家のシンボルツリーに…純白で美しい雪の枝「ユキヤナギ」

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-03-24 06:00
投稿日:2021-03-24 06:00

シンボルツリーに何を植えるべきか

春の庭先を彩るシンボルツリー (写真 Aribaba)
春の庭先を彩るシンボルツリー  (写真 Aribaba)

 仏教も神道も、どちらも代々総代を受け継ぐほど信心深い我が実家。一日三回必ずお仏壇に向かって「りん」をチンチン鳴らし、一心不乱に手を合わせていた祖父と父を見て育ったものの、末裔の兄とワタクシのおバカ兄妹は、今ではすっかりその真逆を行く手前勝手な人生を送っております。

 そんなワタクシの父の話で恐縮ではございますが……、彼の仕事の関係で、地元では有名ないわゆる“宗教家”の方と知り合いになったのでございます。

 凡人には見ることができない「あなたの知らない世界」に興味があったワタクシの父。なぜか、その宗教家は父と懇意にしてくださり、

「君の家には、昔埋められた井戸が三つあるのでなんとかせい!」

「君の本名は、子供たちが将来君を見捨てて出て行ってしまうから戒名せい!」

 など、我々の理解を超えた「ワタクシの実家にふりかかる災いの回避方法」について、事あるごとに父に教えてくださっていたよう。そして、ワタクシの父は言われるたびにあたふたしながら、トラブルシューティングをしておりました。

 そんなオモシロお告げの中でも、「家の入口にある木について」が秀逸。

「君の家の入口横にある禍々しい木が、幸せが入ってくるのを阻んでいる。」

 その宗教家は、なぜか遠隔で見える我がご先祖様が植えたシンボルツリーが禍々しいとおっしゃる……。父が速攻でその「妖木」をぶった斬ったことは言うまでもなく、「土俵入りの相撲取り」なみの塩と「華厳の滝」なみの酒で毎朝お清めをしておりました。

 事あるごとに思い出す、今は亡き父の「家族を守るための不思議なルーティンワーク」。滑稽だけど、「なんとか幸せにしてあげたい」という家族愛に溢れておりました。

シンボルツリーに何を植えるべきか

 時折、こんな案件で、猫店長「さぶ」率いる我が花屋にご来店なさる方がいらっしゃいます。

 花が咲くものはアリかナシか、実物か、流行や手入れの簡単さを重視するか、など、選ぶ条件は人それぞれ。

 大切なお家の外見の印象だけでなく「風水」といった観点からも、シンボルツリーの選択肢は一つでも多いほうが良いように思うワタクシでございます。

 そんなお悩みをお持ちのアナタに、一つのご提案としてお話させていただきたく存じます。

 今回は「しなやかに揺れる枝が穢を払う ユキヤナギ」の解説でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


12月6日~12月12日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
道のりは遠かったけど…"にゃんたま”君の熱烈歓迎に感激♡
 きょうは、初上陸の猫の島!  ……道のりは遠かった。  熊本空港からリムジンバスで熊本駅へ。「超快速あまく...
自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...