アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-16 06:13
投稿日:2021-02-16 06:00
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です。ここ数年は、ずっと「ナチュラルメイク」がスタンダードですので、メイクも「コテコテ」より「シンプル」なワザを使ったものが、女性のあいだで人気です。
 ところが、アラフォー女性には、この「シンプル」こそが「老け見え」や「ダサ見え」の原因になることも少なくないため、要注意なのです。時短美容家の並木まきが、アラフォー女性のシンプルメイクが、モテ市場においては危険である理由をお話します。

理由1. 目もとがぼやけて見える

なーんか地味なんだよな…(写真:iStock)
なーんか地味なんだよな… (写真:iStock)

 淡い発色のアイシャドウに、極細アイラインまたはノーアイラインなど、さりげない色気を誘うとされているシンプルメイクが、“清楚なモテ顔”を狙いやすいのは事実。しかしながら、実は「万人が使えるモテメイク」とは言いがたく、アラフォー世代ともなると、顔立ちによっては目もとの印象が弱すぎて、病的だったり生気がなかったりといった“非モテ顔”に見えがちです。

 男性が「綺麗だな」「美人だな」と感じる要素には、目力も挙げられます。目もとのインパクトが弱いせいで魅力的に映りにくいリスクを回避するならば、目のキワをインラインで締めるか、目尻だけアイシャドウを濃いめにするだけでも変わるでしょう。

理由2. 貧相に見える

ベースメイクに立体感を(写真:iStock)
ベースメイクに立体感を (写真:iStock)

 アラフォー世代の肌は、どんなに丁寧にお手入れしていても、若いころと比べれば「透明感不足」や「黄ぐすみ」が目立ちやすいのも現実です。 

 そのため、ノーファンデーションや極薄づきでカバー力に欠ける“シンプルすぎる肌メイク”だと、このぼやっとした肌の印象が否めず、男性目線では「生活感が強すぎる」「貧相だな」などネガティブな感想を抱きやすいのです。

 コテコテにカバーした陶器風の肌感は時代遅れながら、カバーすべき箇所がきちんとフォローできていない肌も危険。今は、ベースメイクも「ナチュラル」が主流ですが、アラフォー世代は、それだけだと透明感に欠ける「のっぺり顔」に見えてしまう人も少なくありません。

 ハイライトやローライトを取り入れて、立体感を加えるだけでも、印象はかなり変わるでしょう。

理由3. 恋愛に興味がなさそうに見える

「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも(写真:iStock)
「女を捨ててる」なんて思われちゃうかも (写真:iStock)

 アラサー世代までは顔全体が内側から輝くようなフレッシュな魅力に溢れていた女性でも、アラフォーになれば、その勢いが多少なりとも弱まってしまうのが常です。個人差はあれども、こればかりは誰もが通る道と言っても過言ではありません。

 そして、内面からのツヤ感が全体的に失われがちなアラフォー世代が華やかさをそぎ落としたようなシンプルメイクを貫くと、男性からは「強そう」「すでに女を捨てていそう」など、恋愛に無関心そうな印象を強めてしまうことも。

 つまり、本人は「本気で婚活中!」のつもりでも、メイクのせいで女性らしさが欠けているように感じさせてしまう場合も少なくないのです。

 アラフォー世代は、若い頃より血色感が失われがち。チークやリップでは華のある色を加えるだけでも、幸福感とともに女性らしい印象を強められるでしょう。

まとめ

 シンプルなメイクは、時短でメイクが完了するうえに、女性のナチュラルな魅力を引き立てます。けれども、アラフォー世代特有の肌感やパーツの変化によって、せっかくの「シンプル」がアダとなることも。アラフォー世代がメイクでモテを考慮するならば、「シンプル」であっても、どこかに必ず「華やかさ」を加えるのがベストと心得てくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...