女がリードすべき?年下イケメン彼氏を開拓して分かったこと

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-02-02 12:22
投稿日:2021-02-02 06:00
 まだ学生や社会に出たばかりの女性にとって、年上の男性は社会経験豊富で自分の知らない世界を知っているため、素敵に映る存在です。だからこそ恋にも落ちやすく、「付き合う男性は年上ばかり」という若い女性も多いと思います。そんな中、超がつくほどのイケメンの年下男子に告白されたら……あなたならどうしますか?
 今回は年上男性との恋愛に慣れていた女性が陥った、年下イケメン男子とのザンネンな恋の行方について、追っていきたいと思います。

曖昧な大人の交際に疲れて

曖昧な関係に疲れた…(写真:iStock)
曖昧な関係に疲れた… (写真:iStock)

 今まで年上の男性とばかり付き合ってきたという、社会人2年目の里美(仮名・24歳)は最近、恋に疲れていました。学生時代までは「付き合おう」「うん!」という交際の約束をして、正式に「彼氏」「彼女」という関係が生まれていたのに対し、社会人になってからの大人同士の恋愛は“交際”の定義が曖昧で、「付き合おう」という言葉がないままにデートをしたり、ズルズルと体の関係を持ったりして「私たちの関係って、一体何なの?」と白黒はっきりしないケースが増えてきていたからです。

「次は、れっきとした“彼氏”が欲しいな」

 そう思った里美は、思いきってマッチングアプリを初めてダウンロードし、純粋な出会いを探し始めることに。

 基本的には今住んでいる都内から行きやすいエリアで相手を探していましたが、色々な男性を見ていくうちに、地元であるA町に住む男性がヒット! A町は自宅から電車で45分くらいにある郊外ですが、地元なので愛着もあり、なんとなく興味が湧いてきたのです。

 A町でヒットする男性陣を見ていく中で、ひときわ顔がイケメンな男の子がいました。和弥くん(仮名)という22歳の大学生です。プロフィール欄には「今まで女性と付き合ったことがない」と書いてありましたが、松本潤のようなアイドル級の顔面をしておいて、それはないだろうと思っていました。

 さぞかしモテる人なんだろうなと思い、里美は和弥くんにイイネだけして他の男性を見ていると、すぐさま和弥くんからイイネ返しとメッセージが飛んできたのです。

「素敵ですね、年上の女性が好きです。会ってみたい」とメッセージが来て、その後のやりとりもスムーズに進み、一度会ってみることになりました。

待ち合わせ場所にいたのは、ひときわ目立つ彼!

超イケメンだった!(写真:iStock)
超イケメンだった! (写真:iStock)

 久しぶりに地元であるA町に降り立った里美は、この駅前でかつて高校生の時に好きだった男子と待ち合わせしてデートしたことなど、懐かしい青春時代の思い出が頭をよぎりました。「あの頃は純粋だったなぁ……」としばし思いにふけっていると、

「里美さん、ですか?」と駆け寄ってきた男性、和弥くんです。

 180cmはある細身の長身で、松潤のようなキラキラした端正な顔立ちに、小顔。

 もはやここに存在しているだけで目立っており、和弥くんが駆け寄ってきた時、周りの女性は全員こちらを見ていました。

「え? あのイケメンが待ち合わせしてたのは、この女?」と思われているであろう視線が、少々痛いと思ったほどに里美も注目されていたそうです。

 二人は合流してカフェに入り、お互いの人となりを話して、次第に打ち解けていきました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「あえて“おバカ”を装って…」妻候補をふるいにかける婚活男
「冷酷と激情のあいだvol.104〜女性編〜」では、友人の紹介で知り合った男性・マコトさん(仮名)が、天気や下ネタなどい...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
「下ネタと天気の話しかしない」ハイスぺ男に落胆した婚活女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
パートナーから愛され続ける女性たちの“たった一つ”の共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。モテ女になるためのノウハウはSNSの普及により、いつでもどこでも学べる世の中...
山崎世美子 2022-08-20 06:00 ラブ
貝殻のように閉じないで~ 大好きな彼氏の心を開く4つのコツ
 せっかく好きになった彼氏とお付き合いをするなら、お互いに心を開いて自然体でいられる関係に憧れますよね。しかし、恋愛の相...
恋バナ調査隊 2022-08-20 06:00 ラブ
離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ