新しい門出と旅立ちを強力に応援する!春の花「フリージア」

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-03-31 06:00
投稿日:2021-03-31 06:00

毎年一度だけやってくる無邪気な笑顔のお客様

フリージアの香りファンは多い花ですわよ
フリージアの香りファンは多い花ですわよ

「季節外れだということはわかっています」

 そう言いながら、愛する奥様のお誕生日のために「ある花」だけでまとめられた花束をご注文にやってくる男性のお客様がいらっしゃいました。

 鮮やかな黄色で無邪気な花姿、フルーツのような甘酸っぱい香りを放ちながらワクワクな季節の到来を告げてくれるその花の旬は“春”。ですが、そのお客様の奥様のお誕生日は、“初夏”でございます。

 遠距離トラックの運転手だというお客様。仕事が忙しく、ほとんど家には帰らないという彼は、毎年一度、奥様のお誕生日からはだいぶ早いこの花の本当の旬の時期に、奥様の大好きな花でまとめたこの花束の配達注文にご来店くださっておりました。

「お花屋さんお願い! 頑張って!」と、この花の仕入状況を何度も電話してくるお客様のお望みを叶えるため、猫店長「さぶ」率いる我が花屋は奔走し、毎年無事にご納品させていただいておりました。

 そんな毎年一度だけやってくるはずのこのお客様、ある年、いつもとは違う季節にご来店くださったのでございます。しかも、奥様に支えられてゲッソリととてもお痩せになったお姿で……。

ワタクシ 「あれ!お客様、時期が違うけど、どうしました?」
お客様  「今日はね、奥さんと墓参り行こうと思ってさ。お墓参りの花くれる?」
ワタクシ 「了解です。でもお客様、ごめんなさいね。ずいぶんお痩せになられたんで、ちょっとどなたかわからなかったわ」
お客様  「ちょっと病気してさ。それでだいぶ瘦せちゃったんだよね」

 そんな他愛無い世間話を、彼の奥様を交えてさせていただいたのを最後に、そのお客様はいらっしゃることはございませんでした。

 あれから随分経ちますが……ワタクシも大好きなこの黄色く無邪気なお花の香りを毎年嗅ぐたびに、あの優しく無邪気で人懐っこい笑顔のお客様を思い出すのでございます。

 ということで今回は、「強力パワーで応援します!旅立ちは フリージア」の解説でございます。

ライフスタイル 新着一覧


お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
破壊力ありすぎ! おばあちゃんから届いた“勘違いLINE”5選
 いろんな時代や多くの困難を経験して乗り越えてきたおばあちゃんたちって、本当にたくましいですよね。ガラケー時代をなんなく...
無意味どころか不可能?!他人との比較が無駄といわれるワケ
 他人と比較しても意味がない——。そんな言葉を毎日のように目にします。この認識が広まるのはとても大切だと思いますし、みん...
まるでドラえもん! もふもふのお腹が魅力的な"にゃんたま”
 きょうは、ふしぎなポッケを持っていそうな、ドラえもんみたいなにゃんたま君です。  丁寧な毛繕いで、ふわっふわにな...
見た目のインパクトがすごい!「フウセントウワタ」の魅力
 近年、猫の細かなパーツに特化した、写真やグッズが人気のようでございます。  猫の肉球やお尻、足、シッポなどいわゆ...
嫌いな同僚と上手に付き合うには?6つのポイント&NG行動
 職場にはさまざまな年代、価値観の人が働いているため、中には「どうしても、気が合わない」と思う人もいるでしょう。中には、...
「激坂最速王決定戦2021」参戦レポ 2021.11.16(火)
 緊急事態宣言も解除され、徐々にスポーツイベントも開催されるようになりましたね。マラソンが趣味の筆者は、11月13日に行...
“離婚”をどう話す? 4歳の息子は「仲直りしたら?」と言った
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...