おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-04-17 06:00
投稿日:2021-04-17 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが上手」です。ただし、使い方を間違えると相手の心を掴むばかりか、心を大きく遠ざけてしまいかねない諸刃の剣になります。今回は、心から愛される女性について解説しましょう。

いい人が愛されると限らない

「おかん2号」になってない?(写真:iStock)
「おかん2号」になってない? (写真:iStock)

 彼に愛されたいがために「いい彼女や妻」になろうとして、「ただのいい人」に成り下がってしまう女性は少なくありません。

 食べる物を取り分けてあげたり、身の回りの世話をして、生活スタイルや健康のための助言やダメ出し、将来を考えすぎて節約と貯金で日常を楽しめず……そんなオンパレード。

 これって、実は「おかん2号」なのです。

 母親は大切な人ですが、男女の域を通り越した存在です。実母との決定的な違いは愛の見返りを求めているか否かで、「おかん2号」の愛は無償ではないと男性が感じ取ると、次第に面倒くさくなっていきます。

 基本的な考え方として、男性に「俺がいないとコイツはダメ」と思わせることが重要なのです。

わがままを言える相手は自分より強い

デキる男性は自分にふさわしい女性を選ぶ(写真:iStock)
デキる男性は自分にふさわしい女性を選ぶ (写真:iStock)

 男性は古来、外敵と戦って家族を養い守ってきました。愛する者たちを守らなければ!という本能が魂を揺さぶるわけなので、「おかん2号」が世話して加護していると、男として奮い立ちません。

 美しくデキる女性を選ぶ男性は、根底に自分に自信があります。スポーツ選手や実業家など、社会的地位のある男性は、イケメンでなくとも奥様たちは皆さん美しいですよね。自分のレベルで守きれる女性をちゃんと選んでいるのです。

 女性の場合、わがままや甘え下手という前に考えられることは、“自分より強い男性と巡り合っていない”可能性もあります。ここは友人などに客観的にアドバイスをもらってもいいでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ