感染対策で別居生活に…コロナを機に妻に嫌われた夫の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-07 04:16
投稿日:2020-06-06 06:00

妻から別居を提案されて

受け入れるしかなかった(写真:iStock)
受け入れるしかなかった (写真:iStock)

 そのうちに世間はコロナで騒がしくなり、妻から別居の提案を受けたOさん。

「Kは早くから在宅勤務ができるようになっていたのに、僕の職場はまったく平常どおりでした。通勤電車も混んでいたし、家にいるだけの妻と僕とでは明らかに感染リスクが違いましたね。それで『感染したくないから、リスクが高いあなたとは別居したい』と言われたときには、受け入れるしかありませんでした。

 もともと生活費も、僕が3分の1で、妻が3分の2を負担している関係なので、満足に家計も支えていないのに、確かにそれで妻を感染させたら嫌だなっていう気持ちもありました。ちなみに妻からは『もともと生活費もほとんど負担できていないから、これを機に仕事を辞めてもらって家にいてくれてもいいよ』とも言われたのですが、何のキャリアもない僕は、今の職場を辞めたらコロナが落ち着いたあとに再就職できないだろうなって思って、仕事を続けることを選びました」

コロナが落ち着けば家に戻れるはず

今の暮らしのほうが性に合ってる?(写真:iStock)
今の暮らしのほうが性に合ってる? (写真:iStock)

 今も、職場の近くの仮住まいで地味な生活を続けているというOさん。早く家に戻りたいけれど、自由にダラダラできる今の暮らしのほうが性に合っているのも感じているそうです。

「家に戻りたいけれど、戻ったらまた、きちんとした生活をするように言われてしまいますよね。僕は、みんなが当たり前にしているような掃除や洗濯も完璧にはできないし、どこかに夫婦で遊びに行ったりするのも面倒で、家でゴロゴロしてゲームしていたいんですよ。

 でも妻には絶対に理解してもらえないのもわかっているので、どうしたらいいのかなって悩んでいます。コロナを機に、妻には随分と嫌われちゃったな〜って感じですが、今はコロナのせいで妻のメンタルも不安定なんだろうって思います。だからコロナが落ち着けば、そのうちに家に戻れるだろうし、家では妻がガミガミ言うのをやり過ごせば。それで済むのかなって思っていますけどね」

 別居生活になっても、夫婦関係を楽観視しているOさん。しかし妻の思惑は、もっと複雑で……。

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。これこそが男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ