“神俳優”綾野剛主演作「ヤクザと家族」ラストが切なすぎる!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-29 06:00
投稿日:2021-01-29 06:00
「この俳優さんの主演作なら絶対におもしろいはず!」と、期待を抱かせてくれる綾野剛さんの主演映画「ヤクザと家族 The Family」が1月29日より公開。先行して鑑賞した内埜(うちの)さくらが、作品をリポートします。

家族のあり方を描いたヒューマンストーリー

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

「今の時代、タイトルに『ヤクザ』を入れる!?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、本作はヤクザ稼業の男たちを軸に、家族のあり方を描いたヒューマンストーリーです。綾野剛さん演じる山本賢治は、証券マンだった父親がバブル崩壊後に手を出した覚醒剤で命を落とし、母親はすでに他界。身寄りがなく、その日暮らしの生活を送っていましたが、舘ひろしさん演じる柴咲博(広域指定暴力団の3次団体・柴咲組の組長)を、チンピラの襲撃から救ったことをきっかけに、血のつながらない2人は父子の契りを結ぶのです。

 本作は3部構成で、1995年から2019年の20年間を描いています。この20年間は、ヤクザが裏で幅を利かせていた時代から、暴対法の影響で、存続すら危うい状態に変化した過渡期です。時代に翻弄され稼業で生き抜くことが難しくなっている存在だからこそ、人間の原点である、家族関係を浮き彫りにできたのではと、筆者は感じました。

 キャッチコピーは「父も母もいないけど、私には《家族》がいました。」です。現在はコロナ禍で思うように人に会えず、必然的に人間関係を見直す時期に突入したといえます。本作で監督と脚本を担当し、シム・ウンギョンさんと松坂桃李さん主演の映画「新聞記者」(2019年)などでも世間に実力を知らしめた藤井道人氏と本作でもタッグを組んだスターサンズは、時代を先読む力があると、作品を鑑賞するとおわかりいただけると思います。

綾野剛さんは取材で“神対応”してくれる俳優

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 藤井監督は「綾野さんのストイックな役への姿勢は、本作の脚本の世界を何倍にも広げてくれました」と語っています。何度か綾野さんを取材させていただいた筆者は、ストイックなうえにサービス精神にあふれた、紳士的な方だという印象を持ちました。綾野さんクラスの有名俳優さんは、複数媒体が同時に取材する「合同取材」から、媒体別の「個別取材」へ移行するパターンが一般的ですが、合同取材前のときでした。複数媒体のライターがそろっていると確認してから、「せっかくみなさんが早めに来てくださったのですから、少し早めですが始めましょうか」と、席についてくださったのです。そして、合同でも個別でも、ライターが良質な原稿を書けるよう配慮してくださったのでしょう。少し時間が押すぐらい、たくさんしゃべってくださいました。

 その役者魂は、作品にも惜しむことなく発揮されたようで。綾野さんは、山本が車に轢かれるシーンを、スタントマンに頼まず3回もトライしたとのこと。驚きで声が出てしまいそうなリアルな映像に仕上がっています。

セクシーな舘ひろしさんから目が離せない…

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 山本を「ケン坊」と、実の子のようにかわいがる柴咲を演じた舘さんのお芝居にもしびれます。ご本人は「スカーフェイス」(1983年)のアル・パチーノをイメージしたとのことですが、ただカメラ前に立っているだけで放つ存在感は圧倒的。年齢を重ねて重みを帯びた、低く渋い声はセクシー。漢(おとこ)だけれど包容力のある柴咲は、舘さんにしか演じられなかったのでは……と、画面から目を離せませんでした。

次世代ブレーク女優 小宮山莉渚さんに注目

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会(写真:iStock)
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会 (写真:iStock)

 作品には寺島しのぶさん、豊原功補さん、市原隼人さんなど豪華キャスト陣が物語の屋台骨を支えていますが、個人的に注目していただきたいのは本作が女優デビューとなる、15歳の小宮山莉渚(こみやま・りな)さん。綾野さん演じる山本と、尾野真千子さん演じる工藤由香の間に生まれた娘・彩役を演じています。出演シーンは少ないものの作品展開の鍵を握る重要な役を担っていて、きちんと作品に“爪痕”を残しているのです。ソフトバンクのCM「5Gってドラえもん? タケコプター篇」で若い頃のしずかちゃん役で出演もしています。個人的な意見ですが筆者は、数年後に「次世代ブレーク女優」として取り上げられるような気がしています。

 本作に話を戻しますと。海の底へと沈む山本の姿で始まり、沈んでいく山本で物語を締めくくるラストは、理由がわかるので切なくなります。家族とは。自分は家族を持つのか、持たないのか。今、大切にすべき人間関係とはーー。自分にとって大事なものはなにかを突きつけられる作品です。

1月29日全国公開(PG12)。配給:スターサンズ/KADOKAWA
出演:綾野剛、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮隆太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補/寺島しのぶ、舘ひろしほか。監督&脚本:藤井道人

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


フリーアナ大坪千夏さん語る フジ時代の“酒の失敗”の数々
大坪千夏さん(フリーアナウンサー/54歳)  女子アナブームにキュートな笑顔で人気だった元フジテレビの大坪千夏さん。酒...
2021-06-14 17:03 エンタメ
とんねるずもヒロミも…アラ還世代は“ジャニタレ組”で成功
 趣味を仕事に活躍する“アラ還”タレントが増えている。所ジョージ(66)は東京都世田谷区にある事務所を「遊び場」と称し、...
2021-06-14 17:03 エンタメ
ウイルスとAIと共存し、今後も時代とともに生きていきたい
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#49  ロッカーのPANTAさん(71)をインタビューし、個人的な思いをフェ...
2021-06-14 17:03 エンタメ
西島秀俊「シェフは名探偵」は「きのう何食べた?」超えか
〈コックコート姿、似合う!〉〈イケメン度がさらにアップして見える〉なんて声が飛んでいる。  5月31日にスタートした連...
2021-06-14 17:03 エンタメ
紺野ぶるま 高校中退しお笑いの世界に飛び込むきっかけは
【その日その瞬間】  紺野ぶるまさん(タレント・34歳)  ◇  ◇  ◇ 「もうお母さんと一緒に死のう」という書...
2021-06-14 17:03 エンタメ
流れ星☆瀧上伸一郎「芸人専用アパート」を5年以内に!
 お笑いコンビ「流れ星☆」の瀧上伸一郎さんは今年、千葉県の松戸で購入したアパートで大家ビジネスを展開していると話題に。死...
2021-06-14 17:03 エンタメ
草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず
 草彅剛の快進撃が続いている。  今年3月、主演映画「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞に続き、今度は主演ドラ...
2021-06-13 17:03 エンタメ
カトパン結婚で周り見渡せば…フリー転身女子アナに明暗?
 7日、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子が一般男性との入籍を発表した。「カトパン結婚」はフジにとって久々の明るい話題で...
2021-06-13 17:03 エンタメ
人生の苦楽を穏やかに受け入れる岡野陽一のパチンコ哲学
【今週グサッときた名言珍言】 「パチンコ屋っていうのは、いつも一定の気温に保たれてます」(岡野陽一/「さんまのお笑い向...
2021-06-13 17:03 エンタメ
熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ
 タレントの熊田曜子(39)が夫婦泥沼バトルを繰り広げている。10日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」でDV容疑で逮捕され...
2021-06-13 17:03 エンタメ
佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」
上白石萌音や有村架純との噂…  6月5日配信の「文春オンライン」が報じた「“共演者キラー”佐藤健(32)と満島ひかり(...
2021-06-13 17:03 エンタメ
秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも
【皇室のトリビア】#19  皇族の恋愛結婚といえば、なんといっても明仁皇太子と正田美智子さん(現上皇と上皇后)のご成婚...
2021-06-13 17:03 エンタメ
西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ
 西島秀俊は朝ドラの気象予報士より、料理人のほうがずっと様になる。「シェフは名探偵」(テレビ東京系)では、東京・千駄ケ谷...
2021-06-13 17:03 エンタメ
心震わせる「るろうに剣心」最終章史上初ワンツーの必然
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  興味深い現象が起きている。「るろうに剣心」シリーズ2部作の1本にして完結作であ...
2021-06-12 17:03 エンタメ
石原さとみ「恋ぷに」8%台で終了も…実は“成功作”だった
 9日に最終回を迎えた「恋はDeepに」(日本テレビ)。石原さとみ(34)と綾野剛(39)のW主演で「この春、史上最強の...
2021-06-12 17:03 エンタメ
加山雄三「聖火ランナー」辞退 リアル東京五輪世代の気骨
 歌手の加山雄三(84)が9日、東京五輪の聖火ランナーを辞退したことを発表し、波紋が広がっている。  加山は公式サイト...
2021-06-12 17:03 エンタメ