これって脈あり!? 男性の恋愛本気サイン5つ&対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-17 06:00
投稿日:2020-12-17 06:00
 好意を抱いている男性がいても、「私なんて、どうせ相手にしてもらえないだろう」と、何もせずに諦めてしまう人もいるでしょう。しかし、そこで本気サインに気づくことができたら、あなたの行動は変わってくるはず! そこで今回は、男性の恋愛に対する本気サインや、サインに気づいた際の対処方法をご紹介します。

これって脈あり!? 男性の恋愛本気サイン5つ♡

 好きな男性とある程度距離が縮まってくると、「彼のこの反応って、脈ありなんだろうか?」と悩んでしまうことがあります。「少しでも脈があると分かれば、もっと積極的にアプローチできるのに……」と、もどかしく感じている人もいるはず。でも実は、男性は本気の女性にしか出さないサインがあるんですよ♡

1. 積極的にデートに誘う

 モテる男性やノリの良い男性は、気軽に女性をデートに誘います。そんな男性から誘われたら、「どうせ、いろんな人を誘っているんだろう」と思ってしまいますよね。

 しかし、男性だって興味のない女性を誘うことはありません。特に、積極的に何度も何度もデートの誘ってくる男性は、本気サインである可能性が高いでしょう。ノリや冗談半分で誘っているのは、照れ隠しかもしれませんよ。

2. どんなに忙しい時でも連絡をくれる

 基本的に男性は、連絡をすること自体「面倒」だと感じる人が多いです。そのため、要件がなければ連絡を取らないという男性も少なくありません。

 ただし、本気の恋愛に対しては別。「振り向かせたい」と思っている相手には、どんなに忙しくても時間を見つけて連絡を取ろうとします。これといった要件がないにも関わらず、毎日のように連絡をくれる場合は、本気サインである可能性が高いでしょう。

3. 食事代などすべて自分が支払おうとする

 友達付き合いや職場の仲間として関係が築けている人の場合には、すでに二人でお茶や食事に出かけた経験がある人もいるでしょう。その時、支払いはどのように対応しましたか?

 実は、男性は気のない女性に対しては、「お金を使いたくない」と考えている人がほとんど。逆に、気がある女性には「お金を払わせたくない」と思う傾向にあります。ということは、二人で出かけた際に支払いの対応を見れば、彼があなたをどう思っているのか判断することができるはずです。

4. 聞かなくても自分の話をする

 彼と一緒にいる時、彼は自分のことを話しますか? 誰だって好きな相手には、「自分のことを知ってほしい」と思うもの。そんな気持ちが、男性は素直に態度に現れます。

 話すということは、あなたに「もっと知ってほしい」と思っている証拠。比較的、わかりやすい本気サインでしょう。

5. あなたの話を聞きたがる

 好きな人ができれば、「自分のことを知ってほしい」と思うと同時に、相手のことを「もっと知りたい」と思うもの。こういった態度も、本気サインのひとつです。

「どんな男性がタイプなの?」「休日はどんな風に過ごしているの?」など、あなたのことをいろいろ聞きたがる時には、本気サインが出ているかもしれません。特に、過去の恋愛について聞きたがる場合、本気度は高いでしょう。

男性の恋愛本気サインに気づいたら? 3つの対処方法

 男性からのアプローチは、誰だって嬉しいもの。たとえ、今まで気に留めていなかった相手からの誘いでも、悪い気はしないでしょう。しかし、男性からの本気サインに気づいたら、本気ゆえに対応に困ることもありますよね。そんな時には、自分の気持ちと素直に向き合ってみましょう。そこで、男性の本気サインに気づいた時の対処方法をご紹介します。

1. あなたも気があるのであれば、誘いにのる

 彼の本気サインに気づいた時、戸惑いながらも素直に「嬉しい」と、思った人もいるでしょう。「彼の気持ちに応えたい」と思ったのなら、誘いにのることが二人の関係を進展させる第一歩となります。

 この際、「恥ずかしい」「照れくさい」なんて気持ちは捨てて、彼と真剣に向き合いましょう。

2. 付き合いたいなら、あなたからデートに誘う

 彼の本気サインに気づいたとしても、「わかりやすいアプローチがない」と、じれったさを感じている人もいるはず。

 そんな人は、あなたからデートに誘ってみましょう。男性の中には、自信がなくて自分からアプローチできない人もいます。待つだけでは関係性を変えることができませんから、本気サインに気づいているのであれば、あなたから行動を起こしましょう。

3. あなたにその気がないなら、しっかり断る

 男性からの本気サインに気づいている人の中には、「彼の気持ちは嬉しいけれど、気持ちに応えることはできない」という人もいるはず。どんなに本気のアプローチでも、あなたに気がないのであれば、無理に合わせる必要はありません。

 そんな時は、しっかりと断ることが大切です。気がある素振りで、相手を惑わせないようにしましょう。

脈ありかどうかは本気サインで判断できる♡

 男性は鈍感な人が多いですが、自分の気持ちは素直に言動や行動に表れてしまう人が多いです。ということは、彼の言動や行動をチェックすれば、本気かどうかを見抜くことができるということ。

 今、男性からアプローチされている人も、この記事を参考に、彼の本気サインをチェックしてみてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
豆木メイ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ