露してみる

「男っていうのは、子供を産まないし仕事も続けるし名字も変わらない。その点、女は結婚で失うものや考えるべき項目が多いのに、男って理解していないじゃないですか。なので“こっちも結婚するなら、早くしてもらわないと困るんだけど”って唐突に言いました。そしたら、ちょっとは将来のことを考えてくれるようになったみたいです」(Nさん・29歳女性/インストラクター)

 男性と女性では、結婚といっても環境の変化に雲泥の差があります。そのことを分かっていない男性も多いはず。子供も望めば、すぐに授かることができると信じている男性もいます。女性が自ら年齢のことを打ち明けることは、彼氏からするとインパクト大。改めて考え直すきっかけになることでしょう。

他の男性との恋を匂わす

「交際して10年経ってました。家族のような関係性に、今さら家族になろうって言い出すのは、私でも無理だなって。でも当たり前の存在と思われてるのも、なんか悔しい。だから“私と他の男の人が手を繋いで歩いてたら、どうする?”って言ってみたことがあります。彼になりに焦ったみたいで、翌年の誕生日にプロポーズを受けました」(Mさん・32歳女性/看護師)

 他の男性との恋を匂わせてみるのもアリ。その時に浮気を疑われて喧嘩という事態にならないために「想像してみて」という一言は添えましょう。彼氏からすると、独占欲がジワジワ湧いてきます。それと同時に彼女が自分から離れていってしまう可能性を自覚し、結婚を意識してくれるかもしれません。

彼氏に結婚を意識してもらおう

男性から行動してくれるかも♪(写真:iStock)
男性から行動してくれるかも♪ (写真:iStock)

 彼氏に結婚を意識してもらうためには、間を作ることを意識しましょう。間を作ることで、彼氏は“彼女は当たり前の存在ではない”と気づくことができるからです。

 彼氏が結婚を意識するタイミングの多くは「この子を逃したくない」と思うタイミング。結婚に必死になって、彼氏を責め立てたり積極的なアプローチをするよりは、少しくらい彼氏を“泳がせること”が結婚を決意させるコツですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ