"デート初回斬り"は損!53歳初婚男と夫婦になり分かったこと

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-02-16 06:14
投稿日:2021-02-16 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

初デート♡ でも、ソッコー帰りたくなった

「不器用な男は信頼できる」(C)コクハク
「不器用な男は信頼できる」 (C)コクハク

case7-3.藤森小夜子さん(仮名/48歳)

 神奈川県の湘南地域であるショップを経営している藤森小夜子さん(仮名/48歳)は、30歳のときに元旦那様と結婚。10年後の40歳で離婚。43歳で10歳年上の旦那様と再婚しました。お子さんはいません。お2人は、小夜子さんのブログに旦那様がアプローチしたことが発端で出会います。会うまでの1年間は、メールのやり取りのみ。そしてついに初デートへの運びとなりましたが、小夜子さんは「帰りたくなりました(笑)」と言います。その理由は。

芥川龍之介を妄想していたら中尾彬だった…

話を聞いてくれるパートナーが欲しかったんだ(写真:iStock)
話を聞いてくれるパートナーが欲しかったんだ (写真:iStock)

「私が想像していた見た目とは、かけ離れていたからです。顔写真をアップしていない夫が送ってくるメールの内容で私は、好きな作家である太宰治先生や、芥川龍之介先生のようなルックスを妄想していました。つねに小難しい顔をしていて、体型がスラリとしていて、素敵だけど面倒くさい男です。

 でも目の前に現れたのは、中尾彬さんに似たがっしり体型の、ロマンスグレーの夫でした。だけど『やっぱり帰ります』と言うのはあまりにも失礼なので、食事へ行ったんです。想像とは違いましたが、見た目がイヤではなかったので。年齢を重ねると人生が顔に刻まれると言われていますが、私の好みはイケメンかどうかではなく、品がある人。夫には品が感じられたんです」

 では、初デートではどんな話を?

「夫は自分が勤務している上場前の企業に関する話を延々としていました。私はただひたすら聞き役に徹しましたが、イヤではなかった。自分が知らないストックオプションなど、すごい世界の話を教えてもらえたからです。

 当時の夫は53歳で、私とは初婚です。接客業をして実感していますが、人は男女問わず、誰しも自分の話を聞いてほしいものです。独身生活が長かった夫は、親身に話を聞いてくれるパートナーがほしかったのではないでしょうか。その気持ちが伝わってきたので、私は話を聞き続けたんです」

 見た目が好みではなく、会話も一方的に相手が話し続ける。婚活アプリやお見合いなどの出会いでは、一般的にゴメンナサイをする女性が多い男性のような気がしますが。

男性はちょっとくらい不器用なほうがいい?

男性を“育てる”(写真:iStock)
男性を“育てる” (写真:iStock)

「私は結婚したい同年代の女友達には、“初回斬り”はもったいないと伝えています。彼女たちは、『初めての食事デートで相手が奥側の席に座った』、『道路で車道側を歩いてくれなかった』など、“見切り発車”でいとも簡単に縁を切ってしまうからです。彼らはエスコートし慣れていないだけ、方法を知らないだけなのに。

 私の夫も交際当初はレストランに入ると、必ず奥側か壁側の、座り心地がいい席を率先して陣取る人でした。でもあるレストランへ行ったときに、自分と同じポジションに座っているのが全員女性だと気づき、考えを改めてくれたようです。

 以降、私はほかの女性と同じ席に座らせてもらえるようになりました。長い目で見る意識を持てば、男性は育ってくれます。

 女性が40歳をすぎてから結婚しようと思ったら、見た目が万人受けして経済力もあり、一緒にいて楽しい人はすでに結婚している前提で婚活をしたほうがいいと思います。

 もしこの条件を満たしていたら女性にモテるから、結婚後に浮気するかもしれません。

 だからこそ私は、不器用な男性に育ってもらったほうがいいと思っています。今の夫は若い頃から仕事が猛烈に忙しくて意外と出会いがなく、女性との接し方を磨く時間がなかったのかもしれません。

 仕事が多忙なのはいまも変わらないので、浮気はしないし、できないと信頼できます」

「一緒にいて楽しい」という条件は捨てた

会話が盛り上がることはないけれど(写真:iStock)
会話が盛り上がることはないけれど (写真:iStock)

「男性は育つから“初回斬り”はもったいない」

「40歳をすぎてから結婚しようと思ったら、見た目が万人受けして経済力もあり、一緒にいて楽しい人はすでに結婚している前提で婚活をしたほうがいい」

「不器用な男性に育ってもらったほうがいい。不器用な男性のほうが信頼できる」

 結婚相談所を運営できそうなほどの、的を射るアドバイス。大人婚を望む女性が見落としがちであり、参考になるポイントではないでしょうか。

 小夜子さんは自身の信条に従い、「経済力」1点のみを優先しました。一方で、譲歩した部分もあるのではーー。

「私は、『一緒にいて楽しい』という条件を捨てました。正直、話があまり合わないので、食事へ行ってもお互いに淡々と食べるだけ。会話が盛り上がることはありません。楽しさを求めていないので、読む書籍や見たいテレビ番組の趣味が違っていてもいいんです。私の仕事に興味を持ってくれなくてもいい。

 出会った頃からいまも、基本的に私は夫の話の聞き役です。仕事も聞き役。こんなに自分のことを話すのは久しぶりです(笑)」

更年期障害を理解しようとしてくれる夫

私は幸せなんだ(写真:iStock)
私は幸せなんだ (写真:iStock)

 一見、経済力を優先したがために殺伐とした夫婦関係を送っている印象を受けますが、私生活を聞くと実態は異なりました。

「家事は私が担当していますが、夫は朝食を食べないので、つくるのは夕食のみ。かといって、夫はまったく家事をしないわけではありません。お一人様歴が長いので、ちょっとした家事や自分の部屋の掃除はしています。

 更年期障害特有の症状を夫に伝えたら即理解してくれたことも助かっています。私がここ数年、ホットフラッシュ(自律神経の調節がうまくいかず、急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなる)に悩まされていると打ち明けたら、書籍を買って勉強してくれたんです。

 症状自体はエクオールを飲み始めてから、少しずつ緩和されてきたのですが、こうしてお話ししてみて気づきました。夫は男性には理解しづらい更年期障害を受け入れてくれているうえに、経済的にもお世話をしてくれている。

 しかも私は、売り上げを気にせず好きな仕事が続けられる。とても幸せな状況にいるんですね。改めて思いました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ