LINEで急に別れ話をされた…!パターン別「復縁」の狙い方

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-10-23 06:00
投稿日:2020-10-23 06:00
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話したい」と考えるタイプは、電話か対面で話すことを考えると思います。そういうタイプの人は逆に、真面目な話をLINEでするのが苦手だったりするのではないでしょうか。
 自分がそのタイプだった時、相手の顔が見えずニュアンスも伝わらず、レスポンスの遅いLINEで別れ話をされた時……それこそマジで地獄です。LINEの別れ話でメンブレ(メンタルブレイク)してしまったら、もうその後の復縁は難しいです。先に対処方法を知っておくことが大切。

LINEでケンカ。カッとなって別れ話をされた時

 まずは、そんなつもりはなかったのに、LINEのやりとりをするうちに話がこじれて、カッとなった相手から「もう別れよう」などと急に言われてしまった時の対処法です。

 急なケンカから発展する別れ話の時は、相手も興奮状態です。まず、その逆上に乗っかってはいけませんし、とりあえず電話、というのもいいことがなさそうです。

 まずは少し落ち着いて、彼にも考える時間を与えることが大事。即レスせず、少し時間を置いてから「本気で言ってるの?」などと諭しながら、「本気です」と言われたら「じゃあ、今度ちゃんと話そう」とタイミングをずらしましょう。即解決しようとしてもこじれるだけです。

用意していたかのような長文LINEが来た時

 LINEで別れを告げたい派の中には、言いたいことがちゃんとあるからこそ、文章でまとめて送りたいという人もいます。そういう人は「話した方が早くない? っていうかどう返せばいい?」と悩んでしまうくらい、数スクロール分のものすごく長い文章をLINEで送ってくることも。

 そういう時は、とりあえずじっくり文章を読んで、この人が何を言いたかったのかを理解してあげて。言いたいことが多いから長くなるはずなので、理解するのにも少しカロリーをかけるべきです。

 即レスで反応せず、まずは一言「ありがとう。ちゃんと読みました」などと言ってあげるといいかもしれません。その後、直接話したいなら「文章読んで、私も話したいことがたくさんあるなと思ったから、ちゃんと話そう」などと前置きして、直接会ったり電話したりするといいかも。

短文LINEの後、音信不通になってしまった時

「別れよう」の一言のあと、既読もつかず何も反応しなくなってしまうパターンに対しては、どう振る舞えばいいのでしょう。

 まず、短文で連絡している理由としては、「別れ話をすることすら面倒」なパターンと「理由を聞いてほしいからあえて自分から言わない」というタイプがいます。彼との関係値や性格を考えて、どっちのパターンか推測しましょう。

 前者の場合、焦って電話しても出てもらえる可能性は低いので、聞き分けのいい感じで「きちんと会って話そう」と持ちかけるか、カギを返すなどの理由をつけて、なんとか直接会うきっかけを作りましょう。

 後者の場合は電話しても出てもらえると思いますが、メンヘラタイプの人とは電話で話しても埒(らち)が明かない場合も多いので、長電話しすぎず、いつ会って話せるかを確認しましょう。

追撃や即電話は地雷を踏む可能性高し

こちらも感情的になるのは逆効果(写真:iStock)
こちらも感情的になるのは逆効果 (写真:iStock)

 急に別れ話をされた時、びっくりしてまずはすぐ電話、という風にしてしまう人も多いと思いますが、相手も自分も興奮している状態の時に話しては、上手くいく話も上手くいかなくなる可能性が高いでしょう。

 早く話してしまいたい気持ちも分かりますが、復縁を考えるなら理性的であるべきです。悲しみに飲まれて感情的になると逆効果なので、ぐっとこらえて数分〜数時間おいて。あなた自身が落ち着いてから連絡して、後日しっかり会って話すことを冷静に彼に提案することをおすすめします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚は失敗だった…家業と資産を妻から守りたかった夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.40〜女性編〜」では、夫から前触れもなく離婚を突きつけられた女性・Kさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-05-29 06:20 ラブ
ある日突然「離婚届」が…本当の離婚理由を知りたい妻の激白
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-29 06:19 ラブ
アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者...
蒼井凜花 2021-05-28 12:16 ラブ
主夫とは名ばかり…ヒモ夫に嫌悪感を抱いた30代女性のケース
 長引くコロナ禍では、「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱え...
並木まき 2021-05-28 06:00 ラブ
気づいてもらえない…鈍感男性の5つの特徴&気づかせる方法
 気になる男性ができて積極的にアプローチをしているのに、「ぜんぜん私の気持ちに気づいてもらえない」と、やきもきしている女...
恋バナ調査隊 2021-05-28 06:27 ラブ
目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい...
内藤みか 2021-05-27 06:00 ラブ
彼氏が“愛してる”と言わない理由&言われる女性になる方法
 そもそも日本の男性は、気持ちを言葉で表現するのが苦手なタイプが多いので、彼女に「愛してる」と言わない男性が多いそうです...
恋バナ調査隊 2021-05-27 06:00 ラブ
いいなと思った男性が逃げて…アプローチしても失敗する理由
 より良い出会いを探している女性にとって、「いいな」と思える男性に会えた時はしっかりアプローチしていきたいですよね。モテ...
若林杏樹 2021-05-26 06:00 ラブ
更年期? イライラが止まらない…女性ホルモンとバラのお話
「いつも元気だね〜」  お客様に、よく言われるお言葉でございます。どんなお仕事も大変だとは思いますが、とりわけ「花...
斑目茂美 2021-05-26 06:00 ラブ
強力すぎる!?恋愛が成就するおまじない6選&成功するコツ♡
 好きな彼に告白したいけれど勇気はない……と悩んでいる人は多いはず。そんな時は、おまじないのパワーを信じてみるのも良いか...
恋バナ調査隊 2021-05-26 06:00 ラブ
偉そうな“俺様彼氏”に疲れていない? 彼の隠れた心理や対処法
 いつだって上から目線で偉そうな「俺様彼氏」に困っている女性は多いようです。でも、恋愛って難しいもので、彼の悪いところが...
恋バナ調査隊 2021-05-25 06:00 ラブ
結婚したいのに彼氏が働かない…男性心理&タイプ別対処法
 ある日、彼氏が家に転がり込んできて、仕事もしない……。そんな状態に悩んでいる女性は、意外と多いようです。中には、「お金...
恋バナ調査隊 2021-05-24 06:00 ラブ
可愛いわがままが言える女子はモテる♡ セリフ&コツを紹介
 恋愛において、男性は女性の「可愛いわがまま」が大好きだそうです。「仕方ないなぁ」なんて言いつつ、内心では「可愛すぎる!...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
訳あり? 40代で売れ残る男性の特徴&掘り出し物の見抜き方
 出会った男性が独身で40代の場合、「売れ残る男性には、それなりの理由があるのかも……?」と、結婚になかなか踏み切れない...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どの...
山崎世美子 2021-05-24 18:07 ラブ
恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼...
恋バナ調査隊 2021-05-22 06:00 ラブ