彼女がいてよかったと男性が思う7つの瞬間♡心を掴むには?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-28 06:00
投稿日:2020-05-28 06:00
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方も多いでしょう。これは男性だって同じです。
 そこで今回は、男性が「彼女がいてよかった」と思う瞬間や、そう思ってもらうためにはどうすれば良いのか、彼の心を掴む方法をご紹介します。

男性が「彼女がいてよかった」と思う7つの瞬間!

彼の愛情がぐっと深まる瞬間は?(写真:iStock)
彼の愛情がぐっと深まる瞬間は? (写真:iStock)

 誰だって彼氏に「私がいてよかったと思ってほしい」と思うものでしょう。彼氏にとって、替えがきかない存在になりたいと考える人も多いはず。では、男性はどんな時に「彼女がいてよかった」と感じているのでしょうか?

1. デートが楽しい時

 恋人同士にとって、デートは大切なもの。一緒にいる時間が増えれば増えるほど、相手のことを知ることができますし、思い出もたくさんできますよね。そんなデートの時に、素直に「楽しいな」と感じることができて、彼女も「楽しそうにしてくれているな」と感じた時、男性は「彼女がいてよかった」と感じるようです。

2. イベントがある時期

 イベントがある時期、恋人がいないと寂しい思いや空しい思いを感じる人は多いでしょう。特にバレンタインやクリスマスは、恋人同士にとって大切なイベント。こういったイベント時期になると、「ひとりじゃなくてよかった」とホッとする男性が少なくありません。

3. 仕事で嫌なことや疲れている時

 どんなに好きな仕事だとしても、嫌なことや疲れてしまうことはあるでしょう。そんな時、彼女の声を聞いたり顔を見ることで元気を取り戻す男性は多いです。彼女に癒された時、その存在の大きさを再確認して「いてくれてよかった」と思うのです。

4. 風邪などで寝込んだ時

 風邪などで寝込んだ時には、誰だって心細い気持ちになるもの。特に一人暮らしの人の場合には、体調不良により水や食料の確保すら不便なこともあるでしょう。そんな時に彼女がいれば、買い物をしてきてくれたり、料理を作ってもらうことができます。「彼女がいなければ、このままどうなっていたんだろう?」という不安を感じた時、感謝の気持ちを感じる男性は多いようです。

5. 友達に羨ましがられた時

 デート中、友達や同僚にバッタリ会うことはあります。そんな時、「素敵な彼女だね」「優しそうな人だね」なんて言われた時、心の中でガッツポーズをする男性は多いでしょう。友達に羨ましがられることで、自分の幸せを再確認するケースは多いでしょう。

6. 甲斐甲斐しくお世話してくれた時

 一人暮らしの男性の中には、彼女ができたことで「部屋の中が綺麗になった」「美味しい手料理が食べられるようになった」と、喜んでいる人が少なくありません。彼女が甲斐甲斐しくお世話してくれる姿に、あらためて惹かれてしまう男性は多いでしょう。

7. 生活にハリがあると感じた時

 彼女がいなかった時には、家と職場の往復の毎日を過ごしていた男性も多いはず。そんな男性の多くは、彼女ができたことで「生活にハリができた」と感じます。「次の休みはデートを楽しもう」と思うことで、「仕事を頑張ろう」と、モチベーションアップにつながる人もいるでしょう。

何気ない時間で彼の心を掴む5つの方法

気持ちは素直に伝えること(写真:iStock)
気持ちは素直に伝えること (写真:iStock)

 男性が「彼女がいてよかった」と感じる瞬間は、何も特別な時間ではありません。日頃の何気ない時間に、実感している人がほとんど。ということは、特別なことをしなくても、あなたという存在は特別なものになれるということです。

 では、何気ない時間でどうすれば彼の心を掴むことができるのか、ご紹介しましょう。

1. 一緒に過ごす時は笑顔を心がける

 デートなど、二人の時間は互いに笑顔でいられることが理想的。ときに喧嘩をしてしまうことはあると思いますが、なるべく常に笑顔を意識するようにしましょう。仕事で嫌なことがあったり、友達関係でトラブルがあった時でも、彼に当たらず笑顔を心がけていれば、自然と癒しの存在になれるはずです。

2. 自分の気持ちばかり押し付けない

 自分のことばかり考えていては、互いに必要だと思える関係は成立しません。よっぽど相手が大人でなければ、あなたのわがままに付き合い続けることは難しいでしょう。彼にとってかけがえのない存在になるためには、常に相手の気持ちを考えて行動することが大切です。

3. 束縛しすぎない

 適度な束縛は、恋愛をする上でスパイスになるはずです。特に交際始めの頃には、相手の気持ちを計る物差しにもなりますね。しかし、交際期間が長くなってきているのにも関わらずに束縛をすることは、男性にとって重荷になってしまう場合があります。過度な束縛は「信頼していない」と思われるリスクもあります。そうなれば、二人の関係は壊れやすくなってしまうでしょう。

4. 気持ちは素直に伝える

 鈍感な男性は多く、「こうしてほしい」という女性の気持ちに、なかなか気づくことができません。そのため、「溜め込まずに素直に気持ちを伝えてくれた方が良い!」と思う男性は多いようです。「恥ずかしい」「今さら伝える必要はない」なんて思わずに、気持ちは素直に伝え続けるようにしましょう。

5. 自分磨きを忘れない

 どんなに彼があなたに惚れていたとしても、それに甘んじていれば彼の心は離れていってしまう可能性があります。いつまでも彼の心を掴み続けるためには、自分磨きは必須! 自分磨きというと、外見を磨くことばかりに目が行ってしまいがちですが、仕事や趣味でのスキルアップを目指したりすることで内面も素敵な女性になれますよ。

「彼女がいてよかった」と思える存在を目指そう!

一緒にいてくれてありがとう(写真:iStock)
一緒にいてくれてありがとう (写真:iStock)

 交際がスタートしたということは、互いに愛情があるからこそ。しかし、この愛情は無条件で続く訳ではありません。保つためには、日頃から彼の気持ちを掴んで離さないような言動や行動が必要です。

「彼女がいてよかった」と思う瞬間を知れば、そのヒントが見えてくるはずですよ。ぜひ、彼氏にとって唯一無二の存在になってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚は失敗だった…家業と資産を妻から守りたかった夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.40〜女性編〜」では、夫から前触れもなく離婚を突きつけられた女性・Kさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-05-29 06:20 ラブ
ある日突然「離婚届」が…本当の離婚理由を知りたい妻の激白
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-29 06:19 ラブ
アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者...
蒼井凜花 2021-05-28 12:16 ラブ
主夫とは名ばかり…ヒモ夫に嫌悪感を抱いた30代女性のケース
 長引くコロナ禍では、「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱え...
並木まき 2021-05-28 06:00 ラブ
気づいてもらえない…鈍感男性の5つの特徴&気づかせる方法
 気になる男性ができて積極的にアプローチをしているのに、「ぜんぜん私の気持ちに気づいてもらえない」と、やきもきしている女...
恋バナ調査隊 2021-05-28 06:27 ラブ
目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい...
内藤みか 2021-05-27 06:00 ラブ
彼氏が“愛してる”と言わない理由&言われる女性になる方法
 そもそも日本の男性は、気持ちを言葉で表現するのが苦手なタイプが多いので、彼女に「愛してる」と言わない男性が多いそうです...
恋バナ調査隊 2021-05-27 06:00 ラブ
いいなと思った男性が逃げて…アプローチしても失敗する理由
 より良い出会いを探している女性にとって、「いいな」と思える男性に会えた時はしっかりアプローチしていきたいですよね。モテ...
若林杏樹 2021-05-26 06:00 ラブ
更年期? イライラが止まらない…女性ホルモンとバラのお話
「いつも元気だね〜」  お客様に、よく言われるお言葉でございます。どんなお仕事も大変だとは思いますが、とりわけ「花...
斑目茂美 2021-05-26 06:00 ラブ
強力すぎる!?恋愛が成就するおまじない6選&成功するコツ♡
 好きな彼に告白したいけれど勇気はない……と悩んでいる人は多いはず。そんな時は、おまじないのパワーを信じてみるのも良いか...
恋バナ調査隊 2021-05-26 06:00 ラブ
偉そうな“俺様彼氏”に疲れていない? 彼の隠れた心理や対処法
 いつだって上から目線で偉そうな「俺様彼氏」に困っている女性は多いようです。でも、恋愛って難しいもので、彼の悪いところが...
恋バナ調査隊 2021-05-25 06:00 ラブ
結婚したいのに彼氏が働かない…男性心理&タイプ別対処法
 ある日、彼氏が家に転がり込んできて、仕事もしない……。そんな状態に悩んでいる女性は、意外と多いようです。中には、「お金...
恋バナ調査隊 2021-05-24 06:00 ラブ
可愛いわがままが言える女子はモテる♡ セリフ&コツを紹介
 恋愛において、男性は女性の「可愛いわがまま」が大好きだそうです。「仕方ないなぁ」なんて言いつつ、内心では「可愛すぎる!...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
訳あり? 40代で売れ残る男性の特徴&掘り出し物の見抜き方
 出会った男性が独身で40代の場合、「売れ残る男性には、それなりの理由があるのかも……?」と、結婚になかなか踏み切れない...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どの...
山崎世美子 2021-05-24 18:07 ラブ
恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼...
恋バナ調査隊 2021-05-22 06:00 ラブ