ミスターコンを応援したい! より楽しむための4つのポイント

内藤みか 作家
更新日:2019-12-02 06:24
投稿日:2019-12-02 06:00
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベントが増えています。デビュー前のイケメンをどんな風に応援するとより楽しめるかを考えてみました。

1. 自分のアカウント名とアイコンを統一する

イケメンコンテストをより楽しむ方法(写真:iStock)
イケメンコンテストをより楽しむ方法 (写真:iStock)

 いまやミスターコンは複数のSNS運営が当たり前。TwitterとInstagramはもちろんのこと、近頃はShowroom、LINELIVEなどのライブ配信での成果を競うコンテストも少なくありません。いちばん課金されたイケメンが優勝または最終審査に進めるとされているミスターコンまであり、もはやイケメン度を競うよりは、インフルエンサー度を競うものになりつつある感じすら受けます。

 そんなSNS多用時代のイケメンコンテストでは、応援する側もそれぞれのSNSのアカウントを作って追いかける必要があります。その時に、ユーザー名とアイコンは統一することをおすすめします。どのSNSでも常に同じハート柄の「ハート」さんがコメントしてくれたら、イケメンに認知されやすいし「いつもありがとう」とまで言ってもらえるかもしれません。

 それなのにInstagramでは「ハート」さんだけどTwitterでは「スペード」さんだったら彼から別人だと思われてしまいかねないので、もったいないのです。ぜひどのSNSでも名前とアイコンを統一しておきましょう。彼が識別しやすいちょっと派手めのアイコンにするのもおすすめです。

2. 会える系イベントはぜひ参加を

2ショット写真のチャンスも(写真:iStock)
2ショット写真のチャンスも (写真:iStock)

 こうしたミスターコンでは、直接彼らの姿を目にすることができるイベントが行われることもあります。もしすごく応援しているイケメンがいるのなら、その人がイベントに出る時にはできるかぎり参加することをおすすめします。理由はふたつあります。ひとつめは、彼らは芸能人ではないのでイベントが終わったら一般人に戻ることがあり、そうすると会うこともかなわなくなるからです。

 もうひとつの理由は、彼らはイケメンタレントと違ってファンの数もまだ少ないので、直接お話しするチャンスが結構あるということ。イベントの前後に会場周辺をふらふらしていることもあるかもしれないのです。そんなときにすかさず声をかけて、お話ししたり一緒に写真を撮っていただけるチャンスもあり、イベント参加はかなりおいしいのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-21 14:24 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-21 15:30 ラブ
FILM
 今回登場するのは“#ザン恋史上最大の残念男かもしれません!  普段の振る舞いは紳士的で、女性には華麗なエスコートをし...
田中絵音 2020-02-12 16:59 ラブ
FILM
 多くの男性は「女性には恥じらいを持って欲しい」と思っているようです。恥ずかしがって頬を赤らめる様子に、キュンとしてしま...
孔井嘉乃 2020-02-10 07:08 ラブ
FILM
 好きで付き合っている彼氏との時間は、いつでも楽しく仲良く過ごしたいもの。しかし、時には彼氏の態度が「冷たい」と思うこと...
恋バナ調査隊 2020-02-21 14:25 ラブ
FILM
 私は27歳です。同い年の彼と付き合って3年半になります。  付き合いたての頃は毎回迎えに来てくれて、ご飯代もすべ...
神崎メリ 2020-02-09 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と交際できれば、長く継続したいもの。しかし、交際期間が長くなれば倦怠期が訪れ、別れてしまうカップルも少なくあり...
恋バナ調査隊 2020-02-09 06:00 ラブ