マスク顔を華やかに見せる♡「アクセ×アイメイク」レッスン

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-05-07 06:00
投稿日:2021-05-07 06:00
 マスクをするのがスタンダードになっている今は、マスクで覆われるパーツ以外のおしゃれにも気合いが入りますよね。アクセサリーやメイクアップで、周囲と差がつく“自分らしいスタイル”を主張したい女性も多いはず。
 一方で、マスク顔は、マスクをしていない顔と比べると、どうしても「病的」なイメージにもなりやすいだけに、以前と同じおしゃれでは地味になり過ぎる傾向も……。そこで今回は、時短美容家の並木まきが、マスク顔をスタイリッシュに見せる“アクセサリー×メイク術”をお話します。

マスクフェイスには「華やかさ」を加えるゴールドアクセサリーがおすすめ!

マスクの「地味見え」問題を解決!(写真:iStock)
マスクの「地味見え」問題を解決! (写真:iStock)

 一般的な白い不織布マスクでも、ピンクやオレンジなどの暖色系でも、ブルーやグレーなどの寒色系でも、どうしても顔を覆った時点で病的なムードを醸しがち。そこにアクセサリーで華やかさを加えるならば、シルバー系よりもゴールド系がイチオシです。

 単体だと「少し派手すぎるかも?」と思えるゴールドのアクセサリーでも、マスクフェイスと組み合わせると、双方のイメージがいい具合に相殺されやすく、ちょうどいい塩梅の華やかさに。

 また、気温が高くなる春夏シーズンには、太陽のもとでキラキラと映えるゴールドアクセサリーが毎年リアルトレンドになりやすい傾向からも、これからの時期はゴールドアクセサリーでマスクフェイス特有の暗いムードを払拭するスタイルがおすすめです。

寒色系マスクには、“ゴールドアクセ×暖色アイメイク”

左上から時計回りに「ロムアンド ベターザンパレット 02マホガニーガーデン」、(マスクを挟んで)「GYPPHY ドームピアス」「GYPPHY シルバーバングル」(撮影:並木まき)
左上から時計回りに「ロムアンド ベターザンパレット 02マホガニーガーデン」、(マスクを挟んで)「GYPPHY ドームピアス」「GYPPHY シルバーバングル」 (撮影:並木まき)

 寒色系マスクにシルバー系のアクセサリーを合わせてしまうと、色合いとしては合うものの、ややクールすぎる印象を醸しがちに。あえての「ゴールドアクセサリー×暖色系アイメイク」の組み合わせなら、寒色系マスク特有の冷たい印象や病的なムードを払拭し、やわらかなイメージへと仕上げやすいのです。

 アクセサリーは、マスクの近くに位置するピアスやイアリングだけでなく、意外と目に入りやすいバングルでのコーディネートもおすすめ。動くたびに、女性らしいムードを演出しやすく、地味になりがちなコーディネートも華やかに格上げします。

暖色系マスクには、“ゴールドアクセ×寒色アイメイク”

 暖色系マスクにシルバー系のアクセサリーを合わせると、マスクの発色によっては、シルバーが悪目立ちして、ちょっと喧嘩してしまう色合いに見えがち。同系色の「ゴールドアクセサリー」で統一感を出すと、やわらかさと華やかさが加わり、女性らしいスタイルに。

 ただし、ここでアイシャドウも暖色系オンリーにしてしまうと、春夏シーズンには少し暑苦しい印象を醸しかねないので、寒色アイシャドウも使いつつ引き締めるのが◎。

画像左上から時計回りに「THREE ディメンショナルビジョンアイパレット07 HIDDEN PLACE」、(マスクを挟んで)「GYPPHY シングルモアサナイト ナローピアス」、「GYPPHY TARUMI RING」(撮影:並木まき)
画像左上から時計回りに「THREE ディメンショナルビジョンアイパレット07 HIDDEN PLACE」、(マスクを挟んで)「GYPPHY シングルモアサナイト ナローピアス」、「GYPPHY TARUMI RING」 (撮影:並木まき)

 暖色系マスクに合わせるなら、アクセサリーは小ぶりなものがおすすめで、小さめの石が入っているデザインだとワンポイントにでき、トゥーマッチな印象を避けやすいでしょう。

 また、手元はバングルよりも存在感のあるリングなど、小さめだけれど主張するアクセサリーを合わせると、爽やかな仕上がりに。

まとめ

 マスクフェイスでも自分らしいファッションやメイクを楽しみたい女性にとっては、デイリー使いのアクセサリーとメイクアップの相性は重要です。顔まわりのおしゃれが限られてしまうご時世だからこそ、デイリー使いのアクセサリーとアイメイクのコーディネートで自分らしさを演出してみては。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...