束縛をする女性心理と対処法! やめるのは意外と簡単かも?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-10 06:00
投稿日:2019-08-10 06:00
 恋人ができると、ついつい束縛をしてしまう女性って多いと思います。束縛ってする方もすごく疲れるし、プラスにならないと分かっているのに、なぜしてしまうのでしょうか? そんな女性の束縛をする心理や対処法について、お伝えしていきます。

なぜか束縛をしてしまう……5つの女性心理!

好きすぎて行動を問い詰めてしまったり…(写真:iStock)
好きすぎて行動を問い詰めてしまったり… (写真:iStock)

 相手のことが好きすぎて、縛ってしまう。そんな「束縛」は恋愛において、大きな弊害になってしまいがち。まずは、なぜ束縛をしてしまうのか、女性心理をチェックしていきましょう。

1. 傷つきたくない

 人は誰しも傷つくのが怖いもの。でも、束縛する女性は、特にその不安が深いようです。

 以前、男性に裏切られた経験を持っていたり、両親が浮気による離婚をしていたりなど、過去にトラウマを持っている女性は、「裏切られたら?」「捨てられたら?」と、傷つくことを過度に恐れて束縛をしてしまうのです。

2. 自信がない

「相手が浮気したらどうしよう」という感情は、束縛する大きな理由になります。これは、深く考えると、自分に自信がない表れでもあるんです。

 たとえ相手が愛情を伝えてくれていたとしても、「私なんて」という卑屈な心が邪魔をして、気持ちを素直に受け取ることができない場合もあるでしょう。

3. 相手を信頼できない

 お付き合いをする男性によって束縛するかしないかが変わるという場合には、その男性自体に不信感を持っているということが考えられます。つまり、信頼できない相手だということですね。

 たとえば、自分と知り合ったきっかけが男性の浮気だった場合や、他にも、女遍歴が豊富、遊び人だったなど。相手の過去を知れば知るほど、「またやるのでは?」と不安になって束縛をしてしまいます。

4. 浮気願望がある

 実は、浮気をする人ほど束縛をしたがるという傾向にあるそう。これは「自分だって浮気をしたくなるんだから、相手もきっとするだろう」という心があるから。

 このケースでは根本的に「浮気をしない自分」に変えることから始めないと、なかなか束縛の呪縛から逃れられない場合があります。

5. 自分の思い通りにしたい

 自分の思い通りにならないと気が済まないという女性も、束縛へと走ってしまう場合があります。このタイプの女性は恋愛に限らず、全てのことにおいて「把握したい願望」が強いです。

 自分本位な考えを持ちがちなので、異性問わず交友関係を円滑に行えない場合も多いでしょう。一言で言うと「面倒な女性」である可能性も。

「束縛をやめたい」と感じた時がチャンス!4つの対処法!

自分に自信を持つこと!(写真:iStock)
自分に自信を持つこと! (写真:iStock)

 束縛をする時、初期の段階では「相手を好きだから嫌われたくない」と、自制心が働くことも多いです。でも、この段階で束縛をしたい自分を認めて改善しないと、エスカレートしてストーカー化してしまうケースもあるので注意が必要。

「自分が束縛をしているかも?」と感じた時がチャンス!束縛をやめるための対処法、見ていきましょう。

1. 自分に自信を持つために行動する

 束縛への一番の対処法、それは、自分に自信を持つこと!とはいえ、これってなかなか難しいことなのですが。

 ポイントとしては、相手目線の理想の女性ではなく、自分目線の理想の女性を目指すことが肝心。なぜなら、極論を言えば、相手が永遠に自分のそばにいるなんて分からないんですから。

 だからこそ、自分がなりたい姿を想像して理想に近づくべく努力をしてみましょう。努力で得たものは決して自分を裏切りませんし、得たものによる充実感から束縛心が少なくなることも。もしも、その恋が終わったとしても、経験から得たものでひと回りもふた回りも大きくなっているはずです。

2. 思いの丈を相手に話してみる

 束縛をやめるための特効薬があります。それは、相手が自分を好きでいてくれることを確信すること。これだけのことで、一瞬で束縛心が消えることもあるんです。

 自分を褒めてくれない男性や浮気性の男性といると不安に苛まれてしまいますが、もしかしたらあなたがそう思っているだけで、男性はきちんと愛してくれているのかもしれませんよ。

 思い切って、正直に「好きだから、心配して(束縛して)しまう」と打ち明けてみてはいかがでしょうか。それを「愛ゆえ」だと理解してくれず、ただ「重い」と思うような男性はこっちから願い下げ!あなたを理解して向き合ってくれる男性かどうかを、見極めるポイントになるかもしれません。

3. 「浮気」についての考えを変える

 大抵、束縛と絡んで起こるのが相手の浮気。もちろん、浮気なんてされないに越したことがないのですが。でも、どんなに素晴らしい女性が相手でも、浮気をする男性はいるのが世の常。

 でも、浮気をしない男性がパーフェクトなのかというと、そうとは一概に言えません。コクハクのライターのリタ・トーコさんも、「浮気しない男性なら誰でも良い? そこには意外な“落し穴”が」で書いていましたね。

「浮気」をされても、自分の価値が下がるわけではありません。でも、「束縛」は、自分の価値を下げることなのかも。「浮気をされたからどうなるの?」と、あらためて考えてみると、実は「考えても仕方がないこと!」と気づいて、束縛をやめるきっかけになるかもしれませんよ。

4. 見なくて良いものに首を突っ込まない

 束縛の始まりは、些細なことだったりします。SNSで彼が女性と一緒に写っている写真を見たからかもしれませんし、夜中に電話をかけた際に通話中だったからかもしれませんし。

 でも、見なくて良いものに首を突っ込まないというのも、実は束縛をやめる良い方法です。実際に浮気の証拠を見つけてしまったのであれば話は変わってきますが、大抵どうでも良いことに勝手に心配してしまうのが束縛の始まりだったりするのですから。

 ぜひ今こそ、自分の疑う心と向き合ってみてください。

今をしっかり見つめて信じることから始めよう

束縛する自分から自由になろう(写真:iStock)
束縛する自分から自由になろう (写真:iStock)

 考えてみると「束縛」は、浮気された経験によるトラウマなど「過去のこと」or誰かに彼を取られるかも?と不安になる「未来のこと」で起こる場合が多いと思うんです。

 でも、どんなにあがいても過去は変えられないし、どんなに見つめても未来は分かりません。つまりは、今をしっかり見つめてただただ相手を信じることが、束縛への一番の対処法なのかも?と思うのです。

「私は愛されている」。そう思ったものが勝ち!信じるものは救われるとも言いますが、まずは相手を信じてみると案外気持ちが良いものなんですよね。束縛の呪縛、ぜひ、今日で断ち切ってくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...