アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-16 06:13
投稿日:2021-02-16 06:00
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です。ここ数年は、ずっと「ナチュラルメイク」がスタンダードですので、メイクも「コテコテ」より「シンプル」なワザを使ったものが、女性のあいだで人気です。
 ところが、アラフォー女性には、この「シンプル」こそが「老け見え」や「ダサ見え」の原因になることも少なくないため、要注意なのです。時短美容家の並木まきが、アラフォー女性のシンプルメイクが、モテ市場においては危険である理由をお話します。

理由1. 目もとがぼやけて見える

なーんか地味なんだよな…(写真:iStock)
なーんか地味なんだよな… (写真:iStock)

 淡い発色のアイシャドウに、極細アイラインまたはノーアイラインなど、さりげない色気を誘うとされているシンプルメイクが、“清楚なモテ顔”を狙いやすいのは事実。しかしながら、実は「万人が使えるモテメイク」とは言いがたく、アラフォー世代ともなると、顔立ちによっては目もとの印象が弱すぎて、病的だったり生気がなかったりといった“非モテ顔”に見えがちです。

 男性が「綺麗だな」「美人だな」と感じる要素には、目力も挙げられます。目もとのインパクトが弱いせいで魅力的に映りにくいリスクを回避するならば、目のキワをインラインで締めるか、目尻だけアイシャドウを濃いめにするだけでも変わるでしょう。

理由2. 貧相に見える

ベースメイクに立体感を(写真:iStock)
ベースメイクに立体感を (写真:iStock)

 アラフォー世代の肌は、どんなに丁寧にお手入れしていても、若いころと比べれば「透明感不足」や「黄ぐすみ」が目立ちやすいのも現実です。 

 そのため、ノーファンデーションや極薄づきでカバー力に欠ける“シンプルすぎる肌メイク”だと、このぼやっとした肌の印象が否めず、男性目線では「生活感が強すぎる」「貧相だな」などネガティブな感想を抱きやすいのです。

 コテコテにカバーした陶器風の肌感は時代遅れながら、カバーすべき箇所がきちんとフォローできていない肌も危険。今は、ベースメイクも「ナチュラル」が主流ですが、アラフォー世代は、それだけだと透明感に欠ける「のっぺり顔」に見えてしまう人も少なくありません。

 ハイライトやローライトを取り入れて、立体感を加えるだけでも、印象はかなり変わるでしょう。

理由3. 恋愛に興味がなさそうに見える

「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも(写真:iStock)
「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも (写真:iStock)

 アラサー世代までは顔全体が内側から輝くようなフレッシュな魅力に溢れていた女性でも、アラフォーになれば、その勢いが多少なりとも弱まってしまうのが常です。個人差はあれども、こればかりは誰もが通る道と言っても過言ではありません。

 そして、内面からのツヤ感が全体的に失われがちなアラフォー世代が華やかさをそぎ落としたようなシンプルメイクを貫くと、男性からは「強そう」「すでに女を捨てていそう」など、恋愛に無関心そうな印象を強めてしまうことも。

 つまり、本人は「本気で婚活中!」のつもりでも、メイクのせいで女性らしさが欠けているように感じさせてしまう場合も少なくないのです。

 アラフォー世代は、若い頃より血色感が失われがち。チークやリップでは華のある色を加えるだけでも、幸福感とともに女性らしい印象を強められるでしょう。

まとめ

 シンプルなメイクは、時短でメイクが完了するうえに、女性のナチュラルな魅力を引き立てます。けれども、アラフォー世代特有の肌感やパーツの変化によって、せっかくの「シンプル」がアダとなることも。アラフォー世代がメイクでモテを考慮するならば、「シンプル」であっても、どこかに必ず「華やかさ」を加えるのがベストと心得てくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...