え!95→2件まで激減「ペット可」賃貸物件の少なすぎる実態

コクリコ 編集者
更新日:2021-05-31 18:58
投稿日:2021-05-23 06:00

「ペットOK」を加えた途端にまさかの…!

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 ペットを飼うために絶対に必要な条件である「ペット飼育可」物件。じつはこれを見つけることが、もっとも大変かもしれません。

 まず新居を探す際には、住まい探しのサイトを見ますよね。エリア、広さ、築年数、家賃という基本条件に、日当たり、バストイレ別、エアコン、2階以上、オートロックなど欠かせない条件を加えていきます。そこで出てきた物件をふむふむと見て、最後にペット飼育可という条件を加えてみましょう。さっきまで95件も出ていた候補物件がなんと2件ほどになります。怖いですね。

 ペット飼育可の賃貸物件はとても少ないです。なので、もしもいい物件が出たらそのときに引っ越そうというくらい気長に待つか、検索時に入れた条件のチェックを1つずつ外し、最終的にはエリアを変更し、家賃をアップし、譲歩してなんとか見つけることになります。

ほかの地域でも検索してみた

爪とぎすると思われている?(写真:iStock)
爪とぎすると思われている? (写真:iStock)

 これが首都圏だけなのかと思って、親の実家である島根県、鳥取県でも検索してみたのですが(暇か)、過疎が進んでいる地域なので賃貸物件そのものがめちゃくちゃ少ない。さらに県民の主な交通手段はクルマ。必ずしも駅の近くに家がある必要がないということもあり、最寄り駅から徒歩30分の3LDKなんぞが出てくるのです。

 いらんいらん。クルマのない単身者にその家は過酷……! ただその広さで家賃は6~7万円ほどです。

 ということで、どこに暮らしていてもペット飼育可の物件を探すことは困難。とかく犬よりも猫の方が許されていません。壁で爪とぎをすると思われているのでしょうか……。

 私の場合は、猫を飼う前から住んでいた物件(城南エリア)がたまたまペット可だったので、そこでまず飼いはじめました。ひとり暮らしには十分な広さでしたが、+猫2匹になると俄然狭い。おまけに、猫が来たことで、猫トイレ2個、ケージまたはキャットタワー、ご飯や水を置くスペース、猫ベッドなど、物がじゃんじゃん増えてしまい、これは厳しい……引っ越さねば! ということで家を探すことにしたのです。

内見数は10件以上!

 内見は10件以上したでしょうか。現状の家よりも家賃を3万円までアップして探したのち、実際に部屋を見てから覚悟を決める、ということに。なぜ3万円かというと、「家計管理をするうえで、破綻しない家計の住居費は月収の3割まで!」という昔取材したFP(ファイナンシャル・プランナー)の先生に伺った計算式を基本にした家賃で検索したところ、私が好む条件の物件がほんど出てこなかったからです。

 で、物件が出てくるまで金額を上げていった結果、3万円ものアップになっていたのですね。どうしてもそこがよければ+3万円の捻出方法を考えよう、メルカリをめっちゃやるとか? 前の家は交渉で家賃を1万円下げてもらっていたこともあり、場合によっては交渉もありか?

契約&更新時にダメ元で賃料の交渉を

いい物件ないかにゃ~(写真:iStock)
いい物件ないかにゃ~ (写真:iStock)

 余談ですが、賃料の交渉は契約時と更新時がおすすめだそうです。あたりの相場と比べたり、建物の経年劣化、住んでいるマンションの空き状況なども調べて交渉するとうまくいくことがあると、先のFPの先生に伺いました。やってみたところ家賃を5000円、管理費カットで計1万円も下がったんですね。言ってみるものだ。

 とはいえ、+3万円も出してこれかい、というくらい古い、汚い物件ばかり。「あー、洗濯機置き場がベランダなんだ」「え。風呂がバランス釜! 令和ですよ」「窓全部ヒビ入ってるけど……」。これがペット可物件の現実ね……と内見をするほど心が折れそうになりました。「トイレの壁紙が小花柄ですげーダサい」なんて、かわいいものです。

なぜ見つけられないの(涙)

 ちなみに築10年で内装等もきれいだったので入居を決めたいまの住まいも、最寄り駅から徒歩20分(途中、急こう配)の幹線道路沿いに建っており、友人たちには「うわぁ……よく住むね」と言われていました(笑)。あまり細かいことを気にしないタイプの私が物件を見つけられないなんて。ペット可の物件探しはつらい!

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影には動体視力が必須!瞬きする暇もないんです
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...