すぐそばにある春の味覚を食べる! 2021.4.5(月)

コクハク編集部
更新日:2021-04-05 06:00
投稿日:2021-04-05 06:00
 春といえば、タケノコにソラマメ、ホタルイカやタラの芽……。イチゴや桜風味のスイーツも気になりますよね。でも実はすぐ身近に、とっておきの春の“味覚”があるんです。

祖父の好物だった「ノビル」

ノビルです(C)コクハク
ノビルです (C)コクハク

 我が家の“春の味覚”不動の1位は「ノビル」。日当たりのいい土手や草むら、なんなら自宅の植え込みにだって生えてます。

 幼いころ、野草好きだった祖父と一緒に、近くの野原に採りに行きました。朝露に濡れた葉っぱが足に当たってちくちくかゆかったのを覚えています。

 あれから40年近く……。天国のじいちゃん、あなたの孫はまだ嬉々としてノビルを採ってますよ。

見た目は雑草でも実は…

どこからどう見ても雑草(C)コクハク
どこからどう見ても雑草 (C)コクハク

 特徴は、シュッと尖りつつも柔らかくしなる細い緑色の葉っぱ。

 ええ、見た感じただの雑草ですよね。でもこの草の根元を丁寧に掘ると……。

大物をゲット!(C)コクハク
大物をゲット! (C)コクハク

 はい、発見。

 見て楽しむだけでなく、食べることもできるのですが(あくまで個人的な嗜好です)、その際は主に丸く膨らんだ部分(「鱗茎」というそうです)をいただきます。写真のものはかなりの大物。掘り当てたとき、思わずガッツポーズが出ました。桜の木の下で発見し、辺りに生えているノビルはやたらと発育がよかったです。葉っぱや花びらが天然の肥料になるのかな。

 ここでノビル採りにおける注意事項をひとつ。有毒のタマスダレです。葉っぱの形状は似ているのですが、ポイントは根っこの丸い部分。白色のノビルに対し、タマスダレは茶褐色をしています。他にもスイセンを誤食してしまうケースが……。くれぐれもお気を付けください。

ノビルに感じるエロス

そこはかとなく漂うエロス(C)コクハク
そこはかとなく漂うエロス (C)コクハク

 ノビルの下処理はとっても簡単。まずはよく洗って、葉っぱと髭みたいな細い根っこを切ります(大前提としてノビルを持って帰る際はよーく土を払ってから。私は台所を泥だらけにして夫にこっぴどく叱られました)。

 そして鱗茎の薄皮をつるんと剥いてあげれば、終了。

 さっきまで泥だらけの雑草だったのにいきなり食材の表情になります。なんという二面性。

 色白むっちりBODYがなまめかしいですね。細い葉っぱとのギャップもナイス。いわゆる“スレンダー巨乳”ってやつね。羨ましいぞ。

いただきます!

ノビル御膳で一杯(C)コクハク
ノビル御膳で一杯 (C)コクハク

 では早速いただいてみます。ひと言でいえば、ラッキョウとニンニクを足して2で割ったような味。エシャレットの風味をさらに尖らせたような、ツーンとした味わいが癖になります。あ、でも食べ過ぎるとちょっとお口の臭いが気になるかも(笑)。

 大きいものは、薄皮をむいて酢味噌をつけて。これが酒に合うんだわ。今宵の相棒は、ノビルの香りに負けない芋焼酎のロック。

 葉の部分はみじん切りにして納豆と和えたり、卵焼きに入れてもイケたりします。

 小さいものは、葉っぱと一緒に醤油漬けに。冷や奴に合うやつですね(笑い)。

(編集K)

関連キーワード

日めくりコクハク 新着一覧


ボサかわいい 2022.8.10(水)
 髪の毛はちょっとぱさっと、ぐちゃっとしているくらいが無造作でかわいいと思っていた時代がありました。アラフォーになって、...
街はまた静まっていくのか 2022.8.8(月)
 時短だったり、自粛だったり、飲食店や繁華街にとってはまだまだ受難が続く。  それでもひっそりと明かりを灯して、が...
ラジオと過去と未来と 2022.8.7(日)
 1955年。67年前のきょうは、ソニーからトランジスタラジオが発売された日。  当時、片手で持ち運べる小型ラジオ...
江ノ電の忙しい季節がきた 2022.8.5(金)
 写真のレトロ車両は開通95周年を記念して造られた10形。  ほかにも500形、300形、1000形、2000形、...
水浴びが好き♡ 2022.8.3(水)
 これだけ暑いと水浴びが気持ちいいよね~。  ところで、小鳥が水浴びをする理由はただ楽しいからじゃなくて、羽毛にた...
豊かで静かなる夜明け 2022.8.1(月)
 早起きのご褒美のような、ある朝の風景。  人々がよく知る道の僕だけしか知らない一面。  今のところ、誰にも...
運命の出会いは突然に… 2022.7.31(日)
 何十年も生きていると、「あれはもしかして運命になり得たかも?」って出会いがある。  だけど、気付いた瞬間に手を伸...
風の音が胸に沁みる 2022.7.29(金)
 目を閉じると風と波の音が胸に沁みて、身体が透明になったような不思議な感覚。  生物はどこで生まれて、どこに行くの...
誰かを受け入れる 2022.7.27(水)
 おんなじ枝にとまっていても、その姿勢は三者三様。  見ている方向も違えば、きっと考えていること違うはず。 ...
青色の中で過ごす日 2022.7.25(月)
 きょうは7月最後の月曜日。  クーラーの効いたオフィスで「海に行きたいな」とふと誰かが言った。    人もヨ...
気分が乗らない日をやり過ごす 2022.7.24(日)
 気分が乗らない日は、ちょっと無理してきりっと上を向いてみる。  そうすると「もう少しできるんじゃないかな」って思...
トンネルを抜けたら夏だった 2022.7.22(金)
 潮風の匂い、波の音、肌を焼くまぶしい太陽。  しばらくご無沙汰だったから今年こそは……。  しまい込んだ水...
ハンバーガーの日 2022.7.20(水)
 きょうは「ハンバーガーの日」だって。  大人になってからだいぶ経つけれど、大きな口を開けてかぶりつく瞬間は童心に...
青空に独りきり 2022.7.18(月)
 高みを目指してひたすら上っていく人は、きっと孤独とともにある。  後ろを振り返っても誰もいない感覚ってどんなだろ...
ボクらの星の色 2022.7.17(日)
 久しぶりに空を見上げて思い出した。地球は青と緑で構成されているという当たり前。  日常に追われて忘れそうになった...
母が呼ぶ声を思い出す 2022.7.15(金)
「そろそろ帰ろう」「やーだよ」  こんな夏がずっとずっと続くもんだと思っていたのに、気付いたら大人になっていた。 ...