縛られるのが辛い…束縛彼氏の5つの特徴&困った時の対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-06 07:12
投稿日:2021-04-06 06:00
 付き合っている相手を束縛してしまうのは、「ほかの人に取られるのではないか」「本当に自分のことを愛しているのか」というような、不安からの感情が原因です。しかし、多少の嫉妬なら許せますが、彼氏からの束縛がひどくなると一緒にいることが辛くなってしまうことも。そこで今回は、束縛彼氏の特徴や困った時の対処法をご紹介していきたいと思います。

“束縛彼氏”の5つの特徴

 大好きな彼氏とは、できるだけストレスなく気楽な関係が理想的です。しかし、中には「愛情」が「束縛」に変化してしまう場合も。まずはじめに、そんな束縛彼氏の5つの特徴を見ていきましょう。付き合っている彼に当てはまる項目があるか、チェックしてみてくださいね。

1. 誰とどこに行くのか細かく確認してくる

 束縛彼氏は「友達と出かけてくるね」と言うと、誰とどこに出かけるのか、行動を細かく知りたがります。「誰が来るの?」「どこに行くの?」など、質問が多いのは、あなたの行動をすべて把握したいから。

 彼に報告せずに遊びに行くと、何も悪いことをしていなくても浮気を疑われてしまう場合も。しかし、細かく報告しても、彼の機嫌次第では「それって、行く必要ないじゃん」なんて言われてしまうこともあります。

2. アポなしで会いに来る

 アポなしで突然会いに来るのも、束縛彼氏の特徴のひとつです。大好きな彼が会いに来てくれるのは嬉しいですが、毎回アポなしでは疲れてしまいますよね。

 常識的に考えれば、連絡もせずに自宅に来るのはルール違反。しかし、束縛彼氏は相手のことよりも自分の気持ちを優先してしまう特徴があるので、いつも自分本位に行動してしまいます。ある意味、彼女の行動を抜き打ちチェックしていると言えるでしょう。

3. 彼女が楽しそうにしていると機嫌が悪くなる

 束縛彼氏は、彼女が自分以外の人と楽しそうにしている姿を見ると、男女関係なく嫉妬して、機嫌が悪くなる傾向があります。

 また、彼とのデート中に「こないだ友達と◯◯して、すごく楽しかった」と言っただけで、デートの雰囲気が悪くなってしまう可能性も。「自分と一緒にいる時が一番楽しいはず」という思いが強いので、ほかの人と楽しい時間を過ごしていることが許せないのでしょう。

4. ほかの男性と関わることを嫌がる

 束縛彼氏の最も典型的な特徴は、とにかく自分以外の男性と関わることを嫌がること。そもそも、このタイプの男性の頭には男女の友情など存在しないのです。

 そのため、たとえ幼少期からの幼馴染が相手であっても、関わることを嫌がります。束縛がひどい彼氏は、兄弟や従妹にまで嫉妬心を燃やしてしまう場合もあるそうですよ。

5. スマホをチェックしたがる

 LINEのトーク履歴や着信履歴などを細かくチェックしたがるのも、束縛彼氏にありがちな特徴です。スマホの中にはプライベートな情報がたくさん入っているので、いくら彼氏でも見られたくないと思うのは当然のこと。

 しかし、このタイプの男性は「やましいことがないなら見せられるはず」という考えを持っているので、断ると余計に「怪しい!」と思われてしまうこともあります。

束縛彼氏に困った時の4つの対処法

 女性にとって彼氏に愛されることは、とても幸せなことですが、束縛がひどすぎると精神的に疲弊してしまう可能性も。続いては、束縛彼氏に困った時の4つの対処法をご紹介します。

1. 彼の話をちゃんと聞いてあげる

 束縛男性は、彼女の気持ちが自分のほうに向いているのか心配で仕方がありません。自分に自信がない人が多いので、構ってもらえないとそれだけでたまらなく不安な気持ちになってしまうのです。

 束縛を予防するためにも、まずは彼の話をちゃんと聞いてあげる時間を作りましょう。彼の意見を否定せずにしっかり聞いてあげれば、きっと安心してくれるはずですよ。

2. 彼への愛情表現を忘れない

 冒頭でお伝えしたように、束縛のほとんどは「不安感情」が原因です。そのため、束縛彼氏には、日頃から言葉で愛情表現をしてあげることがとても大事なポイントになります。

「彼女が自分のことを愛してくれている」と実感できれば、不安も解消され、過度な束縛をすることは少なくなるでしょう。

3. マメに連絡してあげる

 安心させてあげることが、束縛彼氏にもっとも効果的な対処法。彼からのLINEにはできるだけ早く返信して、できるだけ自分からもマメに連絡をするように心がけましょう。とにかく、不安要素を取り除いてあげることを意識してみてくださいね。

4. 彼が不機嫌になるポイントを把握する

「飲みに出かけると不機嫌になる」「男友達と話すと怒る」など、彼が不機嫌になるポイントを把握することも大事です。彼がどんな時に不機嫌になるのかがわかれば、行動や言動に気をつけることもできるため、事前にトラブルを回避することができますよ。

束縛彼氏が出す“サイン”を見逃さないようにしよう

「束縛をするのは愛している証拠」だと言う人もいますが、過度な束縛には窮屈さを感じてしまいますよね。

 男性は女性に比べて言葉で気持ちを表現することが苦手ですが、不安に感じていることがある場合は、行動で何らかのサインを出しているはず。彼氏の行動をよく観察して、彼氏が出す「束縛サイン」を見逃さないようにしましょう!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ