それでも想いを伝えたい!緊急事態中のバレンタイン対策3つ

内藤みか 作家
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 片思いの彼にチョコを手渡したい。彼は受け取ってくれるかな、そんなドキドキと共にあるバレンタインデー。けれど今年のバレンタインはいつもと違います。緊急事態宣言が各地で発令され、彼と会えない状態の女性たちはどうやってチョコを渡そうとしているのでしょうか。

手渡しや待ち伏せができないかも

今年のバレンタイン、どうする?(写真:iStock)
今年のバレンタイン、どうする? (写真:iStock)

 世界中で新型コロナウイルスが流行し、不要不急の外出は自粛気味の今日この頃。バレンタインは女性にとって必要緊急なもの。年に1度のこのチャンスに彼にこの想いを伝えたいと意気込む片思い中の女性も大勢いることでしょう。

 例年なら、帰社しようとする彼をつかまえてさりげなくチョコを手渡すこともできたはずですが、今年はリモートワークが続いているため、彼と会社で顔をあわせることもできないという悲鳴があちこちから聞こえてきます。

手渡ししても、いやがられない?

 会社だけでなく、習い事やスポーツジムやバーなどで知り合った男性にチョコを渡したい、と狙っている女性も、施設やお店が早く閉店してしまったりで、うまくタイミングを合わせづらくなっています。また、ウイルスが流行している状況なので、潔癖できれい好きの彼の場合、チョコを手渡ししていやがられないだろうかと心配になるようです。

 片思いの女性だけでなく、交際中のカップルであっても、遠距離交際の場合、移動を控えるよう言われる時期でバレンタインデーを迎えた場合、会うのがかなり難しくなる可能性があります。早々に今年のバレンタインをリモートデートに切り替えたカップルもいます。

できる人は郵送作戦

郵送で送るという手も(写真:iStock)
郵送で送るという手も (写真:iStock)

 バレンタインデーに会えないので、彼にチョコレートを郵送するという人がいます。彼の自宅の住所を知っているのなら、郵送するのもいいでしょう。

 けれど会社の住所しか知らないという場合、ラッピングには気を配る必要があります。彼が会社で受け取った時に目立って恥ずかしい思いをしないよう、シックな包みや箱に入れるのが大人の女性の気配りかもしれません。

手軽なデジタルプレゼント作戦

オンラインでプレゼントを贈ろう(写真:iStock)
オンラインでプレゼントを贈ろう (写真:iStock)

 住所がわからないけれどメールアドレスやLINEは知っているという女性は、オンラインギフトを贈るといいでしょう。やり方は簡単です。チョコレートの代金をオンラインで支払い、そのクーポンコードを彼に送信するだけなのです。受け取った彼がお店に行ってそのコードを見せると、チョコレートと引き換えることができるのです。

 また、LINEではトーク画面の文字入力画面の左にある「+」マークをクリックし、その次にプレゼントマークをクリックすれば、チョコやその他にも様々なデジタルプレゼントが並んでいる画面が現れるはずです。プレゼントを購入し、引換券を彼のLINEに転送すれば、彼はそこに自分の住所を入力し、自宅で受け取ることができるのです。

いっそホワイトデー作戦

プレゼント交換はいかが?(写真:iStock)
プレゼント交換はいかが? (写真:iStock)

 感染者がまだ多いからと外出を控えている女性のなかには「いっそバレンタインを1カ月延期して、3月のホワイトデーにお互いにプレゼントを渡し合おう」と考えている人もいます。

 暖かくなり、感染症が落ち着き安全に出歩ける世界が戻ってきたら、その時にゆっくりと彼とのデートを楽しめばいいのです。しかもクリスマスのようにプレゼント交換になるので盛り上がるはず。

 このようになんとかして彼に想いを伝えようと工夫を凝らす女性たちがいます。今年はこのような状況なので、男性側もあまりチョコをもらえないかもとあきらめ気味。だからこそ、わざわざ届けられたチョコに彼は喜んでくれるはず。

 とはいえ、片思いの場合は、プレゼントの贈り方に慎重になったほうがいいでしょう。彼から教えてもらったわけではないのなら、彼の住所にチョコを贈るのは控えたほうがいいですし、まだそれほど親しくない間柄なのに、高額のプレゼントが届いたら驚かれてしまうかもしれません。彼に負担がかからない贈り方をケースバイケースで考えていくことが必要です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ