アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-16 06:13
投稿日:2021-02-16 06:00
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です。ここ数年は、ずっと「ナチュラルメイク」がスタンダードですので、メイクも「コテコテ」より「シンプル」なワザを使ったものが、女性のあいだで人気です。
 ところが、アラフォー女性には、この「シンプル」こそが「老け見え」や「ダサ見え」の原因になることも少なくないため、要注意なのです。時短美容家の並木まきが、アラフォー女性のシンプルメイクが、モテ市場においては危険である理由をお話します。

理由1. 目もとがぼやけて見える

なーんか地味なんだよな…(写真:iStock)
なーんか地味なんだよな… (写真:iStock)

 淡い発色のアイシャドウに、極細アイラインまたはノーアイラインなど、さりげない色気を誘うとされているシンプルメイクが、“清楚なモテ顔”を狙いやすいのは事実。しかしながら、実は「万人が使えるモテメイク」とは言いがたく、アラフォー世代ともなると、顔立ちによっては目もとの印象が弱すぎて、病的だったり生気がなかったりといった“非モテ顔”に見えがちです。

 男性が「綺麗だな」「美人だな」と感じる要素には、目力も挙げられます。目もとのインパクトが弱いせいで魅力的に映りにくいリスクを回避するならば、目のキワをインラインで締めるか、目尻だけアイシャドウを濃いめにするだけでも変わるでしょう。

理由2. 貧相に見える

ベースメイクに立体感を(写真:iStock)
ベースメイクに立体感を (写真:iStock)

 アラフォー世代の肌は、どんなに丁寧にお手入れしていても、若いころと比べれば「透明感不足」や「黄ぐすみ」が目立ちやすいのも現実です。 

 そのため、ノーファンデーションや極薄づきでカバー力に欠ける“シンプルすぎる肌メイク”だと、このぼやっとした肌の印象が否めず、男性目線では「生活感が強すぎる」「貧相だな」などネガティブな感想を抱きやすいのです。

 コテコテにカバーした陶器風の肌感は時代遅れながら、カバーすべき箇所がきちんとフォローできていない肌も危険。今は、ベースメイクも「ナチュラル」が主流ですが、アラフォー世代は、それだけだと透明感に欠ける「のっぺり顔」に見えてしまう人も少なくありません。

 ハイライトやローライトを取り入れて、立体感を加えるだけでも、印象はかなり変わるでしょう。

理由3. 恋愛に興味がなさそうに見える

「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも(写真:iStock)
「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも (写真:iStock)

 アラサー世代までは顔全体が内側から輝くようなフレッシュな魅力に溢れていた女性でも、アラフォーになれば、その勢いが多少なりとも弱まってしまうのが常です。個人差はあれども、こればかりは誰もが通る道と言っても過言ではありません。

 そして、内面からのツヤ感が全体的に失われがちなアラフォー世代が華やかさをそぎ落としたようなシンプルメイクを貫くと、男性からは「強そう」「すでに女を捨てていそう」など、恋愛に無関心そうな印象を強めてしまうことも。

 つまり、本人は「本気で婚活中!」のつもりでも、メイクのせいで女性らしさが欠けているように感じさせてしまう場合も少なくないのです。

 アラフォー世代は、若い頃より血色感が失われがち。チークやリップでは華のある色を加えるだけでも、幸福感とともに女性らしい印象を強められるでしょう。

まとめ

 シンプルなメイクは、時短でメイクが完了するうえに、女性のナチュラルな魅力を引き立てます。けれども、アラフォー世代特有の肌感やパーツの変化によって、せっかくの「シンプル」がアダとなることも。アラフォー世代がメイクでモテを考慮するならば、「シンプル」であっても、どこかに必ず「華やかさ」を加えるのがベストと心得てくださいね。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...