自己中な女性に見られる6つの特徴&うまく付き合う方法

コクハク編集部
更新日:2021-04-27 06:13
投稿日:2021-04-27 06:00
 職場や取引先に自己中な女性がいると、仕事がしにくいもの。その場の雰囲気が壊れてしまうこともあります。そのたびに、「どうして、周りが迷惑していることに気づかないのだろう?」と、不思議に思っている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、自己中な女性の特徴や、うまく付き合う方法をご紹介します。

自己中な女性に見られる6つの特徴

自己中女子に気をつけて(写真:iStock)
自己中女子に気をつけて (写真:iStock)

 人の性格はそれぞれ異なるものですが、中には人を不快にさせても気づかない、自己中の人もいます。では、自己中の女性にはどんな特徴があるのかチェックしてみましょう。

1. 自分の思い通りにならないと気が済まない

 自己中な女性は、わがままな人が多い傾向にあります。物事が自分の思い通りにならないと、気が済みません。何事も自分中心に考えているため、周りからすれば「どうしてそんなことするの?」と思うようなことでも、平気で押し通そうとします。

2. 感情の起伏が激しく、すぐに態度に出る

 女性は喜怒哀楽がはっきりしている人が多いですが、怒りや哀しみといったマイナスの感情は社会人として表に出さないのがマナーです。

 しかし、自己中な人はそれを隠すことができません。嫌なことがあれば露骨に態度に出し、相手を傷つけるような言葉も平気で投げつけます。それゆえに、敵も増えることになるでしょう。

3. 時間にルーズ

 自己中な女性は何事も自分中心に考えて行動するため、時間にルーズな人が多いです。

 本人としては、「仕事が終わらなかったから」などの理由があるのですが、当然周りには通用しません。さらに、遅れてきても自分なりの理由があることから申し訳なさを感じないため、謝ることもしないでしょう。 

4. 友達が少ない

 人付き合いは、その人を映す鏡。自分が周りの人とどう接しているかが、人付き合いにも大きく影響してきます。

 自己中な女性は周りの気持ちや状況を考えずに行動しているため、「付き合いにくい」と思われて敬遠されがち。その結果、本当に困った時に親身になって助けてくれたり、支えてくれる友達は少ないでしょう。

5. 悪口が大好き

 自己中な女性は、何か嫌なことがあるとそれを口に出すのも特徴のひとつ。思い通りにならないと気が済まず、すぐに感情が外に出てしまいます。

「◯◯さんって、本当気が利かないよね」など、平気で人の悪口を言います。当然、それを聞いている周りの人は嫌な気持ちになりますが、その空気に気づくこともありません。

6. 「ありがとう」「ごめんね」を素直に言えない

 どんなに長い付き合いの友達でも、その都度気持ちを伝えることは大切。何かしてもらったら「ありがとう」と感謝を伝え、迷惑をかけたら「ごめんね」と謝るのが大人です。

 しかし、自己中な人は「自分が良ければ、それで良い」と思っているため、これができません。周りがどう思おうと、どう思われようと気にしないため、言葉にすることはありません。

面倒な自己中女性とうまく付き合う3つの方法

おだてながらマウンティングはスルーして(写真:iStock)
おだてながらマウンティングはスルーして (写真:iStock)

 自己中な女性がいると余計なトラブルを招いたり、場が乱れてしまうものです。そんな人との付き合い方に、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そんな時には、これからご紹介する方法を取り入れてみましょう。

1. 機嫌を損なわないようにおだてる

 自己中な女性は、基本的にプライドが高い人が多いです。万が一、プライドを傷つけるようなことをすれば、より機嫌を損ねてしまうことになるでしょう。

 そうならないためには、上手におだてながら付き合うことがポイントです。「こういうの得意だよね」と、おだてることで上機嫌になるはず。ただし、自己中な人はおだて過ぎると図に乗ってしまうため、下手(したて)には出ないこと! 「やっぱり私が一番」と自己中度がアップしてしまいますから、バランスが重要です。

2. 話はうまく聞き流す

 自己中な女性と話をしていると、「自慢話ばかりで疲れる」「マウンティングがすごい」と不快感を感じる人が多いでしょう。自己中な女性は自分が一番と思っていますから、会話の中でもその態度が出てしまいます。

 そんな時は真剣に話を聞かず、うまく聞き流すことが必要です。相槌を打っているだけで、相手は満足するでしょう。

3. 必要以上の関わりを持たない

「彼女と付き合うのは疲れる……」と思うのであれば、どんな関係であっても必要以上の関わりを持たないのが一番です。プライベートであれば、あなたからは連絡をしないこと。仕事上の付き合いであれば、仕事の話以外しなければ、割り切った付き合いができるはずです。

自己中女性とは距離をおくのが◎! 自分も気を付けよう

私は大丈夫…だよね?(写真:iStock)
私は大丈夫…だよね? (写真:iStock)

 人の性格は、育ってきた環境や周りの人間関係などに影響されるもの。性格が違うからこそ、人付き合いは楽しいものですが、人を不快にさせるような自己中な女性は別。彼女と接することで、「疲れる」「嫌な思いをする」と思うのであれば、無理に付き合わず、上手に距離をおきましょう。

 同時に、「人の振り見て我が振り直せ」じゃありませんが、あなた自身も人に同じような思いをさせていないか見直してみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...