出会いがないと嘆く40代独女に気付いて欲しい12のこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-14 19:07
投稿日:2020-11-17 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
「結婚はシンプルなもの」
「結婚はシンプルなもの」

case3-3.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 初対面はZoomお見合いだったそうですが、敦さんに対して「誠実な人」という印象を抱いたと言います。敦さんのどこに「誠実さ」を感じたのでしょうか。

マイナス面を自分から打ち明けた誠実さ

誠実だから信頼できた(写真:iStock)
誠実だから信頼できた (写真:iStock)

「初めてのお見合いのときに、自身の事情を包み隠さず話してくれたんです。『隠してもいつかは話さなければいけないことなので、今すべてお話しします。自分には離婚歴があり、子ども3人の養育費を支払っています。NPO法人に勤めている職業柄、この先年収が倍になることはないので、経済面ではあまり贅沢はさせてあげられないかもしれません』と。

 経済的な実像をはぐらかそうとする方もいらっしゃったので、最初からストレートに言うのは男らしいし誠実だなと思いました」

 マイナスポイントを初回で話すのは、勇気がいります。臆せず話したのは、「自分はある程度稼いでいるから、お相手の収入は気にしない」京香さんが相手だったからかもしれません。

「誠実」と感じる基準は人それぞれ。婚活中は他者のアドバイスに傾倒するのではなく、自分基準で「誠実さとはなにか」を見極めておくといいのかもしれません。

 敦さんを「誠実」と評する京香さんも同じく、誠実なお人柄です。インタビュー中、取材を受けるのが初めてとは思えないほどわかりやすく話してくださるので、「さすが東大卒だけあり、お話しの内容が明確です!」と伝えたところ、「今日お話ししようと思ったことを、予習としてメモ帳にまとめているからだと思います」との答えが。

清野さん&生田さん夫婦に見る結婚のカタチ

結婚の“決め手”は「誠実」だった?(C)日刊ゲンダイ
結婚の“決め手”は「誠実」だった? (C)日刊ゲンダイ

 事前に話すことをまとめておく。真面目で相手に真心を込められる人柄でなくては実行しない事柄です。メモにまとめることが誠実さの絶対条件とは断言しませんが、筆者が3500人以上取材してきた中で、あらかじめメモをしてきてくださったのは10人ほどでしょうか。もっとも印象的だったのは、先日結婚した女優、清野菜名さん。

 筆者は、「今日がインタビューを受けるのが初めてなのです。緊張しています……」というタレントさんを、おそらく600人以上は取材しています。筆者が“インタビュー処女”をいただいた清野さんも、その1人。当日、取材ルームで合流すると、緊張した面持ちで企画書とご自身のメモを熱心に見比べていました。その姿があまりにもかわいらしく、「せっかく書いてきてくださったので、メモも見せていただいてよろしいですか?」と聞くと、はにかみながら手渡してくれた記憶がいまでも残っています。

 別案件で旦那様の生田斗真さんにも取材しましたが、清野さんに負けず劣らず誠実な方でした。「夫婦は合わせ鏡」という言葉がありますが、生田さんと清野さんは、「他者に誠実であること」という価値観が一致したのかもしれません。「夫婦関係は修行」という言葉もあり、正反対の気質同士が婚姻するケースも珍しくありませんが、個人的に京香さんと敦さんは「誠実」というワードでつながったような気がします。

大人婚の動機は「シンプル」でもいい

結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない(写真:iStock)
結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない (写真:iStock)

 お2人は価値観の一致で自然と惹かれ合い、都内に住む京香さんが敦さんの住む長野県東部へ通い、デートを重ねました。京香さんは3度目のデートで、「敦さんと結婚したい」と思ったそうです。

「敦さんがつくってくれた、お好み焼きがものすごくおいしかったんです。2人とも関西人で、世の中で一番好きな食べ物がお好み焼き。一番好きな食べ物をつくってくれて、それがすごくおいしいというだけで『この人だ!』と思いました。胃袋をつかまれたんです(笑)」

 お見合いで京香さんが希望した条件は、「動物OK」のみ1点。そして、世界で一番好きな食べ物であるお好み焼きをつくるのが上手だったので、敦さんと結婚したいと思いました。

 理由が非常にシンプルです。

 ですが京香さんの話を聞いていると、年齢を問わず「結婚の動機は単純でいいのかもしれない」と思いました。初恋の頃に感じた、「この人、素敵!」と、心の底から思えればいいのかな、と。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ