それでも想いを伝えたい!緊急事態中のバレンタイン対策3つ

内藤みか 作家
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 片思いの彼にチョコを手渡したい。彼は受け取ってくれるかな、そんなドキドキと共にあるバレンタインデー。けれど今年のバレンタインはいつもと違います。緊急事態宣言が各地で発令され、彼と会えない状態の女性たちはどうやってチョコを渡そうとしているのでしょうか。

手渡しや待ち伏せができないかも

今年のバレンタイン、どうする?(写真:iStock)
今年のバレンタイン、どうする? (写真:iStock)

 世界中で新型コロナウイルスが流行し、不要不急の外出は自粛気味の今日この頃。バレンタインは女性にとって必要緊急なもの。年に1度のこのチャンスに彼にこの想いを伝えたいと意気込む片思い中の女性も大勢いることでしょう。

 例年なら、帰社しようとする彼をつかまえてさりげなくチョコを手渡すこともできたはずですが、今年はリモートワークが続いているため、彼と会社で顔をあわせることもできないという悲鳴があちこちから聞こえてきます。

手渡ししても、いやがられない?

 会社だけでなく、習い事やスポーツジムやバーなどで知り合った男性にチョコを渡したい、と狙っている女性も、施設やお店が早く閉店してしまったりで、うまくタイミングを合わせづらくなっています。また、ウイルスが流行している状況なので、潔癖できれい好きの彼の場合、チョコを手渡ししていやがられないだろうかと心配になるようです。

 片思いの女性だけでなく、交際中のカップルであっても、遠距離交際の場合、移動を控えるよう言われる時期でバレンタインデーを迎えた場合、会うのがかなり難しくなる可能性があります。早々に今年のバレンタインをリモートデートに切り替えたカップルもいます。

できる人は郵送作戦

郵送で送るという手も(写真:iStock)
郵送で送るという手も (写真:iStock)

 バレンタインデーに会えないので、彼にチョコレートを郵送するという人がいます。彼の自宅の住所を知っているのなら、郵送するのもいいでしょう。

 けれど会社の住所しか知らないという場合、ラッピングには気を配る必要があります。彼が会社で受け取った時に目立って恥ずかしい思いをしないよう、シックな包みや箱に入れるのが大人の女性の気配りかもしれません。

手軽なデジタルプレゼント作戦

オンラインでプレゼントを贈ろう(写真:iStock)
オンラインでプレゼントを贈ろう (写真:iStock)

 住所がわからないけれどメールアドレスやLINEは知っているという女性は、オンラインギフトを贈るといいでしょう。やり方は簡単です。チョコレートの代金をオンラインで支払い、そのクーポンコードを彼に送信するだけなのです。受け取った彼がお店に行ってそのコードを見せると、チョコレートと引き換えることができるのです。

 また、LINEではトーク画面の文字入力画面の左にある「+」マークをクリックし、その次にプレゼントマークをクリックすれば、チョコやその他にも様々なデジタルプレゼントが並んでいる画面が現れるはずです。プレゼントを購入し、引換券を彼のLINEに転送すれば、彼はそこに自分の住所を入力し、自宅で受け取ることができるのです。

いっそホワイトデー作戦

プレゼント交換はいかが?(写真:iStock)
プレゼント交換はいかが? (写真:iStock)

 感染者がまだ多いからと外出を控えている女性のなかには「いっそバレンタインを1カ月延期して、3月のホワイトデーにお互いにプレゼントを渡し合おう」と考えている人もいます。

 暖かくなり、感染症が落ち着き安全に出歩ける世界が戻ってきたら、その時にゆっくりと彼とのデートを楽しめばいいのです。しかもクリスマスのようにプレゼント交換になるので盛り上がるはず。

 このようになんとかして彼に想いを伝えようと工夫を凝らす女性たちがいます。今年はこのような状況なので、男性側もあまりチョコをもらえないかもとあきらめ気味。だからこそ、わざわざ届けられたチョコに彼は喜んでくれるはず。

 とはいえ、片思いの場合は、プレゼントの贈り方に慎重になったほうがいいでしょう。彼から教えてもらったわけではないのなら、彼の住所にチョコを贈るのは控えたほうがいいですし、まだそれほど親しくない間柄なのに、高額のプレゼントが届いたら驚かれてしまうかもしれません。彼に負担がかからない贈り方をケースバイケースで考えていくことが必要です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ