出会いがないと嘆く40代独女に気付いて欲しい12のこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-14 19:07
投稿日:2020-11-17 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
「結婚はシンプルなもの」
「結婚はシンプルなもの」

case3-3.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 初対面はZoomお見合いだったそうですが、敦さんに対して「誠実な人」という印象を抱いたと言います。敦さんのどこに「誠実さ」を感じたのでしょうか。

マイナス面を自分から打ち明けた誠実さ

誠実だから信頼できた(写真:iStock)
誠実だから信頼できた (写真:iStock)

「初めてのお見合いのときに、自身の事情を包み隠さず話してくれたんです。『隠してもいつかは話さなければいけないことなので、今すべてお話しします。自分には離婚歴があり、子ども3人の養育費を支払っています。NPO法人に勤めている職業柄、この先年収が倍になることはないので、経済面ではあまり贅沢はさせてあげられないかもしれません』と。

 経済的な実像をはぐらかそうとする方もいらっしゃったので、最初からストレートに言うのは男らしいし誠実だなと思いました」

 マイナスポイントを初回で話すのは、勇気がいります。臆せず話したのは、「自分はある程度稼いでいるから、お相手の収入は気にしない」京香さんが相手だったからかもしれません。

「誠実」と感じる基準は人それぞれ。婚活中は他者のアドバイスに傾倒するのではなく、自分基準で「誠実さとはなにか」を見極めておくといいのかもしれません。

 敦さんを「誠実」と評する京香さんも同じく、誠実なお人柄です。インタビュー中、取材を受けるのが初めてとは思えないほどわかりやすく話してくださるので、「さすが東大卒だけあり、お話しの内容が明確です!」と伝えたところ、「今日お話ししようと思ったことを、予習としてメモ帳にまとめているからだと思います」との答えが。

清野さん&生田さん夫婦に見る結婚のカタチ

結婚の“決め手”は「誠実」だった?(C)日刊ゲンダイ
結婚の“決め手”は「誠実」だった? (C)日刊ゲンダイ

 事前に話すことをまとめておく。真面目で相手に真心を込められる人柄でなくては実行しない事柄です。メモにまとめることが誠実さの絶対条件とは断言しませんが、筆者が3500人以上取材してきた中で、あらかじめメモをしてきてくださったのは10人ほどでしょうか。もっとも印象的だったのは、先日結婚した女優、清野菜名さん。

 筆者は、「今日がインタビューを受けるのが初めてなのです。緊張しています……」というタレントさんを、おそらく600人以上は取材しています。筆者が“インタビュー処女”をいただいた清野さんも、その1人。当日、取材ルームで合流すると、緊張した面持ちで企画書とご自身のメモを熱心に見比べていました。その姿があまりにもかわいらしく、「せっかく書いてきてくださったので、メモも見せていただいてよろしいですか?」と聞くと、はにかみながら手渡してくれた記憶がいまでも残っています。

 別案件で旦那様の生田斗真さんにも取材しましたが、清野さんに負けず劣らず誠実な方でした。「夫婦は合わせ鏡」という言葉がありますが、生田さんと清野さんは、「他者に誠実であること」という価値観が一致したのかもしれません。「夫婦関係は修行」という言葉もあり、正反対の気質同士が婚姻するケースも珍しくありませんが、個人的に京香さんと敦さんは「誠実」というワードでつながったような気がします。

大人婚の動機は「シンプル」でもいい

結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない(写真:iStock)
結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない (写真:iStock)

 お2人は価値観の一致で自然と惹かれ合い、都内に住む京香さんが敦さんの住む長野県東部へ通い、デートを重ねました。京香さんは3度目のデートで、「敦さんと結婚したい」と思ったそうです。

「敦さんがつくってくれた、お好み焼きがものすごくおいしかったんです。2人とも関西人で、世の中で一番好きな食べ物がお好み焼き。一番好きな食べ物をつくってくれて、それがすごくおいしいというだけで『この人だ!』と思いました。胃袋をつかまれたんです(笑)」

 お見合いで京香さんが希望した条件は、「動物OK」のみ1点。そして、世界で一番好きな食べ物であるお好み焼きをつくるのが上手だったので、敦さんと結婚したいと思いました。

 理由が非常にシンプルです。

 ですが京香さんの話を聞いていると、年齢を問わず「結婚の動機は単純でいいのかもしれない」と思いました。初恋の頃に感じた、「この人、素敵!」と、心の底から思えればいいのかな、と。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ