愛猫が誤飲疑惑!救急病院で手術してお腹から出てきたのは…

コクリコ 編集者
更新日:2021-05-23 11:02
投稿日:2021-05-16 06:00

医師初見と気になる費用

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 ある朝、突然嘔吐を繰り返し、ぐったりと元気をなくした生後10カ月のメス猫・虹ちゃん。動物病院に行くも原因がはっきりとしないため帰宅させられるも、夜になっても体調はよくならず救急病院へ。

 日中に行った動物病院で言われたことを伝え、フェルト紐のおもちゃも見せると、「内視鏡で見てみましょう。もし異物があってそのまま取れそうであれば取ってもいいですか? もしも取れないところ……腸の方まで行っていたら開腹手術になりますが、大丈夫ですか」と確認されます。

「大丈夫です」と伝えると、友人が「ちなみにいくらくらいするんですか?」と聞いてくれました。友よありがとう、めっちゃそれ気になってました!

「全部で10万円ちょっとですね。診察代、内視鏡手術、麻酔、入院費(麻酔から覚めるまで1泊入院扱い)になるのでその分が加算されます」。おお、高いな。

深夜1時の手術に

 金額を聞いて「じゃあやめます」とはなりませんが、金額を聞いておくことは大事ですね。あとでびっくりしちゃうので。「大丈夫です、お願いします」と、鳴きもせずぐったりとしている虹ちゃんを先生に預けました。

「ほかの患畜(治療を受けている動物のこと)さんもいるので、虹ちゃんの手術は深夜1時頃に行うことになります。麻酔から覚めてからお迎えに来ていただきたいので、朝、来てください。お電話します」とのことで、友人と別れて自宅で待機。

 その日締め切りだった仕事がまだ終わってないので、仕事をしながら電話を待つことにします。

「極彩色の紐が30センチ出てきました」

紐大好き!でも気を付けて(写真:iStock)
紐大好き!でも気を付けて (写真:iStock)

 もう1匹のオス猫・天ちゃんは、虹ちゃんがいないこと、お母さんがこんな夜中まで寝ずに仕事をしていることなど、いつもと違う我が家の様子が不安なのか、うろうろと私の周りを歩き回っています。

 深夜2時。病院から連絡がきました。

「内視鏡で見てみたら、なにかが見えたので取りました。極彩色の紐が30センチくらい出てきましたよ。麻酔からまだ目覚めていないので、6時以降にお迎えに来てください」。

 30センチ!!!!

 家にあるフェルト紐のおもちゃを見ます。極彩色だ。間違いない。虹ちゃんごめん~、お母さんがこんな切れやすいおもちゃを買ってきてしまって……涙。先生に何度もお礼を伝え、電話を切ります。「天ちゃん、虹ちゃん大丈夫だったよ!」と天ちゃんに話して、ほっとして1時間くらい横になりました。天ちゃんはべったり私にくっついていました。

誤飲はオスの猫のほうが多い?

 早朝6時過ぎに救急病院へ到着すると、奥の方からぎゃーぎゃーと騒いでいる猫が出てきました。虹ちゃんです。元気そう! 先生から処置について説明を受け、出てきた紐を見せてもらいます。胃の内容物にまみれた極彩色の紐でした。長い……よくこんなものを。

「気合いで飲み込んだんでしょうね……虹ちゃん」と先生も苦笑い。もともと食べるつもりではなくても、噛んだりなめたりして食感を楽しむうちに舌のトゲトゲにひっかかってしまい、紐をどんどん喉の奥へ送り込んでしまうことがあるのだとか。

 そして先生が言うには誤飲はオスの猫のほうが多いそうで、メス猫・虹ちゃんのおてんば感が際立ちました。

誤飲事件で得た教訓

内視鏡の有無で動物病院を選んでも(写真:iStock)
内視鏡の有無で動物病院を選んでも (写真:iStock)

 今回は内視鏡で胃にとどまっている紐を取り出せましたが、紐が胃から腸に進んでしまって、腸に詰まったり、巻きついてしまって死に至ることもあるそう。早めに病院に行ってよかったです。友人に感謝。また、普段から内視鏡のある動物病院を調べておくことも大切だとわかりました。

 帰りのタクシーの中でもぎゃーぎゃー騒ぐ虹ちゃん。キャリーバッグのファスナーを中からこじ開けて、顔を出してきました。危ない危ない。さっそく元気すぎる。家に着くと天ちゃんが虹ちゃんをねぎらっているのか、ぺろぺろと体を舐めてあげていました。よかったね……元気にまた暮らせるよ。フェルト紐のおもちゃはごみ箱にダンク。本当におもちゃには気をつけよう……。

 その後3週間ほど、虹ちゃんは内視鏡を挿管されたときに気管についた傷のせいで、ひどい咳が続きました。その通院も含めて、この一件でトータル17万円ほどの医療費がかかりました。ペット保険に入っていてよかった。6万円ほど戻ってきました。

今度は「湯船にドボン」事件がぼっ発!

猫は濡れることが大嫌いなんです(写真:iStock)
猫は濡れることが大嫌いなんです (写真:iStock)

 そして元気になりすぎた虹ちゃんは、この2週間後になみなみと湯が張られたお風呂に落ちてしまったのです。湯の入っていない湯舟に入って遊ぶのが好きだったので、この日もそうしようと思ったのか、ドアのすき間からお風呂に入ってそのまま湯舟にダイブ。ずぶ濡れになってお風呂から鉄砲玉のように飛び出てきました。

 猫の祖先は砂漠で生まれ育った生き物らしく、水が嫌い。濡れるのも当然嫌い。それなのに湯舟にドボンとつかってしまったのです。この体験がトラウマになったのか、この一件以来、虹ちゃんはちょっとおとなしくなりました。お風呂にも近寄りません。「わたし、おてんばすぎて死んじゃうかも」と思っているのかも。

 よそのお宅の猫のお話を伺うと、わが家の2匹は本当にいたずら好きのよう。2歳になった今もずっと困っているのですが、命に関わるような事件はこれ以来起きていません。猫と暮らすのは楽しいこともあるけれど、気をつけなくてはいけないこともたくさんありますね。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...
あなただけのコーヒー豆をみつけよう 2021.6.11(金)
 KALDIといえば、コーヒーと輸入食品のお店。店頭に美しく並ぶコーヒー豆のディスプレイを眺めつつも、今まで買ったことが...
グルーミングは長~いけど…“にゃんたまチャンス”は必ず来る
 一度始まったら長~いグルーミング。  猫は起きている時間の30%以上を毛づくろいに費やしているといいます。 ...
短い初夏のお楽しみ!モクモク「スモークツリー」の管理方法
 職業病ともいえるワタクシの癖でございますが……猫店長「さぶ」率いる我が花屋が、カントリー風情たっぷりの立地にあるという...
「大地のハンター展」で最強の“女の敵”に遭う 2021.6.9(水)
 上野の国立科学博物館で開催中の「大地のハンター展」に行ってきました。この「大地のハンター展」は、さまざまな生物の「捕食...
運気UP♪ おみくじの種類や引き方&全国の有名おみくじ
 運勢を占ってくれる「おみくじ」。神社に行った際に引く人も多いですよね。でも、その種類や、正しい引き方について詳しく知っ...
会えない時間がほころびに…? 寂しがり屋な恋人に注意して!
 仕事に家事に友人関係に、現代の女性は大忙し! 気がついたら、「彼としばらく連絡を取ってない」「近ごろ夫と会話してない」...
6月7日~6月13日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おやつタイムに大集合!ひときわ目を引くたわわ“にゃんたま”
 きょうは、豊作! にゃんたまωが混みあってる!  にゃんたま君たちのおやつタイムは、色とりどりで形や大きさに個性...
原宿散歩で「国立代々木競技場」の撮影スポットを発見! 2021.6.6(日)
 原宿をお散歩していると、ほぼ真正面から国立代々木競技場を見ることができる場所を発見! この位置からだと、ちょうど屋根の...
涙、涙の「ペット可」物件探しジエンド! 何を譲歩した?
 困難を極める「ペット可」物件を探す旅。まわれどまわれどピンとくる出合いがなく、アプリ婚活で抱くような疲労感が……。そん...