美人じゃなくてもモテる! 魅力的な女性に見える簡単な方法

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。美人なのにイマイチ男性からモテない女性がいます。写真で見ると綺麗な人なのに、実際に会うとイマイチどこか魅力に欠けている。顔面偏差値は高いはずなのに、「多分モテないだろう」と女性の筆者でも思ってしまう時ってあります。その逆に、付き合っていくにつれて、とてもセクシーで魅力的に見えてくる女子とは何が違うのか分析してきたいと思います。

笑顔がおブスな女性

キメ顔持ってる?(写真:iStock)
キメ顔持ってる? (写真:iStock)

 可愛いはずのその笑顔が、とてもおブスな女性は少なくありません。リラックスしていて楽しいから笑顔が出るのでしょうけれど、ここはひとつ自分の動画を撮ってみて、自然体の自分をぜひチェツクしてみてください。

 ずいぶん昔、あまり売れていない元ミス受賞者の女優さんとお会いした時のことです。色白で顔立ちはパーフェクト。ただ黙って座っているだけで目立つ美女。しかし笑った時の表情がおブスだったのがとても残念でなりませんでした。

 口をOの字に前に突き出して大きく開け、眉をひそめて肩をすくませ(鏡を見て一度やってみてください)、うぉっほほーと声を出されて楽しそうでしたが、正直なところ、親でもマネジャーでも誰か言うたれ!と気の毒になった記憶があります。

 お芝居をする時は素敵な笑顔を作れるので、やればできるはずですが自然体の自分の笑顔がそんなだとは夢にも思っていなかったことでしょう。

 彼女はもう芸能界にはいませんが、もしかしてその笑顔が原因の一つだったかもしれません。とてももったいない話です。

 愛されキレイ女子を目指すなら、ぜひ可愛いキメ顔をいくつか習得しておきましょう。ちなみに、筆者は亡き母から「眉間にしわを寄せて話すな!めちゃブスや!」とよく叱られました。いまだ直らずなので、これを機に改善したいと思います。

顔のパーツで力を入れるべき大切な眉毛

プロの手で眉毛のお手入れを(写真:iStock)
プロの手で眉毛のお手入れを (写真:iStock)

 韓国では男性も良く通っているらしい、アイブロウバー(眉毛サロン)。日本でも徐々に定着した感はあります。そして一度お手入れしてもらった人は、思った以上にあか抜ける自分が嬉しくて定期的に通っています。予約が取りづらいのが難点だという人気ぶりです。

 つい先日、あのゲジゲジ眉毛がトレードマークだったタレントの井上咲楽さんが、太眉を卒業するというテレビの変身企画がありました。その結果、眉毛一つで驚くほど美人になりました。眉がゲジゲジだったので、これまで元の美貌が全くと言っていいほど、かき消されていたのです。

 常連の相談者さんがなんだか綺麗になったなあ~と感じて聞いてみると、眉毛をプロにお願いしたと。それくらい女子力は確実に上がります。良いことはすぐに実行される相談者さんが、初めてサロンに行って眉のお手入れをした後に4年ぶりに恋人ができたと喜んでいました。

「私、おブスじゃないけど美人とも言えないのよね~」と感じる方は眉毛を見直してみるのはいかがですか。

気持ちはモデル気分~歩き方の改善

颯爽と歩く女性はカッコいい!(写真:iStock)
颯爽と歩く女性はカッコいい! (写真:iStock)

 最近はYouTubeなどでお化粧はもちろん、何だって手軽に勉強できるようになりました。

 歩き方教室なるものもたくさん存在しています。果たして自分はどのように歩いているか。一人では動画は撮りにくいかもしれませんが、自分のことですから気になりますよね。

 人間ウォッチングをしている筆者は、がに股女さん、背中丸める前かがみ女さん、足をまげてガクガク歩く女さんなどをよく見かけます。

 外国に住む日本人の友人が帰国した際に「日本人の女の子可愛いのに歩き方ひどすぎっ!」と残念がるほどです。

 歩き方がイマイチなら、女っぷりもイマイチになります。歩き方とは歩くという仕草です。仕草一つで素敵に見えるか見えないかが大きく変わります。

 自己分析ができているある女優さんは見せ方が上手なので、皆さんもこう思ったことがあるはずです。「この女優さん、顔立ちは特にいいわけじゃないけれど雰囲気いいんだよな~」。

 きっと客観的な研究をし尽くしているはずです。その逆のゲジ眉毛を卒業したタレントの井上咲楽さん。すごく可愛くなって素敵なのですが、仕草がゲジ眉毛の時のままで変化がありません。

 きょどる系なので女性受けはいいと思いますが、見た目の素敵さと仕草のギャップがよくありません。歩き方もバタバタしていてもったいない。 

 歩き方の動画を見てぜひお勉強してくださいね。颯爽と歩く姿は素敵なデキる女性のイメージです。

まとめ

上品な仕草から身につけよう(写真:iStock)
上品な仕草から身につけよう (写真:iStock)

 プチ整形やリアルに整形手術をしている人も多いですが、私はあまりきれいだと思ったことがありません。

 確かに顔立ちやパーツはとても整っていますが、何かが足りないのです。

 顔の造作のみ完璧に仕上げても本当の“美”は作られません。必ず成果の上がる簡単なことを、まずは実行してみませんか。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...