離婚後に正体を現したモラハラ夫…志穂さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:02
投稿日:2019-08-23 06:00
 こうして志穂さんは引っ越し、就職活動を始め、小さな広告代理店にコピーライターの職を得ました。何が何だかわからないままに終わってしまった不思議な結婚生活を忘れかけたある日、志穂さん宛てにメール便や宅配物が届いている、と元の夫・勇太さんから連絡がありました。

突然の来訪、別れた夫は笑顔を浮かべていた!!

 郵便局宛てに転居届を出していても、それ以外の宅配会社経由のものが旧住所に届いてしまう、ということがあります。全部まとめて着払いで転送してほしいと頼み、勇太さんからは快く了解の返事がありました。しかしある日突然、勇太さんはそれらの荷物を持って志穂さんの新居にやって来たのです。気まずい思いで受け取った志穂さんに、勇太さんは笑顔で言いました。

「このへんにファミレスある?朝食べないで電車に乗ったから、お腹空いちゃって」

 そう言われると、わざわざ遠いところまで来てくれたんだっけ、という気持ちになり、財布を持って一緒に外に出てしまいました。志穂さんが頼んで来てもらったわけではないのに、とっさに「断ったら申しわけないな」という気持ちを植え付けられていました。実は、無意識に負い目を感じさせるのは、モラハラ男が相手をコントロールする常套手段の一つなのです。この瞬間から、勇太さんはモラハラ夫の本性をあらわにしていきました。

モラハラ夫が笑顔で解き明かした自分たちの結婚生活の意味

一度も不倫していないと言い放った元夫

 志穂さんは別れた夫と二人でファミレスにいることが気になってきました。夫には不倫の相手がいたはず、思わず「LINEの彼女はどうしているの?」と聞きました。すると勇太さんは、楽しい秘密を打ち明けるような笑顔を浮かべて、信じられないことを言いはじめたのです。

「LINEの人なんて居ないよ!俺は一度も不倫なんてしてないんだから」

「えっ?……どういうこと!?じゃあ、LINE通知は?無言電話は?」

「全部、俺が仕込んだの。だからほら、俺が家に居る時には電話なかったでしょ?」

「そんな……!なんで?なんで私をだましたの?」

「だましたわけじゃないよ、リセットするにはこの方法が早いと思ったからさ」

「リセットって……結婚をリセットってこと!?」

「そう。うちのお袋、異常だと思わない?結婚急かして、近くに住まわせて、俺よりも志穂ちゃんと一緒にいる時間が多いなんてさ、あの人嫁コンだよ」

「でも……お義母さんは私を大事にしてくれたよ……?」

「それはどうかな?志穂ちゃんのこと、孫を産んでくれるAIみたいに思ってるよ、あの人は」

モラハラ夫が画策した結婚から破綻まで

 単身赴任のお義父さんとの夫婦仲は冷えていて、淋しいお義母さんは勇太さんに早く結婚しろ、とせっついていたというのです。40歳までは結婚せずに遊ぶ気でいた勇太さんは、「彼女いないの?応援するから早く結婚して!」とうるさいお姑さんを黙らせるために、お姑さんが気に入りそうな志穂さんと結婚して、不倫を偽装して離婚したというのです。志穂さんが傷ついていることに気づかず、あり得ないことを世間話のように話す勇太さんの異常さに志穂さんはゾッとしました。

「違うよ……異常なのは勇太さんの方だよ!私のこと、人間だと思ってないじゃない!!」

 志穂さんは席を立ち、逃げるようにマンションへ帰り、ヘッドホンで音楽をかけてベッドの中に入りました。いつまでも震えが止まりませんでした。自分が結婚した男は、お姑さんからの干渉の防波堤として自分を利用したモラハラ男だったのだ、と志穂さんは初めて気がついたのです。

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ」
イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ