婚活女性が「誰かいい人紹介して」と頼むべき人物像3タイプ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-09-08 06:00
投稿日:2020-09-08 06:00
「彼氏がほしい」「そろそろ結婚したい」と思っている女性なら、マッチングアプリや合コンに精を出しつつも、願わくば「誰かいい人紹介してくれないかな〜」と思っていることでしょう。
 自分がどんな人間かを知ってくれている人が、自分のことを思って相性の良さそうな男性を連れて来てくれるのですから、こんなにありがたい話はありませんよね。いわば、タダで結婚相談所に登録しているような恩恵を受けられるのですから……!
 でも、誰もが「いい人紹介して!」と言われて、本当にホイホイ紹介してくれるわけではありません。みんな自分のことで忙しいですから、まあ当然ですよね。

 そこで今回は、本当に“いい人を紹介してくれる人”の3タイプをご紹介していきます。

「いい人を紹介して」と頼むべき3つの人物像

 知人を通じて男性との出会いをお願いしたい場合、どんな人に紹介を頼めば良いのでしょうか?

 間違っても、同じく彼氏ナシの婚活女子に頼んではいけません。そんな暇があったら自分の出会いに時間を費やすでしょう。頼むべきはこの3タイプです。

1. 学級委員タイプの友人

 合コンでよく幹事をするような、面倒見のいい学級委員タイプの友人に頼みましょう。

 彼らはとにかく人に何かをしてあげるのが好きで、喜ばれることが大好き。だからこそ、顔が広くて人脈も豊富です。

 人を紹介するって、意外と時間と労力がかかるもの。

 知り合いの中から合いそうな人をピックアップして、その人に連絡を取り、了承が取れたらスケジュールの調整をして、対面場所のセッティングをして、やっと紹介する当日を迎えられるわけです。そして、当日も両者に気を遣いながら会話を進めるという……。

 こんな大変な作業を、善意でやってくれるんですよ。もう神?仏?と言っても過言ではありませんよね。それが、学級委員タイプの友人です。

2. 今、幸せそうな既婚女性

 結婚をして、今、とても幸せな奥様になった既婚の友人。

 彼女たち自身はもう結婚して満たされており、現状では「今後、自分が新しい恋をすることはない」と考えているため、人の恋愛を応援したい傾向にあります。

 結婚式でよくあるブーケトスなんかは、“友達の幸せを後押ししたい”という象徴的な表れですよね。

 そんな時に、独身の友人から「誰かいい人いない?」と聞かれたら、喜んでいい人探しに奔走してくれるはずです。 

 その中で最も紹介されやすいのが、“旦那さんの友人”です。

 想像してみてください。新婚夫婦の会話で……

妻「A子ちゃんが彼氏いないみたいなんだけど、誰かいい人いないかしら?」
夫「じゃあ、B男はどうかな? アイツ最近彼女と別れたみたいでさ」
妻「いいじゃん! 二人がくっついてくれたら、私たちも嬉しいよね♡」

 と、こんな具合で、友人はきっと旦那様と一緒に、素敵な男性を喜んで紹介してくれるでしょう。新婚カップルの会話を盛り上げる一ネタにもなりますね。

 そして、紹介される日の食事の席では、自分・紹介される男性・既婚の友人と旦那様の4人でWデートのような形になるので、さぞかし奥様方も楽しめるはず。

「女子会するなら既婚女性と」これが結婚への近道です。独身女子同士で婚活の傷を舐め合う女子会をしたところで、誰も紹介してくれませんから。

 それから間違っても、夫婦仲がうまくいってなかったり、仕事と子育てに追われて疲弊している既婚友達には、紹介を頼んではいけません。そんな余裕ないですからね。

3. 管理職以上の男友達

 経営者や管理職など、職場に自分の部下が多くいる男性もオススメです。

 彼らは自分の部下に対して「結婚して身を固めたら、もっと仕事に邁進するだろう」という期待があったり、もし自分の紹介した女性と結婚したら「自分に一生頭が上がらないだろう」というちょっとコワい思惑もあり(笑)、意外と積極的に紹介しようとしてくれます。

 もし、結婚相手に求める職種や勤め先の企業などが具体的にあるのなら、そこに属する男友達にターゲットを絞り、紹介をお願いしていくと早いです。実際にそうやって、自分が憧れている会社に勤務する男性に絞って紹介してもらうことを繰り返し、見事結婚した女性がいます。その彼女は今、セレブな奥様生活を送っていますよ。

 以上、この3タイプの人たちに「いい人を紹介して」とお願いすると、実際に動いてくれやすいです。

感謝を伝えよう

 紹介してもらったら、たとえその相手男性とうまくいかなくても「ありがとう」と感謝の気持ちを必ず伝えましょう。先述した通り、紹介してもらうまでに多大な労力をかけさせてしまっていますからね!

 くれぐれも、相手男性の悪口なんか言わないように。そんなことを言ったら、二度と誰も紹介されないでしょう。

 そして、もし紹介してもらった相手男性と結婚することになったら、結婚式には必ず招待し、なるべく前の方の席に座ってもらって、できれば祝辞を述べていただく……それこそが「愛のキューピッド冥利」に尽きると思います。

 そこからまた、一生のお付き合いが続いていくことでしょう。

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ