「薬味たっぷりのカツオたたき」大葉とミョウガでさっぱりと

コクハク編集部
更新日:2021-03-31 06:00
投稿日:2021-03-31 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平さんに、サラダ感覚で食べられる「薬味たっぷりのカツオたたき」のレシピを教えていただきました。

皮は直火の強火で全体をしっかり焼く

合う酒=辛口の冷酒(C)コクハク
合う酒=辛口の冷酒 (C)コクハク

 カツオの本場高知では、軽く炙ったタタキはニンニクのスライスで食べるのが王道。最近は塩でいただくのも人気ですが、岡田さんは薬味をアレンジしています。たっぷりの大葉とミョウガ、そして長ネギの青い部分でいただくのです。

 皿に盛られたカツオを薬味が覆い尽くします。厚く切ったカツオを箸で取って口に運ぶと、大葉のさわやかさとミョウガの辛味で、サラダ感覚で食べられます。

 3つとも定番の薬味なのに、長ネギの青い部分がほのかな甘味を加えているせいか、三位一体一つにまとまると、新しい味わい。

 スーパーで売っている出来合いのタタキを使えば楽ですが、せっかくだから作ってみましょう。1つ目のポイントは、カツオの串打ち。金串かBBQ用の串などで皮と身の間に3~5カ所に刺します。刺し方は、ウチワの骨のように扇状に。片手で持つためです。なければ網でも可。

「コンロの直火で皮から焼きます。皮が焦げるくらい焼いた後は、身は軽く炙る程度で。サクのまわりを焼いたら、すぐに氷水で締めてくださいね」(岡田さん)

 皮8、身2のイメージで、皮は強火で。皮に焼きむらがあると、焼けてない部分が食べにくくなります。皮は全体をしっかりと。火が通りやすい身は遠火でサッと。横から見て切り口のフチが2ミリ幅で白くなればOKです。

材料

・カツオ刺し身 1サク
・大葉 5枚
・ミョウガ 2本
・長ネギの青い部分 2分の1本
・ポン酢 適量

レシピ

(1)大葉、ミョウガ、長ネギをみじん切りにする
(2)カツオの皮の部分に醤油を塗り、扇状に金串を打つ
(3)コンロの直火で皮から焼く。皮全体に焦げ目がつくように
(4)身は遠火でサッと炙る
(5)氷水で4を5分ほど冷やす
(6)キッチンペーパーで水を拭き取り、食べやすい大きさに切る。1の薬味とポン酢をかけて出来上がり

本日のダンツマ達人…岡田晋平さん

▽岡田晋平(おかだ・しんぺい)
東京の築地生まれ、築地育ち。学生時代はラグビーで鍛えた体育会系。実家は京橋の老舗寿司屋だったこともあり、料理の道へ。

▽すぽーつ居酒屋おかだ
2008年の開店以来、在京阪神ファンのオアシスとして愛され続ける和食居酒屋。大型壁掛けテレビ2台が常設されスポーツ観戦とお酒が楽しめる。元スポーツ選手を招いたトークショーも随時行っている。東京都中央区築地2―7―2。

(日刊ゲンダイ2021年3月25日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「水ダコの和風カルパッチョ」薬味たっぷりサラダ感覚で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...