素直になれないのはどうして…?5つの原因&素直になる方法

コクハク編集部
更新日:2020-07-26 06:00
投稿日:2020-07-26 06:00
 素直な人に出会った時、「私も、あんな風に生きられたら……」と思う人は多いでしょう。いつも自分に正直でいられたら、人付き合いだってもっと楽しめるかもしれません。しかし、大人になるとさまざまなしがらみやプライドから、素直になれない人もたくさんいます。
 そこで今回は、素直になれない人の原因や、素直になる方法をご紹介します。

自分でも気づいていないかも? 素直になれない5つの原因

あなたが素直になれない理由は?(写真:iStock)
あなたが素直になれない理由は? (写真:iStock)

 思っていることを、素直に相手に伝えるというのは難しいものです。年を重ねるごとに、「素直になれなくなった」と実感している人も多いでしょう。特に恋愛では素直に気持ちを伝えられず、もどかしい思いをしている人もいるはずです。

 まずは、素直になれない原因を見ていきます。自分でも気づいていない原因が隠れているかもしれませんよ。

1. 裏切られた経験から、人を信用できない

 素直になれない人の中には、過去、信頼していた人に裏切られて本心を隠すようになった人もいます。そんな人は「また裏切られるかもしれない」という防衛本能が働き、本心を隠して自分自身を繕ってしまいます。

2. 嫌われたくない

 誰だって人から好かれたいと思っているでしょう。異性だけでなく先輩や同僚などから嫌われるのは避けたいものです。そんな「人に嫌われたくない」という気持ちが強い人は、周りにどう思われるかが怖くて、素直に気持ちを伝えることができなくなってしまいます。

3. 構ってほしい

 子供はわざといたずらをしたり、体調が悪い振りをして、親の気を引こうとすることがあります。これは、「構ってほしい」という願望の現れ。実は、大人になってからも「構ってほしい」という理由で、素直になれない人もいます。特に、彼氏や好きな人の前で素直になれない人は、このような願望が隠れているかもしれません。

4. 人に本心を知られるのが恥ずかしい

 好きな人ができた時、本人だけでなく周りの人に「気づかれたくない」と思う人もいるでしょう。自分の本心を知られるのは恥ずかしいことだと思ってしまうのです。その結果、せっかく好きな人ができても気持ちを伝えず、自分の中だけで恋愛を満足させてしまいます。

5. 自分らしさを間違えている

 人には、それぞれ「らしさ」というのがあります。いつも元気な人は、明るく挨拶するだけで「〇〇ちゃんらしいね」なんて言われることもあるでしょう。そんな自分らしさを大切にしている人は、「周りからのイメージを壊したくない」という思いから、本当に思っていることを言えなくなってしまう人もいます。

自分を変えたい! 素直になる5つの方法

誰かと比べても疲れるだけ(写真:iStock)
誰かと比べても疲れるだけ (写真:iStock)

 素直になれないと、ときには損をしてしまうこともあります。本当は好意を持っているのに、そっけない態度をとってしまい、「嫌われている」と勘違いされてしまうこともあるでしょう。そんな後悔をしないためには、自分を変えていくことが必要。そこで素直になるための5つの方法をご紹介します。

1. 人を疑わない

 過去に人に裏切られた経験がある人は、人付き合いの際に常に疑いをもって接している場合が多いでしょう。確かに、裏切られた経験があると慎重になってしまうものです。

 しかし、最初から疑いをもって付き合ってしまうと、相手だって壁を作ってしまいます。そうなれば、いつまで経っても互いに心を開くことができなくなってしまうでしょう。素直になるためには、まずは疑いを捨てることが肝心です。

2. 人と比べない

「これを言ったら、どう思われるだろう?」と、常に相手の気持ちを考えてしまう人は、人に気を使い過ぎないことが必要です。

 考えや価値観は違って当たり前。「私の考えがおかしいのでは?」なんて、人と比べる必要はありません。「人は人」と割り切ることができれば、もっと素直に発言できるようになるはずです。

3. 感謝の気持ちを伝えてみる

 周りの目や自分に自信がないことで素直になれない人は、まずはポジティブな気持ちを相手に伝えることから始めましょう。

 たとえば、「ありがとう」「嬉しかった」など、感謝の言葉であれば、相手を不快にさせることもありませんから、不安なく伝えられるはずです。感謝の気持ちが自然と伝えられるようになれば、ほかの感情も出しやすくなるでしょう。

4. 本や映画を観て、感情を豊かにする

 素直になれない人の中には、感情が不足している人もいます。喜怒哀楽が少ないと、自分の感情を素直に表に出すことができなくなってしまいます。

 そんな人は、本や映画などを見て、感情を豊かにしましょう。悲しい、嬉しい、楽しいといった感情が豊かになれば、思いを素直に表現しやすくなります。

5. 自分を客観的に見直す

 人付き合いに苦労している人は、思ってもいないことを言ってしまい、後々「なんで、あんなことを言ってしまったのだろう?」と、後悔することもあるでしょう。

 こういった経験がある人は、客観的に自分自身の行動や発言を見直すことがおすすめです。思っていることと違った態度や発言をしていると気づけたなら、次は気を付けるだけ。地道なようですが、少しずつ素直になることで今後の対応はきっと変わってくるはずです。

素直になれない心を楽にしよう! 今こそ変わる時!

本当に自分を変えたいのなら…(写真:iStock)
本当に自分を変えたいのなら… (写真:iStock)

 恋愛や友達付き合いに苦労している人の中には、自分が素直になれないことが原因になっている人もいます。素直になれないと、いつもどこかで我慢をすることになるため、疲れてしまうでしょう。

 この状況を変えるには、あなた自身が変わっていく必要があります。ご紹介した素直になる方法を意識して、今こそ自分を変えていきませんか?

ライフスタイル 新着一覧


防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...