“神俳優”綾野剛主演作「ヤクザと家族」ラストが切なすぎる!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-29 06:00
投稿日:2021-01-29 06:00
「この俳優さんの主演作なら絶対におもしろいはず!」と、期待を抱かせてくれる綾野剛さんの主演映画「ヤクザと家族 The Family」が1月29日より公開。先行して鑑賞した内埜(うちの)さくらが、作品をリポートします。

家族のあり方を描いたヒューマンストーリー

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

「今の時代、タイトルに『ヤクザ』を入れる!?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、本作はヤクザ稼業の男たちを軸に、家族のあり方を描いたヒューマンストーリーです。綾野剛さん演じる山本賢治は、証券マンだった父親がバブル崩壊後に手を出した覚醒剤で命を落とし、母親はすでに他界。身寄りがなく、その日暮らしの生活を送っていましたが、舘ひろしさん演じる柴咲博(広域指定暴力団の3次団体・柴咲組の組長)を、チンピラの襲撃から救ったことをきっかけに、血のつながらない2人は父子の契りを結ぶのです。

 本作は3部構成で、1995年から2019年の20年間を描いています。この20年間は、ヤクザが裏で幅を利かせていた時代から、暴対法の影響で、存続すら危うい状態に変化した過渡期です。時代に翻弄され稼業で生き抜くことが難しくなっている存在だからこそ、人間の原点である、家族関係を浮き彫りにできたのではと、筆者は感じました。

 キャッチコピーは「父も母もいないけど、私には《家族》がいました。」です。現在はコロナ禍で思うように人に会えず、必然的に人間関係を見直す時期に突入したといえます。本作で監督と脚本を担当し、シム・ウンギョンさんと松坂桃李さん主演の映画「新聞記者」(2019年)などでも世間に実力を知らしめた藤井道人氏と本作でもタッグを組んだスターサンズは、時代を先読む力があると、作品を鑑賞するとおわかりいただけると思います。

綾野剛さんは取材で“神対応”してくれる俳優

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 藤井監督は「綾野さんのストイックな役への姿勢は、本作の脚本の世界を何倍にも広げてくれました」と語っています。何度か綾野さんを取材させていただいた筆者は、ストイックなうえにサービス精神にあふれた、紳士的な方だという印象を持ちました。綾野さんクラスの有名俳優さんは、複数媒体が同時に取材する「合同取材」から、媒体別の「個別取材」へ移行するパターンが一般的ですが、合同取材前のときでした。複数媒体のライターがそろっていると確認してから、「せっかくみなさんが早めに来てくださったのですから、少し早めですが始めましょうか」と、席についてくださったのです。そして、合同でも個別でも、ライターが良質な原稿を書けるよう配慮してくださったのでしょう。少し時間が押すぐらい、たくさんしゃべってくださいました。

 その役者魂は、作品にも惜しむことなく発揮されたようで。綾野さんは、山本が車に轢かれるシーンを、スタントマンに頼まず3回もトライしたとのこと。驚きで声が出てしまいそうなリアルな映像に仕上がっています。

セクシーな舘ひろしさんから目が離せない…

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 山本を「ケン坊」と、実の子のようにかわいがる柴咲を演じた舘さんのお芝居にもしびれます。ご本人は「スカーフェイス」(1983年)のアル・パチーノをイメージしたとのことですが、ただカメラ前に立っているだけで放つ存在感は圧倒的。年齢を重ねて重みを帯びた、低く渋い声はセクシー。漢(おとこ)だけれど包容力のある柴咲は、舘さんにしか演じられなかったのでは……と、画面から目を離せませんでした。

次世代ブレーク女優 小宮山莉渚さんに注目

(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会(写真:iStock)
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会 (写真:iStock)

 作品には寺島しのぶさん、豊原功補さん、市原隼人さんなど豪華キャスト陣が物語の屋台骨を支えていますが、個人的に注目していただきたいのは本作が女優デビューとなる、15歳の小宮山莉渚(こみやま・りな)さん。綾野さん演じる山本と、尾野真千子さん演じる工藤由香の間に生まれた娘・彩役を演じています。出演シーンは少ないものの作品展開の鍵を握る重要な役を担っていて、きちんと作品に“爪痕”を残しているのです。ソフトバンクのCM「5Gってドラえもん? タケコプター篇」で若い頃のしずかちゃん役で出演もしています。個人的な意見ですが筆者は、数年後に「次世代ブレーク女優」として取り上げられるような気がしています。

 本作に話を戻しますと。海の底へと沈む山本の姿で始まり、沈んでいく山本で物語を締めくくるラストは、理由がわかるので切なくなります。家族とは。自分は家族を持つのか、持たないのか。今、大切にすべき人間関係とはーー。自分にとって大事なものはなにかを突きつけられる作品です。

1月29日全国公開(PG12)。配給:スターサンズ/KADOKAWA
出演:綾野剛、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮隆太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補/寺島しのぶ、舘ひろしほか。監督&脚本:藤井道人

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


女優・紫吹淳さんが語る 宝塚「月組」トップに立った瞬間、そして引退
【その日その瞬間】  紫吹淳さん(女優/53歳)  元宝塚スターの紫吹淳さんは、宝塚時代で男性を演じた年数と、女優と...
2022-05-16 17:03 エンタメ
“伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速
【あの人は今こうしている】  小林ひとみさん(元セクシー女優/58歳) 「花金」「ボディコン」「ジュリアナ」……。日...
2022-05-16 17:03 エンタメ
菅田将暉と神木隆之介の友情秘話 6年前から「函館挙式」につながる“糸”
 菅田将暉(29)と小松菜奈(26)夫妻が4月下旬に北海道・函館で挙式したことを10日発売の『女性セブン』が報じた。大安...
2022-05-16 17:03 エンタメ
映画「生きててよかった」木幡竜さんは中国で俳優に転身 カンパの16万円握りしめ…
【役者・芸人「貧乏物語」】  木幡竜さん(俳優/45歳)  ◇  ◇  ◇  プロボクサーから2004年に俳優デビ...
2022-05-16 17:03 エンタメ
渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」
 今月3日に渡辺裕之さんが自宅で亡くなり、今週、10日に渡辺夫人で女優の原日出子さんがコメントを発表した。  渡辺さん...
2022-05-16 17:03 エンタメ
上田正樹さんの人生を変えた一曲「Abraham, Martin&John」との出合い
【私の人生を変えた一曲】  上田正樹さん(歌手 ソウルシンガー/72歳) 「悲しい色やね」のヒットで知られ、ソウルシ...
2022-05-16 17:03 エンタメ
芸能人は猫も杓子も必死に「好感度アップ」狙い…ってどうよ?
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  ここ数週間、やたらと広末涼子を見かける。初エッセー集「ヒロスエの思考地図 しあわ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
ネタをやり続けている自信から吉住は芸人としてブレないでいられる
【今週グサッときた名言珍言】 「笑わせたいんですけどね。みんなの笑顔が見たいだけなのに」(吉住/テレビ朝日系「イワクラ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…
 NHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、25年ぶりに朝ドラ出演を果たした女優・安達祐実(40)に夫婦危機が取...
2022-05-15 17:03 エンタメ
満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける
 4月期の民放ドラマは、久々に各局とも“エース級”の名前が顔を揃えたと言っていいだろう。なかでもオンエア前から盛り上がり...
2022-05-15 17:03 エンタメ
なぜ皇族はテレビ局の密着取材を受けないのか? 圧倒的に少ない情報発信
【皇室のトリビア】#66  皇室の尊厳を守るには、「開かれた皇室」よりも、むしろ閉じるべきだという説がある。しかし、そ...
2022-05-15 17:03 エンタメ
トレンド入り岡山天音「恋愛モノ」もハマる可愛いキャラで大ブレークの予感
 俳優・岡山天音(27)の名前が5月10日にトレンドワードに。岡山は同日夜10時放送、広瀬アリス(27)主演の連ドラ「恋...
2022-05-15 17:03 エンタメ
みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち
 さすがにもう番組打ち切りか……。日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」でまたまた不祥事が続いている。「ANZEN漫才...
2022-05-16 09:53 エンタメ
神尾楓珠“ワイプ芸”を刮目せよ!「3年A組」出世頭の演技力は
 神尾楓珠が凄いことになっています。水曜22時「ナンバMG5」(フジテレビ系)、金曜23時30分「青野くんに触りたいから...
上島竜兵さんは芸人の“矜持”忘れず…「リアクション芸」の凄みと功績
 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)が急逝したことで、芸能界だけでなく日本中から悲しみの声が上がっている。  上...
2022-05-14 17:03 エンタメ
内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在
 木村拓哉(49)初の学園スポーツドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)が苦戦している。第4話でついに視聴率が1...
2022-05-14 17:03 エンタメ