ひとり暮らしは孤独?猫がいれば自粛生活だってパラダイス!

コクリコ 編集者
更新日:2021-05-09 11:42
投稿日:2021-05-02 06:00

感染への不安やイライラが募る日々が…

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 私が猫を迎えて半年ほど経った頃、世界中を新型コロナウイルスが襲いました。

 これによって私の生活も一変。行動が制限され、ウロチョロと出かけられない、外食に行けない、旅行にも行けないというつまらなさ。そして、がんの既往歴のある私が感染したらいったいどうなるんだろう……という不安もありました。

 そんなふうにストレスは少しずつ積もっていましたが、意外にも周りと比べて自粛をつらいと思わなかったのは猫がいたおかげでしょうか。

 同居人(猫だけど)がいることが、これほどまでに心の安定をもたらすとは思ってもいませんでした。生活を共にしているので、朝はおはよう、夜はおやすみ、という基本の挨拶から、爪を切ろうね、トイレしたの?、あっちで遊ぼうか、というなんでもない会話が日々交わされています。いや交わしてはない、一方的に話しているけどそれも会話(byぺこぱ)。

「虹ちゃん、いまの水の飲み方はヘンだよ~」と笑い、「天ちゃん、いまのジャンプすごかったね!」と褒めたたえ。感情を表すごとにひとりではないと感じることができます。

何の役にも立たない猫の安心感

 何の役にも立たない猫ですが、一緒にいるだけで安心できる存在。まったくのひとり暮らしだと、一度も口を開かずに終わる日が何日も続き、精神的に不安になっていたかもしれません。

 そして、私の勤めている会社でもテレワークが推奨され、現在も週3日ほどは家で仕事をしています。最初は猫たちもいつもと違う様子が楽しかったようで、パソコンを開くと集まってきては画面をさわったり、キーボードの上で寝そべったり、ZOOMでの打ち合わせ中に目の前を横切ったり。校了紙を開けば右から左からちょいちょいと触ったり、赤ペンを奪っては床でホッケーをしていたり。

仕事、猫、仕事、猫…テレワークって最高!

仕事しながら猫を愛でる…最高!(写真:iStock)
仕事しながら猫を愛でる…最高! (写真:iStock)

「猫って邪魔かも……」と頭がくらくらしたこともありますが、幸いにもうちの猫たちは私がいることに早々に飽きてしまって、いまでは私の存在をまるで無視しており、会社にいるよりも仕事がはかどってしまうほどです。

 日当たりのいい洋服だんすの上に猫ベッドを置いてあげると、2匹はそこに登って日向ぼっこ。“下界”でいそいそとキーボードをたたく私を見下ろす形で、寄り添って寝ています。仕事に飽きるとたんすの上を覗いては猫をなで、においをかぎ。仕事と猫をいったりきたりできるテレワークは最高! 猫かわいい!

昨年の緊急事態宣言では猫フードの買いだめ騒動も起こった

 ところで、1度目(昨年4月~5月)の緊急事態宣言の際、巷ではマスクやトイレットペーパーだけでなく猫のフードの買いだめも行われました。なぜかといえば、療法食など比較的高価なものは、その多くが海外製。「ヨーロッパがロックダウンするからフードの入荷がしばらく止まるかも!」という噂が猫を飼っている人の間で広まり、買いだめする人も増えたからです。

 トイレットペーパーを買いだめする人を冷ややかに見ていた私も、猫のごはんとあっては冷静ではいられず、普段より2パック(2カ月分)ほど多めに購入してしまいました……。うちの猫はお腹がゆるく、海外製の療法食しか食べられないので。元野良猫がセレブ猫になってしまった! 結果的に輸入は止まらなかったようですが、こういう噂に右往左往してしまう人の気持ちがとてもよくわかりましたし、買いだめしてしまうほど不安になる人の気持ちを慮る必要もある、と反省。

反省からの教訓

おやつのストックもよろしくにゃ(写真:iStock)
おやつのストックもよろしくにゃ (写真:iStock)

 ただ、新型コロナウイルスはまだまだ収まる気配を見せず、このたび3度目の緊急事態宣言が発出されました。さらに日本ではここのところ地震が多く、夏場の豪雨などもあり、いつ災害が襲ってくるかわからないと考えると、日頃から猫のフードを備蓄しておくのは正解のようです。

 ということで、あのとき2パック多めに買ってよかった! と思うことに。いま食べている1パックのほかに、2パックをローリングストックとしています。

 そして万が一、私がコロナにかかって病院やホテル療養になったときには猫はどうしようか、災害時には猫を連れてどう避難しようかといったことも、同じように独身で猫を飼っている友人ともよく話しています。

「責任ごと楽しむ」という考え方

 命を預かる責任は重いです。自粛生活がさみしいからというだけでは簡単には猫を勧められませんが、その責任ごと楽しみたいと思われる方にはぜひ猫をおすすめします! そしてその際には、ぜひ保護猫を選択肢に入れてください。

 次回に続きます。

ライフスタイル 新着一覧


同性からも距離を…“慇懃無礼な女性”が送る非モテLINEの特徴
 社会には、うわべだけ丁寧に見えて実はすこぶる失礼な「慇懃(いんぎん)無礼な人」も散見されます。こういったタイプは、自己...
愛猫が誤飲疑惑!救急病院で手術してお腹から出てきたのは…
 ある朝、突然嘔吐を繰り返し、ぐったりと元気をなくした生後10カ月のメス猫・虹ちゃん。動物病院に行くも原因がはっきりとし...
無理して損してない?“強がり女子”の特徴&克服する3つの方法
 本当は大丈夫ではないのに、いつも「大丈夫!」と言ってしまう“強がり女子”。そんな彼女を見て、周囲の人は「1人でも生きて...
生田緑地ばら苑で「ベルばら」を思う 2021.5.15(土)
 生田緑地ばら苑に行ってきました。雑木林を抜けると春のバラが豪華絢爛に咲き乱れていました。まさに秘密の花園。マスク越しに...
仲良し家族のLINEあるある5選♡ 幸せを感じちゃう面白い内容
 多くの場合、仲良し家族はLINEグループを作っているそう。そんなLINEを覗いてみると、それぞれの家族の独特の世界観を...
カギは後輩にあり!あなたが良い先輩なのかを簡単に知る方法
「自分は先輩としてちゃんとやれているのか」と考えたことはありますか?私は後輩がいる時は常に気になっていたし、考えていまし...
防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...