出会いがないと嘆く40代独女に気付いて欲しい12のこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-14 19:07
投稿日:2020-11-17 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
「結婚はシンプルなもの」
「結婚はシンプルなもの」

case3-3.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 初対面はZoomお見合いだったそうですが、敦さんに対して「誠実な人」という印象を抱いたと言います。敦さんのどこに「誠実さ」を感じたのでしょうか。

マイナス面を自分から打ち明けた誠実さ

誠実だから信頼できた(写真:iStock)
誠実だから信頼できた (写真:iStock)

「初めてのお見合いのときに、自身の事情を包み隠さず話してくれたんです。『隠してもいつかは話さなければいけないことなので、今すべてお話しします。自分には離婚歴があり、子ども3人の養育費を支払っています。NPO法人に勤めている職業柄、この先年収が倍になることはないので、経済面ではあまり贅沢はさせてあげられないかもしれません』と。

 経済的な実像をはぐらかそうとする方もいらっしゃったので、最初からストレートに言うのは男らしいし誠実だなと思いました」

 マイナスポイントを初回で話すのは、勇気がいります。臆せず話したのは、「自分はある程度稼いでいるから、お相手の収入は気にしない」京香さんが相手だったからかもしれません。

「誠実」と感じる基準は人それぞれ。婚活中は他者のアドバイスに傾倒するのではなく、自分基準で「誠実さとはなにか」を見極めておくといいのかもしれません。

 敦さんを「誠実」と評する京香さんも同じく、誠実なお人柄です。インタビュー中、取材を受けるのが初めてとは思えないほどわかりやすく話してくださるので、「さすが東大卒だけあり、お話しの内容が明確です!」と伝えたところ、「今日お話ししようと思ったことを、予習としてメモ帳にまとめているからだと思います」との答えが。

清野さん&生田さん夫婦に見る結婚のカタチ

結婚の“決め手”は「誠実」だった?(C)日刊ゲンダイ
結婚の“決め手”は「誠実」だった? (C)日刊ゲンダイ

 事前に話すことをまとめておく。真面目で相手に真心を込められる人柄でなくては実行しない事柄です。メモにまとめることが誠実さの絶対条件とは断言しませんが、筆者が3500人以上取材してきた中で、あらかじめメモをしてきてくださったのは10人ほどでしょうか。もっとも印象的だったのは、先日結婚した女優、清野菜名さん。

 筆者は、「今日がインタビューを受けるのが初めてなのです。緊張しています……」というタレントさんを、おそらく600人以上は取材しています。筆者が“インタビュー処女”をいただいた清野さんも、その1人。当日、取材ルームで合流すると、緊張した面持ちで企画書とご自身のメモを熱心に見比べていました。その姿があまりにもかわいらしく、「せっかく書いてきてくださったので、メモも見せていただいてよろしいですか?」と聞くと、はにかみながら手渡してくれた記憶がいまでも残っています。

 別案件で旦那様の生田斗真さんにも取材しましたが、清野さんに負けず劣らず誠実な方でした。「夫婦は合わせ鏡」という言葉がありますが、生田さんと清野さんは、「他者に誠実であること」という価値観が一致したのかもしれません。「夫婦関係は修行」という言葉もあり、正反対の気質同士が婚姻するケースも珍しくありませんが、個人的に京香さんと敦さんは「誠実」というワードでつながったような気がします。

大人婚の動機は「シンプル」でもいい

結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない(写真:iStock)
結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない (写真:iStock)

 お2人は価値観の一致で自然と惹かれ合い、都内に住む京香さんが敦さんの住む長野県東部へ通い、デートを重ねました。京香さんは3度目のデートで、「敦さんと結婚したい」と思ったそうです。

「敦さんがつくってくれた、お好み焼きがものすごくおいしかったんです。2人とも関西人で、世の中で一番好きな食べ物がお好み焼き。一番好きな食べ物をつくってくれて、それがすごくおいしいというだけで『この人だ!』と思いました。胃袋をつかまれたんです(笑)」

 お見合いで京香さんが希望した条件は、「動物OK」のみ1点。そして、世界で一番好きな食べ物であるお好み焼きをつくるのが上手だったので、敦さんと結婚したいと思いました。

 理由が非常にシンプルです。

 ですが京香さんの話を聞いていると、年齢を問わず「結婚の動機は単純でいいのかもしれない」と思いました。初恋の頃に感じた、「この人、素敵!」と、心の底から思えればいいのかな、と。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ