壇蜜さんが語る“猫愛” 飼い猫スフィンクスとの馴れ初めと今

コクハク編集部
更新日:2021-04-09 06:00
投稿日:2021-04-09 06:00
 女優・文筆家・グラビアタレントなどマルチに活躍中の壇蜜さんは、「猫大好き芸能人」としても知られています。一緒に暮らしているのは、つるんとした外見とユーモラスな性格が愛くるしい猫種スフィンクス。愛猫ちゃんとの馴れ初めから、日々の暮らしまで、溢れる“猫愛”を壇蜜さんに語ってもらいました。

猫が寝相まで指導してくれた

スフィンクスの久石(クインシー)/本人提供
スフィンクスの久石(クインシー) /本人提供

 私と一緒に暮らしている猫はスフィンクスの久石(クインシー)。ジャズミュージシャンのクインシー・ジョーンズから名前をいただきました。8歳になりますから、もう熟女の部類でしょうか。

 スフィンクスは毛のない猫として知られていますがとても珍しい種で、なかなかお目にかかることはできません。私はお台場の猫博覧会で初めてスフィンクスを実際に見て、なんと抱っこまでさせていただきました。薄い被毛が、実家にいるロシアンブルーとはまったく違っていてうっとりしました。

 そんなスフィンクスが、まさか板橋のペットショップにいるとは思いませんでした。高額ではありましたが、ここで出合ったのもご縁だと思い、うちに迎えることにしました。

 彼女は物おじせず社交的で、とても飼いやすい猫です。スフィンクスの飼育は手がかかるとも思われていますけれど、特別なことは必要なく、丈夫な猫です。

 久石はいつもちょこんと行儀よく座っていることが多く、だらけているところはほとんど見かけません。私のほうはダラダラするのが好きなので、ちょっと申し訳なく思います。

 寝るときも同じです。私は寝相が悪く、前科もあります。昔、寝相が悪くて猫をはじいて押し出し、猫も私も流血した経験があります。でも、久石がやって来てからはずいぶん状況が変わりました。彼女は私の枕元や足元などで寝るので、無意識に「ここに猫がいるから動かない」という感覚が養われたように思います。猫が私の寝相まで指導してくれたようです。

猫との生活が自分の自信にもなる

 久石はまた、飼い主の気持ちをわかる能力に長けています。時々私が家で仕事に追われていると、邪魔をすることもなく清野さん(編集部注:夫の清野とおるさん)の足元で寝ています。

「しょうがないと思ってるんだね」と清野さんは苦笑いしています。聞き分けのよい猫です。母は久石のことを「猫ができている」と言います。飼い主として誇らしいです。

 コロナ禍で猫と一緒の時間が長くなりましたが、「爪が伸びるの、こんなに早かったっけ?」と思いました。爪とぎはストレス発散のためにすることが多いですよね。

 私がステイホームしていて、ごはんを出したりトイレ掃除をしたり、何でもしてくれる人がずっとそばにいるから、ストレスがなく爪とぎをする必要がなかったのだと思います。とはいっても、自分が「その気分じゃない」というときは、私が声をかけても知らんぷりしています。心のシャッターを開けたり閉めたりするのを見て、私はそれを無条件に受け入れるだけです。

 手に負えない生き物の面倒をみて、ちょっとでもこちらを向いてくれたら、報われた気持ちになります。猫と一緒に生活できていることが、私の自信にもなっています。

▽壇蜜(だんみつ) 1980年、秋田県生まれ。タレント。東京の小中高大一貫女子校を卒業し、日本舞踊師範、調理師など数々の資格を取得。多彩な職種を経験後、29歳でグラビアデビュー。以後、テレビや映画などで幅広く活躍。著書に「三十路女は分が悪い」「壇蜜日記」など。夫は漫画家の清野とおる。

(日刊ゲンダイ臨時特別号「日刊ニャンダイ」記事を再編集)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...