年下男性の落とし方♡ 好かれる女性の特徴&アプローチ方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-09 06:00
投稿日:2020-11-09 06:00
 年下男性を好きになった時、女性は「年上だから……」と引け目を感じてしまいがち。なかなか自信が持てず、アプローチすることを躊躇してしまうこともあります。そこで今回は、年下男性に好かれる女性の特徴&アプローチ方法をご紹介します。ぜひ、年下男性への恋を一歩前進してみましょう。

年下男性が惹かれる年上女性の4つの特徴

好きになった相手が年下だった(写真:iStock)
好きになった相手が年下だった (写真:iStock)

 年下男性は、どんな年上女性に惹かれるのでしょうか? まずはじめに、年下男性が思わず惹かれてしまう年上女性の4つの特徴を見ていきましょう。自分が恋愛対象に入っているのか気になる人は、当てはまる項目があるかどうかチェックしてみてくださいね。

1. 色気と年齢を感じさせない若々しさがある

 年下男性は身近にいる若い女性よりも、大人の女性の「色気」に惹かれることがあります。さらに、ファッションやメイク、ヘアスタイルなど、年齢を感じさせない若々しさがあれば、年下男性から恋愛対象として見られる可能性大。

 年下男性は、大人の女性らしい清潔感のある人に魅力を感じるもの。無理な若作りはせず、今の自分を最大限にキレイに見せる方法がベストでしょう。

2. 経済的にも精神的にも自立している

「財力を求めている」とまでは言いませんが、「経済的に自立している彼女が欲しい」と思っている年下男性は意外と多いそう。そのため、スキルを磨き自立している年上女性を見ると、カッコ良いと魅力的に思う傾向にあります。

 内面的な部分でも、何か困ったらすぐに頼ってくる女性よりも、精神的に自立した頼れる女性に惹かれるそうですよ。

3. 包容力がある

 年下男性が年上の女性に一番求めているのが、わがままを許してくれるおおらかな包容力。仕事ではしっかりものの彼でも、家では甘えん坊でいたいのです。

 優しく甘えさせてくれるような、心の大きな女性が理想的。態度や言葉遣いなど、年下男性が安心できる雰囲気を作ってあげるようにしましょう。

4. 男性を立てることができる

「若いから仕方ないね~」や「ゆとり世代だね」など、年下男性は年齢で下に見られることを嫌がります。年下とはいえ、男性としてのプライドは同じ。

 そのため、一人の男性として自分を立ててくれる女性に魅力を感じます。「若い」という言葉で年代をまとめるのではなく、彼一人を尊重してあげると喜ばれますよ。

年下男性の落とし方♡ 効果的な5つのアプローチ方法

一緒にいて居心地の良い「話せるお姉さん」(写真:iStock)
一緒にいて居心地の良い「話せるお姉さん」 (写真:iStock)

 年下男性が年上女性に惹かれる一番のポイントは、大人の女性らしさ。続いては、実際に年下男性に効果的な5つのアプローチ方法をご紹介します。どのアプローチ方法も、自然体で行うことが成功の秘訣です。まずは、自分にできることから少しずつ始めてみましょう。

1. 男性として褒める

 自分の方が年上だと、どうしても年下男性を「子供扱い」してしまいがち。もちろん、可愛がられるのを好む男性もいますが、恋愛対象になりたいなら避けるべき。

 恋に発展させたい場合は、まず一人の大人の男性として褒めることが大事。上手に褒めることで、あなたを「自分を認めてくれた女性」と特別に感じるはずですよ。

2. 共通の話題を見つける

 年齢問わず、恋愛は共通の話題がなければ始まりません。特に、年齢差があればあるほど、共通の話題がないと「この人とは合わない」と思われてしまう可能性も高くなってしまいます。

 共通の話題があれば、それだけで会話するチャンスも多くなります。年下男性の趣味や好きなものを事前にリサーチして、積極的に話しかけてみましょう。

3. 癒してあげる

 年上女性ならではの包容力で、彼の癒しの存在になりましょう。まずは、仕事や恋愛など、どんなことでも話を聞いてあげて二人の信頼関係を築きます。

 ここで大事なのは、意見をするのではなく相手を肯定してあげること。できるだけ聞き役に徹して、彼の意見を尊重してあげましょう。あなたとの時間に「癒し」を感じ、きっと「また会いたい」と思ってくれるはずですよ。

4. 弱い部分を見せて甘えてみる

 いくら年下男性が大人の雰囲気の女性に惹かれるといっても、いつも凛とした態度の年上女性をアピールする必要はありません。

 たまには、弱い部分を見せて可愛らしく彼に甘えてみてください。男性は女性に頼りにされていると感じ、あなたの期待に応えたいと思うようになるでしょう。

5. 彼にとって「居心地の良い存在」になる

 どんな女性でも、好きな男性のためにはいろいろサポートしてあげたくなるもの。プライベートでも仕事でも、彼が困った時はさりげなくサポートしてあげるのも年上女性の魅力のひとつだと言えるでしょう。

 しかし、何事もやりすぎは禁物。「うっとうしい」「母親みたい」と思われては逆効果になってしまいます。彼にとって一番居心地の良い存在になるためには、「さりげなく」行うことが大事ですよ。

年下男性の落とし方を攻略して幸せを掴もう♡

いつしか特別な存在に…(写真:iStock)
いつしか特別な存在に… (写真:iStock)

 年下男性を好きになったら、「なんでも話せるお姉さん」的な存在になるのが有効! 最初にしっかりと信頼関係を築いて、彼にとって大事な存在になることが第一歩です。

 年齢差がある場合は、すぐに告白するよりも少しずつ距離を縮めて、彼に恋愛対象として見てもらうことが大事でしょう。あなたと彼の特別な関係を構築して、年下男性と幸せな時間を過ごしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ
冷たい態度をとる男性に秘められた5つの心理&対処方法
 好意を抱いている男性から冷たくされると、ショックですよね。勇気を出してアプローチしたのにそっけない態度をとられたら、「...
恋バナ調査隊 2021-06-07 06:00 ラブ
腐れ縁からの結婚ってあり…?見極めておくべき7つのポイント
 長く交際している彼氏がいる人の中には、別れては復縁を繰り返している人もいれば、“長い春”のように交際が続いている人もい...
恋バナ調査隊 2021-06-06 06:00 ラブ
「ご飯は簡単でいいよ」…夫の無神経発言にイラ立つ妻の本音
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。コロナ渦の緊急事態宣言や蔓延防止措置などにより、「自宅で毎日食事をとることで...
山崎世美子 2021-06-05 06:00 ラブ
こんなことになるとは…元カノの離婚に頭を抱える男性の弁明
「冷酷と激情のあいだvol.41〜女性編〜」では、元カレへの気持ちが再燃し離婚をした女性・Jさんの困惑をご紹介しました。...
並木まき 2021-06-05 06:14 ラブ
よりを戻してほしいのに…元恋人のために離婚した女性の焦燥
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-05 06:10 ラブ
学歴なんて関係ない! 東大卒男性が1年追い求めた奥様の魅力
 言わずもがな日本一の秀才が集結している東京大学出身の男性は、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性を伴侶として迎える...
田中絵音 2021-06-04 06:00 ラブ
他人事じゃない!?不倫をする女性の7つの特徴&始める心理
 ドロドロした不倫なんて、小説やドラマの中の出来事……そう思う人もいるかもしれませんね。でも、昨今、不倫報道で賑わう芸能...
リタ・トーコ 2021-06-04 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗クッキリ…結婚できる人と別れる人の違いとは
 長引くコロナ禍、そして緊急事態宣言やまん延防止措置。そんな苦難を乗り越えて見事ゴールインを決めたカップルと、残念ながら...
内藤みか 2021-06-03 06:00 ラブ