恋愛マウンティングする“マウ女子”の特徴&上手な対処法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-17 06:00
投稿日:2020-06-17 06:00
 何においても「自分が優位に立ちたい」と主張をする、“マウンティング女子”。男性にとっての張り合いが仕事なら、女性にとっての張り合いは、やはり恋愛面でしょう。そこで今回は、恋愛面でマウンティングしてくる“マウ女子”に共通する6つの特徴と、上手なかわし方についてご紹介します。

負けず嫌いな恋愛マウンティング女子の6つの共通点!

いつでも自分が1番じゃなきゃ嫌って人、いるよねえ…(写真:iStock)
いつでも自分が1番じゃなきゃ嫌って人、いるよねえ… (写真:iStock)

 恋愛マウンティングしたがる“マウ女子”のほとんどが、負けず嫌いでプライドが高い人が多いです。とにかく"1番になりたい"と思っているため、自分よりも秀でた人に対して何かと敵対視する傾向にあるでしょう。

 そんな“恋愛マウ女子”に共通する6つの特徴を、チェックしていきましょう。

1. 彼氏のスペックを聞いてくる

 恋愛マウンティング女子は、「友人の彼氏」のスペックがとっても気になるよう。収入や外見、性格面などを根掘り葉掘り聞きたがる人は、恋愛マウンティング女子である可能性大。

 特に、現在の自分の彼氏のスペックに納得のいっていないマウンティング女子は、やたらとなんでも聞きたがる傾向にあるため、あまり話しすぎないように注意しましょう。

2. 過度に恋愛の話をしたがる

 過度に恋愛話をしたがる、聞きたがる女性は、“恋愛マウ女子”である可能性が高いでしょう。女子会のテーマになりやすい恋愛話ですが、恋愛マウンティング女子がいる会は、終始恋バナで持ちきりなんていうこともあるでしょう。

 恋愛マウンティング女子にとっての恋愛は、生きがいそのもの。むしろ、生きがいの話をテーマにするのは、彼女たちには当たり前のことなのです。

3. 傷心中に連絡をしてくる

 失恋などで落ち込んでいる時に限って、連絡をしてくる女子はいませんか? 一見、「友達想いだなぁ」と思ってしまいますが、実は隠れマウンティング女子である可能性も……!

 恋愛マウンティング女子にとっては、他人の不幸話は"甘い蜜"。普段あまり付き合いのない人が、あなたの傷心中にここぞとばかりに連絡をしてくる場合には注意が必要です。

 あなたが次の恋愛へと一歩踏み出せた時、あなたに対してマウンティングをしてくることもあるため、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

4. 人の彼氏の悪口を言いたがる

 恋愛トーク中、そこにいない友人の彼氏の悪口を言う女子はいませんか? 直接的に言うのであれば良いものの、いない時に限って人の彼氏批判をする女子も、恋愛マウンティング女子である傾向があります。

 女子の会話の中で、「悪口」が出てくることは少なくありません。しかし、友達のことではなく、その彼氏に着目している場合には、何かと劣等感を抱いている可能性もあるでしょう。

5. 欠点を上から注意してくる

 マウンティング女子はプライドが高いため、恋愛面のみならず、何かと上からの物言いをしてきます。ちょっとしたことでも口出ししてきたり、欠点を突いてくる場合には、友達を下に見ている可能性があるでしょう。

 マウンティングしたがる女子は自分に自信があるタイプが多いため、自分よりもモテると感じた相手の粗探しをすることも。そんな女性と一緒に行く合コンなどでは不利になる可能性もあるため、恋愛マウ女子との合コンは避けた方が無難かもしれません。

6. 学生時代に一軍と言われる立ち位置にいた

 中学や高校時代に、いわゆる「一軍」と言われるような立ち位置にいた女子は、周りが自分より下という考え方が染み付いているため、周りの女性が自分より上に立つことがどうしても許せません。

 また、学生時代にモテるタイプだった女子は過去の栄光にすがっていることも多く、周りよりもスペックの高い男性とお付き合いをすることが当然と思っているパターンが多いよう。そのため、友人の彼氏が自分の彼よりも上だと感じると、やたらとマウンティングしてくるのです。

 過去の立ち位置から、「恋愛マウンティング女子」が誕生している可能性もありますね。

恋愛マウンティング女子にはこんなかわし方がおすすめ!

また始まった…と思いつつも笑顔で「すごいね~」(写真:iStock)
また始まった…と思いつつも笑顔で「すごいね~」 (写真:iStock)

 身近に恋愛マウンティング女子がいると、少なからずストレスになってしまいますよね。そんな“恋愛マウ女子”には、どのようなかわし方をするのが効果的なのでしょうか?

1. 共感しつつさりげなく話題を変える

 マウンティング女子には「相手から認められたい」という承認欲求が強い人が多いため、マウンティング中にはとにかく共感することが大切です。

 共感と言っても悪口に賛同するのではなく、マウンティング女子が自分の話をしている時に共感することがポイント。「大変だね~」や「すごいね~」などという言葉を求めていることが多いので、共感をしつつさりげなく話題を変えてみると良いでしょう。

 マウンティング女子は共感してもらったことで気分も良くなるため、話題を変えてもすんなり聞き入れてくれるのではないでしょうか。

2. 言い返さずに笑い飛ばす

 恋愛マウンティング女子が戦闘態勢に入った時、同じ立ち位置で戦うようなことは避けるのが無難です。自分の彼氏に対して言われたくない言葉を言われた時も、挑発に乗らないことが大切です。

 笑い飛ばせる心の余裕を作っておくことで、マウンティング女子とのマッチアップを避けることができます。

3. ムリして付き合わない

 マウンティング女子との関係が辛いと感じる場合には、ムリして付き合う必要はありません。恋愛マウンティング女子は、相手の恋愛関係が壊れることを心のどこかで期待している場合があります。

 精神的な負担が続くと、プライベートに支障をきたすことも考えられます。そんなことが原因で彼との関係がこじれてしまう前に、マウンティング女子との距離を開けることも時には必要ですよ。

恋愛マウンティング女子とは適度な距離感を保って付き合おう

つかず離れずの距離をキープ(写真:iStock)
つかず離れずの距離をキープ (写真:iStock)

 恋愛マウンティング女子は、とにかく自分の話を聞いて欲しいという願望が強く、周りよりもスペックの高い相手を好みます。そんなマウンティング女子に出会った時は、極力自分の彼氏の話をしないことも大切でしょう。

 友達関係や職場などで、どうしてもマウンティング女子と関わらないといけないこともあると思いますが、ストレスを感じない程度の適度な距離感を保つことを心がけると、付かず離れずの程よい関係が築けるのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


気づいてもらえない…鈍感男性の5つの特徴&気づかせる方法
 気になる男性ができて積極的にアプローチをしているのに、「ぜんぜん私の気持ちに気づいてもらえない」と、やきもきしている女...
恋バナ調査隊 2021-05-28 06:27 ラブ
目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい...
内藤みか 2021-05-27 06:00 ラブ
彼氏が“愛してる”と言わない理由&言われる女性になる方法
 そもそも日本の男性は、気持ちを言葉で表現するのが苦手なタイプが多いので、彼女に「愛してる」と言わない男性が多いそうです...
恋バナ調査隊 2021-05-27 06:00 ラブ
いいなと思った男性が逃げて…アプローチしても失敗する理由
 より良い出会いを探している女性にとって、「いいな」と思える男性に会えた時はしっかりアプローチしていきたいですよね。モテ...
若林杏樹 2021-05-26 06:00 ラブ
更年期? イライラが止まらない…女性ホルモンとバラのお話
「いつも元気だね〜」  お客様に、よく言われるお言葉でございます。どんなお仕事も大変だとは思いますが、とりわけ「花...
斑目茂美 2021-05-26 06:00 ラブ
強力すぎる!?恋愛が成就するおまじない6選&成功するコツ♡
 好きな彼に告白したいけれど勇気はない……と悩んでいる人は多いはず。そんな時は、おまじないのパワーを信じてみるのも良いか...
恋バナ調査隊 2021-05-26 06:00 ラブ
偉そうな“俺様彼氏”に疲れていない? 彼の隠れた心理や対処法
 いつだって上から目線で偉そうな「俺様彼氏」に困っている女性は多いようです。でも、恋愛って難しいもので、彼の悪いところが...
恋バナ調査隊 2021-05-25 06:00 ラブ
結婚したいのに彼氏が働かない…男性心理&タイプ別対処法
 ある日、彼氏が家に転がり込んできて、仕事もしない……。そんな状態に悩んでいる女性は、意外と多いようです。中には、「お金...
恋バナ調査隊 2021-05-24 06:00 ラブ
可愛いわがままが言える女子はモテる♡ セリフ&コツを紹介
 恋愛において、男性は女性の「可愛いわがまま」が大好きだそうです。「仕方ないなぁ」なんて言いつつ、内心では「可愛すぎる!...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
訳あり? 40代で売れ残る男性の特徴&掘り出し物の見抜き方
 出会った男性が独身で40代の場合、「売れ残る男性には、それなりの理由があるのかも……?」と、結婚になかなか踏み切れない...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どの...
山崎世美子 2021-05-24 18:07 ラブ
恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼...
恋バナ調査隊 2021-05-22 06:00 ラブ
暴走されるのが嫌…恋人からの期待に絶対に応えない男の事情
「冷酷と激情のあいだvol.39〜女性編〜」では、恋人から一度も「愛してる」と言われないことに悩む女性・Tさんの叫びをご...
並木まき 2021-05-22 05:45 ラブ
なぜ? 恋人から一度も「愛してる」と言われない女性の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-22 05:44 ラブ
男性と目が合うのは脈ありサイン? 5つの特徴を見極めて♡
 好きな男性と目が合うと、誰だって嬉しいもの。「これって脈ありサインなの?」とドキドキする人も多いでしょう。でも、万が一...
恋バナ調査隊 2021-05-21 06:00 ラブ
コロナ禍で「無恋愛時代」に?恋より仕事を選ぶ女性が急増中
 コロナ禍による出会いの激減により、恋愛をすること自体をあきらめる女性が続出しています。そんな“無恋愛”を選択した彼女た...
内藤みか 2021-05-20 06:00 ラブ