恋愛で見返りを求めるデメリット&求めない恋愛をする方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-07 06:00
投稿日:2021-01-07 06:00
 恋愛をすると、相手に求めてしまってばかりの人がいます。理想通りの反応がないと、「思っていた人とは違った……」と、気持ちが冷めてしまう人もいるでしょう。しかしこれでは、何度新たな恋がはじまっても長続きしにくいでしょう。恋を長続きさせるためには、見返りを求めないことも大切なんです。そこで今回は、恋愛で見返りを求めるデメリットや、求めない恋愛をする方法をご紹介します。

恋愛で見返りを求めた時の3つのデメリット

なーんか思ってたのと違う(写真:iStock)
なーんか思ってたのと違う (写真:iStock)

 恋愛に見返りを求める人は、恋がなかなかうまくいかないことが多いようです。誰にでも「理想」はあるものですが、自分で気づかぬうちに相手に求めすぎているのかもしれません。そこでまずは、恋愛で見返りを求めた際のデメリットをチェックしておきましょう!

1. 期待しすぎてがっかりする

 ずっと好きだった人と交際できたのに、「付き合ってみたら、思っていた人と違った」と別れてしまった経験がある人もいるはず。

 そんな人の中には自分の理想を押し付け、彼に勝手に期待しているケースが多いです。当然ですが、どんなに好きな相手でも彼には彼の考えや意思がありますから、思い通りにはいきません。彼に対する理想や期待が高ければ高いほど、交際してからガッカリすることになるでしょう。

2. 相手の気持ちが分からず苦しくなる

 彼に尽くし過ぎてしまう女性は、「こんなに尽くしているのだから、もっと愛されるはず」と、知らず知らずのうちに見返りを求めてしまいがち。

 その結果、思ったような愛情が返ってこないことで「彼は、私を好きではないのでは?」「ほかに好きな人がいるのかも」と、ネガティブに考えてしまいます。愛情が大きければ大きいほど、その苦しみも大きくなるでしょう。

3. 思い通りにならずイライラする

 恋愛で見返りを求める人の多くは、相手の反応を想像しています。それは、それぞれの希望や理想でもあります。

 しかし、その通りに彼が反応してくれるとは限りません。そして、思った通りの見返りがないと「どうして私がこんなに頑張っているのに、それに応えてくれないの」と、イライラしてしまう人もいます。そうなれば、二人の関係もぎくしゃくすることになるでしょう。

見返りを求めない恋愛をする5つの方法

自分の時間を作って満足感を(写真:iStock)
自分の時間を作って満足感を (写真:iStock)

 求めるつもりはなくても、いつの間にか見返りを求め、恋愛がうまくいかなくなってしまう人がいます。そんな人は、どう抜け出せばよいのか分からなくなっているのではないでしょうか。そんな時には、以下の方法を試してみてください!

1. 彼のためではなく、自分のために行動する

 彼氏ができると、何でも「彼のため」と思って自分の好みや意見を我慢してしまう人がいます。そんな人は、普段から我慢している分、見返りを求めてしまう傾向にあります。

 そうならないためには、まずは何をするにも「彼のため」と考えるのではなく、「自分のため」と考え、行動すること。あなたの意思で行動していれば、ストレスだってなくなるはずです。

2. 必要以上の期待はしない

 大好きな人ができれば、一緒にやりたいこと、行ってみたい場所など、理想の付き合い方があるでしょう。しかし、それが彼の思う理想の付き合い方とは限りません。

 当然、場合によっては断られたり、嫌がられることもあります。彼にも好みや意見があるわけですから、必要以上に期待しすぎるとガッカリすることになります。期待をしすぎるのは、ほどほどにしておいたほうが良いかもしれません。

3. 自分時間を作る

 あなたはやりたいことをやって、「楽しい」と思える時間を過ごせていますか? 恋愛体質の人は、すべてが「彼と一緒に」と考えているかもしれませんが、それでは満足できないことも多いでしょう。

 見返りを求めないためには、自分のやりたいことをやり、満足感を得ることも必要。恋愛以外で満足感を得ていれば、相手に求めすぎることも少なくなるでしょう。

4. 損得勘定で行動しない

 誰かと接する時、無意識で損得勘定が働く人がいます。「この人と付き合うのは、得だろうか?」「ここでプレゼントするのは、損だろうか?」なんて考えている人はいませんか?

 しかしこれでは、恋人と対等な関係を築くことはできなくなってしまいます。恋愛は損得勘定ではなく、愛情と信頼で成り立つもの。損か得かではなく、そこに愛情があるかどうか考えてみましょう。

5. 彼への感謝の気持ちを大切にする

 彼氏に見返りを求めてしまう人の多くは、今ある愛情に気づいていない人が多いです。「もっと愛してほしい」と思うということは、今の愛情では満足していないということ。  そうならないためには、常に彼への感謝の気持ちを忘れないことが必要です。感謝の気持ちがあれば、自然と見返りを求めることもなくなるでしょう。

恋愛で見返りを求めそうになったら一度冷静に立ち止まろう!

穏やかな気持ちで恋をしよう(写真:iStock)
穏やかな気持ちで恋をしよう (写真:iStock)

 好きな恋人から、「愛されたい」「大切にしてほしい」と思うのは当然のことです。しかし、「私がこんなに愛しているのに、どうして返してくれないの!」と見返りを求めるようになると、あなた自身の心がハッピーではなくなり、恋愛がうまくいかなくなってしまうでしょう。

 見返りを求めそうになってしまった時には、ぜひ一度立ち止まって、冷静に自分の恋愛を見つめ直してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


別れの兆候があるカップルの4つの行動&回避するための対策
 愛情が薄れて「別れ」を意識し始めたカップルには、何らかの兆候が表れるもの。彼氏の行動に対して、「あれ? なんだかいつも...
恋バナ調査隊 2021-07-14 06:15 ラブ
毎日ドキドキ♡ 職場に好きな人がいるメリット&デメリット
 誰だって、恋をするとモチベーションが上がるもの。でも、相手が職場にいるなど身近な存在となれば、良いことだけではありませ...
恋バナ調査隊 2021-07-14 06:16 ラブ
男性が惚れる女性は一味違うかも♡ 外見&内面の5つの特徴
「男性が惚れる女性」というと、“綺麗で華やかな美人”を思い浮かべる女性は多いはず。このように、女性はモテを意識する時に“...
ときめかない…カップルが感じるマンネリサイン4つ&解消法
 付き合ったばかりの頃は彼に会うたびにドキドキしていたのに、最近なんだかときめかなくなってしまった……と、悩んでいません...
恋バナ調査隊 2021-07-13 06:00 ラブ
その場で怒れない…あとからモヤモヤしないためにできること
 ちゃんと怒ることって難しいですよね。怒りたいときに怒れず、あとからモヤモヤする……そんな経験がある人もいるのではないで...
七味さや 2021-07-12 06:00 ラブ
他人事じゃない…!コロナ離婚に至る5つの原因&防ぐ方法
 今、世の中の状況は大きく変わってきています。コロナ禍により、仕事や家庭の環境が大きく変わった人も多いでしょう。実は、そ...
恋バナ調査隊 2021-07-12 06:00 ラブ
恋愛中の彼とのLINE♡ “ネタがない時”に使える話題5つ
 恋愛中って、一秒も逃さず彼とつながっていたいと思うもの。そんな時に、とても大活躍なのがLINEです。とはいえ、毎日やり...
恋バナ調査隊 2021-07-12 06:05 ラブ
男性が夢中になる女性に共通する特徴5つ&夢中にさせる方法
 好きな男性から、愛されたいと思うのは当然のこと。彼の心を離さないためには、いかに自分に夢中にさせるかが鍵となります。し...
恋バナ調査隊 2021-07-11 06:00 ラブ
ひどい…不倫相手の彼から届いた冷酷&身勝手なLINE5つ
「不倫はいけないこと」とは思いながらも、刺激的な状況とスリルな恋愛にはまってしまう男女は多いようです。でも、中には本当に...
恋バナ調査隊 2021-07-10 06:00 ラブ
なぜ距離を取らない?姑に苛立つ妻に冷ややかな目を向ける夫
「冷酷と激情のあいだvol.46〜女性編〜」では、義母の態度に困惑するも、そんな関係に対して無関心すぎる夫に苛立つ女性・...
並木まき 2021-07-11 06:22 ラブ
厄介な義母の対応を丸投げ…夫に不信感を募らせる妻の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-10 06:07 ラブ
体の関係から始まる恋愛のメリット♡ 本命彼女になるには?
 一般的に「付き合う前の男性に体を許しちゃダメ」と言われますね。でも、大人の男女が二人きりになれば、何があってもおかしく...
リタ・トーコ 2021-07-10 06:00 ラブ
母性本能が強い女性は苦労する?5つの共通点&恋愛パターン
 母性本能が強いというと、「良いお母さんになりそう」というイメージがありますよね。確かに、母性本能が強ければ強いほど愛情...
恋バナ調査隊 2021-07-09 06:02 ラブ
親に結婚を反対される理由は? 確認すべきポイント&説得方法
 親に結婚の報告をしたのに「反対されてしまった……」と落ち込んでいる人は、今、とても辛い気持ちですよね。反対される理由に...
恋バナ調査隊 2021-07-08 06:00 ラブ
要注意!男性から“コスパのいいセフレ”認定される女子の行動
 気になる男性とデートの約束ができた時、「もしかしたら付き合えるかもしれない」とドキドキしますよね。しかし現実は「エッチ...
若林杏樹 2021-07-07 06:00 ラブ
肉じゃがは“非モテ”レシピ?彼氏が本当に喜ぶ手料理の選び方
 今も昔も、「家庭的な女性」を結婚相手に選びたいと思う男性は多いようです。家庭的なところをアピールするなら、やはり「料理...
孔井嘉乃 2021-07-07 06:00 ラブ