壇蜜さんが語る“猫愛” 飼い猫スフィンクスとの馴れ初めと今

コクハク編集部
更新日:2021-04-09 06:00
投稿日:2021-04-09 06:00
 女優・文筆家・グラビアタレントなどマルチに活躍中の壇蜜さんは、「猫大好き芸能人」としても知られています。一緒に暮らしているのは、つるんとした外見とユーモラスな性格が愛くるしい猫種スフィンクス。愛猫ちゃんとの馴れ初めから、日々の暮らしまで、溢れる“猫愛”を壇蜜さんに語ってもらいました。

猫が寝相まで指導してくれた

スフィンクスの久石(クインシー)/本人提供
スフィンクスの久石(クインシー) /本人提供

 私と一緒に暮らしている猫はスフィンクスの久石(クインシー)。ジャズミュージシャンのクインシー・ジョーンズから名前をいただきました。8歳になりますから、もう熟女の部類でしょうか。

 スフィンクスは毛のない猫として知られていますがとても珍しい種で、なかなかお目にかかることはできません。私はお台場の猫博覧会で初めてスフィンクスを実際に見て、なんと抱っこまでさせていただきました。薄い被毛が、実家にいるロシアンブルーとはまったく違っていてうっとりしました。

 そんなスフィンクスが、まさか板橋のペットショップにいるとは思いませんでした。高額ではありましたが、ここで出合ったのもご縁だと思い、うちに迎えることにしました。

 彼女は物おじせず社交的で、とても飼いやすい猫です。スフィンクスの飼育は手がかかるとも思われていますけれど、特別なことは必要なく、丈夫な猫です。

 久石はいつもちょこんと行儀よく座っていることが多く、だらけているところはほとんど見かけません。私のほうはダラダラするのが好きなので、ちょっと申し訳なく思います。

 寝るときも同じです。私は寝相が悪く、前科もあります。昔、寝相が悪くて猫をはじいて押し出し、猫も私も流血した経験があります。でも、久石がやって来てからはずいぶん状況が変わりました。彼女は私の枕元や足元などで寝るので、無意識に「ここに猫がいるから動かない」という感覚が養われたように思います。猫が私の寝相まで指導してくれたようです。

猫との生活が自分の自信にもなる

 久石はまた、飼い主の気持ちをわかる能力に長けています。時々私が家で仕事に追われていると、邪魔をすることもなく清野さん(編集部注:夫の清野とおるさん)の足元で寝ています。

「しょうがないと思ってるんだね」と清野さんは苦笑いしています。聞き分けのよい猫です。母は久石のことを「猫ができている」と言います。飼い主として誇らしいです。

 コロナ禍で猫と一緒の時間が長くなりましたが、「爪が伸びるの、こんなに早かったっけ?」と思いました。爪とぎはストレス発散のためにすることが多いですよね。

 私がステイホームしていて、ごはんを出したりトイレ掃除をしたり、何でもしてくれる人がずっとそばにいるから、ストレスがなく爪とぎをする必要がなかったのだと思います。とはいっても、自分が「その気分じゃない」というときは、私が声をかけても知らんぷりしています。心のシャッターを開けたり閉めたりするのを見て、私はそれを無条件に受け入れるだけです。

 手に負えない生き物の面倒をみて、ちょっとでもこちらを向いてくれたら、報われた気持ちになります。猫と一緒に生活できていることが、私の自信にもなっています。

▽壇蜜(だんみつ) 1980年、秋田県生まれ。タレント。東京の小中高大一貫女子校を卒業し、日本舞踊師範、調理師など数々の資格を取得。多彩な職種を経験後、29歳でグラビアデビュー。以後、テレビや映画などで幅広く活躍。著書に「三十路女は分が悪い」「壇蜜日記」など。夫は漫画家の清野とおる。

(日刊ゲンダイ臨時特別号「日刊ニャンダイ」記事を再編集)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...