それでも想いを伝えたい!緊急事態中のバレンタイン対策3つ

内藤みか 作家
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 片思いの彼にチョコを手渡したい。彼は受け取ってくれるかな、そんなドキドキと共にあるバレンタインデー。けれど今年のバレンタインはいつもと違います。緊急事態宣言が各地で発令され、彼と会えない状態の女性たちはどうやってチョコを渡そうとしているのでしょうか。

手渡しや待ち伏せができないかも

今年のバレンタイン、どうする?(写真:iStock)
今年のバレンタイン、どうする? (写真:iStock)

 世界中で新型コロナウイルスが流行し、不要不急の外出は自粛気味の今日この頃。バレンタインは女性にとって必要緊急なもの。年に1度のこのチャンスに彼にこの想いを伝えたいと意気込む片思い中の女性も大勢いることでしょう。

 例年なら、帰社しようとする彼をつかまえてさりげなくチョコを手渡すこともできたはずですが、今年はリモートワークが続いているため、彼と会社で顔をあわせることもできないという悲鳴があちこちから聞こえてきます。

手渡ししても、いやがられない?

 会社だけでなく、習い事やスポーツジムやバーなどで知り合った男性にチョコを渡したい、と狙っている女性も、施設やお店が早く閉店してしまったりで、うまくタイミングを合わせづらくなっています。また、ウイルスが流行している状況なので、潔癖できれい好きの彼の場合、チョコを手渡ししていやがられないだろうかと心配になるようです。

 片思いの女性だけでなく、交際中のカップルであっても、遠距離交際の場合、移動を控えるよう言われる時期でバレンタインデーを迎えた場合、会うのがかなり難しくなる可能性があります。早々に今年のバレンタインをリモートデートに切り替えたカップルもいます。

できる人は郵送作戦

郵送で送るという手も(写真:iStock)
郵送で送るという手も (写真:iStock)

 バレンタインデーに会えないので、彼にチョコレートを郵送するという人がいます。彼の自宅の住所を知っているのなら、郵送するのもいいでしょう。

 けれど会社の住所しか知らないという場合、ラッピングには気を配る必要があります。彼が会社で受け取った時に目立って恥ずかしい思いをしないよう、シックな包みや箱に入れるのが大人の女性の気配りかもしれません。

手軽なデジタルプレゼント作戦

オンラインでプレゼントを贈ろう(写真:iStock)
オンラインでプレゼントを贈ろう (写真:iStock)

 住所がわからないけれどメールアドレスやLINEは知っているという女性は、オンラインギフトを贈るといいでしょう。やり方は簡単です。チョコレートの代金をオンラインで支払い、そのクーポンコードを彼に送信するだけなのです。受け取った彼がお店に行ってそのコードを見せると、チョコレートと引き換えることができるのです。

 また、LINEではトーク画面の文字入力画面の左にある「+」マークをクリックし、その次にプレゼントマークをクリックすれば、チョコやその他にも様々なデジタルプレゼントが並んでいる画面が現れるはずです。プレゼントを購入し、引換券を彼のLINEに転送すれば、彼はそこに自分の住所を入力し、自宅で受け取ることができるのです。

いっそホワイトデー作戦

プレゼント交換はいかが?(写真:iStock)
プレゼント交換はいかが? (写真:iStock)

 感染者がまだ多いからと外出を控えている女性のなかには「いっそバレンタインを1カ月延期して、3月のホワイトデーにお互いにプレゼントを渡し合おう」と考えている人もいます。

 暖かくなり、感染症が落ち着き安全に出歩ける世界が戻ってきたら、その時にゆっくりと彼とのデートを楽しめばいいのです。しかもクリスマスのようにプレゼント交換になるので盛り上がるはず。

 このようになんとかして彼に想いを伝えようと工夫を凝らす女性たちがいます。今年はこのような状況なので、男性側もあまりチョコをもらえないかもとあきらめ気味。だからこそ、わざわざ届けられたチョコに彼は喜んでくれるはず。

 とはいえ、片思いの場合は、プレゼントの贈り方に慎重になったほうがいいでしょう。彼から教えてもらったわけではないのなら、彼の住所にチョコを贈るのは控えたほうがいいですし、まだそれほど親しくない間柄なのに、高額のプレゼントが届いたら驚かれてしまうかもしれません。彼に負担がかからない贈り方をケースバイケースで考えていくことが必要です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...