「無頼」で魅せる!EXILE感ゼロの松本利夫と“極妻”柳ゆり菜

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-18 06:00
投稿日:2020-12-18 06:00
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介するコクハク発のエンタメ情報です。今回は、映画「無頼」です!

井筒監督8年ぶりの新作は「昭和のヤクザ」

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム
(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

 映画「パッチギ!」(2005)や「黄金を抱いて翔べ」(2012)など、一貫してアウトサイダーを描き続けてきた、井筒和幸監督が8年ぶりにメガホンを執った本作。作品を鑑賞して最初に驚かされるのは、物語の中心人物となる井藤正治を演じている初代EXILEのパフォーマー、松本利夫さん。おそらく公開を楽しみに待つ人が予想する以上に“EXILE感ゼロ”で、昭和のヤクザを振り切って演じています。

 貧しい少年時代を送った正治が一家を構え、似たような境遇のはみ出し者を束ねて裏社会を駆け上っていくという、男くさい重々しささえ感じさせる物語の中で一服の清涼剤的役割を担っているのが、柳ゆり菜さん。正治の妻・佳奈役を演じていて、女性キャストが少ない中で名演技を魅せてくれているのです。

 正治は車内から見た佳奈に、「お尻が大きい」と一目惚れ。正治が猛アタックの末に恋人同士になりますが、このときの佳奈はまだ、ホステスをしている“お姉ちゃん”。ですが、正治が幾度も刑務所に収監されるたび(何回、入ったら気がすむの? と思うぐらい繰り返します・笑)、一家の“姐さん”として成長し、君臨していくのです。

“姐さん”といえば、「鬼龍院花子の生涯」の故・夏目雅子さんや、「極道の妻たち」シリーズの岩下志麻さんが代表格かもしれませんが、柳さんが演じた佳奈は、これらの作品とはやや別物。次第に顔つきには風格が出てきますが、ホステス時代のまろやかさやなまめかしさは失われないのです。舎弟が悪いクスリを持っていると知ったときも、再犯しないようクスリを捨てさせて、威厳を持ってこってりと絞るのみ。ナイフや拳銃は扱いません。独自の“姐さん像”を確立したといっても過言ではないでしょう。

 井筒監督は写真と動画をひと目見て柳さんのキャスティングを決めたそうですが、YouTubeでは柳さんの演技力も絶賛。動画で語っていますが、井筒監督が太鼓判を押す柳さんの演技力は、幼少期の体験が影響しているそうです。

柳ゆり菜はプロダンサーになるのが夢だった

(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム
(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

 柳さんは2013年のデビュー以前、9歳から18歳まではプロダンサーになることが目標だったそう。ですが、「ダンスで生活はできない。仕事にしたらダンスを嫌いになってしまう」と悟ると同時に、「自分にはダンスで鍛えた表現力しかない」と自覚。生活する道を模索している最中で、幼い頃の家庭を思い出したそうです。

 お父様は大阪のミナミでバーを経営し、お母様も働く共働き一家の唯一の休日は、日曜日。この日だけは家族一緒に映画を鑑賞することが習慣になっていたらしく、身につけた表現力を活かすため、女優を目指して芸能界入りしたそうです。「原体験を振り返ることで大切な価値観に気づき、夢が見つかる」という説の、典型例のような人生かもしれません。

女性も釘付けになる!無頼たちの生き様

 女性キャストが少なく、佳奈が登場すると画面が華やぎます。理由は男性目線で描かれているからで、第一印象は男性向け? と思われるかもしれませんが、怒涛の展開で女性も目が釘づけになります。コロナ禍でティッシュペーパーやトイレットペーパーが売り切れ続出となりましたが、本作では1970年代に二度あった、「オイルショックと呼ばれるトイレットペーパーの買い占め騒動も描かれているため、「昭和時代は自分とは無関係」と考える人も共感できる点も魅力です。

 昭和に実在した(かもしれない)、荒々しくも男らしい無頼たちの生き様を、迫力満点の大きなスクリーンで鑑賞してみてください。

12月より全国順次公開予定(R15+指定)。配給:チッチオフィルム 
出演:松本利夫、柳ゆり菜、中村達也、ラサール石井、小木茂光、木下ほうか、升毅ほか。監督&脚本:井筒和幸

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


笠智衆3部作編(3)「岸本さんからは生命感があふれていて、笠さん演じる老人との対比になっている」
【鈴木敏夫 新・映画道楽 体験的女優論】  笠智衆3部作編(3)   ◇  ◇  ◇  山田太一による笠智衆3部作...
2022-12-05 17:03 エンタメ
宮前真樹さんは料理研究家を経て再び芸能界へ「アイドルも料理も経験しているのは私だけ」
【あの人は今こうしている】  宮前真樹さん(アイドルグループCoCo元メンバー)  ◇  ◇  ◇ 「やってますね...
2022-12-05 17:03 エンタメ
東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」
【注目の人 直撃インタビュー】  東出昌大(俳優)  ついに本格復帰に向けて動きだした。2年前、女優・杏(36)との...
2022-12-05 17:03 エンタメ
崔洋一が『血と骨』の原作者・梁石日に「小さな破滅」を迫ったわけ
【佐高信「追悼譜」】  崔洋一(2022年11月27日没 享年73)  ◇  ◇  ◇  崔洋一にインタビューした...
2022-12-05 17:03 エンタメ
唐田えりか“アンチの声”はね返す完全復活 こぼれる涙に「お帰り!」と迎えたファンの声
 11月26日に主演映画「の方へ、流れる」の初日舞台挨拶に登場した女優の唐田えりか(25)。20年1月に当時既婚者だった...
2022-12-05 17:03 エンタメ
アジャコングさん女子プロレスデビュー3年目までは壮絶貧乏…「勝たなきゃ明日は食えない」
【役者・芸人 貧乏物語】  アジャコング(プロレスラー)  女子プロレスのヒールといえばこの人、アジャコングさん。い...
2022-12-05 17:03 エンタメ
中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?
 中居正広(50)が2日に“休養延長”を発表し、ファンはやきもきしている。  今年7月に急性虫垂炎の手術を受けた中居は...
2022-12-04 17:03 エンタメ
村川透監督が崔洋一氏の死を悼む 最初の仕事で「君たち、本当に助監督か」
 崔さん! あなたは多難な世情の中、我々日本映画監督協会の理事長という重責を担い、体を張ってことに当たり、見事果たし、前...
2022-12-04 17:03 エンタメ
2022年「テレビの顔」は麒麟・川島明で決まり! レギュラー8本、番組出演本数1位を狙う
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  2022年も残すところ1カ月。流行語大賞や話題の商品など、この一年を振り返る企画...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ずっと根拠なき自信をみなぎらせ 小島よしおは新天地を開拓し続ける
【今週グサッときた名言珍言】 「当時のマネジャーさんからは『花屋になった方がいい』って言われた」  (小島よしお/テレ...
2022-12-04 17:03 エンタメ
戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?
 戸田恵梨香(34)が11月28日、所属事務所の公式サイトを通じて第1子妊娠を発表した。この祝福ムードに水を差しているの...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ディベート対決もラッパーもお金になっている 「負の感情」がアウトプットの源泉に
【とろサーモン久保田の「玉手箱人生」】#14  最近はお笑いだけじゃなく、いろんなタイプの番組に呼んでもらうことも増え...
2022-12-04 17:03 エンタメ
愛子さまと悠仁さまだけで未来の皇統は大丈夫なのか?
【皇室のトリビア】#95  前回、早く女性宮家を創設して秋篠宮家の佳子さまに当主になっていただきたいと書いたが、これに...
2022-12-04 17:03 エンタメ
NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」もいよいよ大詰め、18日放送の最終回で北条義時(小栗旬)の最期が描かれる。どんな死に...
2022-12-04 17:03 エンタメ
岸田首相は“雑誌の底力”を甘く見ていた 田中角栄も宇野宗佑も安倍晋三も射止めているのだ
 昔、週刊誌記者は「首輪のない猟犬」といわれた。  上品ぶった新聞・テレビがやらない、権力者たちのカネと下半身問題を容...
2022-12-04 17:03 エンタメ
流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言
 12月1日、今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にはプロ野球・ヤクルトスワローズの村上宗隆(2...
2022-12-04 17:03 エンタメ