プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-06-03 06:11
投稿日:2021-06-03 06:00
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合わせることができれば、日々のスキンケアがもっと楽しくなります。
 スキンケア初心者ほど陥りがちなのが、「プチプラ化粧水を使っていたら、思うような肌にならなかった」「やっぱり安かろう、悪かろうなのでは?」と感じる落とし穴。そんなふうに思ったときには、いつものお手入れにプラスアルファできる製品を組み込んでいきましょう。
 時短美容家の並木まきが、プチプラスキンケアコスメにプラスアルファで足すとお手入れの楽しみが広がるデパコスの選びかたをお話しします。

プチプラ化粧水の成果が得られない?…諦めるのはまだ早い!

プチプラだって使い方次第ですごいんです!(写真:iStock)
プチプラだって使い方次第ですごいんです! (写真:iStock)

 インターネットや雑誌で評判のプチプラスキンケアコスメを買ったものの、使ってみたら「思ったほどの成果が出ない」「なんか違う」となると、「自分の肌には合わないのかも。諦めるしかないのかな〜」と、思ってしまいがちですよね。

 けれど、ここで諦めるのはまだ早い! そんなときこそ、デパコスやEC高級コスメを上手に組み合わせて、自分好みのお手入れを叶えましょう。

 実は、プチプラ化粧水の満足度を上げるなら、積極的に取り入れたいアイテムもあるのです。

化粧水前に使う「ブースター」を取り入れて皮脂バランスケアに注目

筆者が使っているプチプラ化粧水。左から「セザンヌ 濃密スキンコンディショナー」「リッツ モイストローション」。どちらも保湿力が高めの製品。
筆者が使っているプチプラ化粧水。左から「セザンヌ 濃密スキンコンディショナー」「リッツ モイストローション」。どちらも保湿力が高めの製品。

 プチプラ化粧水を使って「なんだか違う」と感じる原因の多くは、皮脂バランスの乱れも関係しています。そのため、手軽にスキンケアの満足度を上げたいのであれば、化粧水を変えるよりも先に、“ブースター”を取り入れて、肌の皮脂バランスを整えるお手入れを心がけてみてください。

 昨今のプチプラ化粧水は、少し前とは比べものにならないくらい高品質なものも多く、「プチプラだから、効果がイマイチ」なのではなく「肌の皮脂バランスが崩れているから、効果を感じにくい」が、スキンケアの満足度を下げている原因である例も少なくないのです。

時短美容家が常備するブースターコスメ2品

左から「タカミスキンピール」、「トリロジー ローズヒップオイル」。どちらもブースターとしてロングセラーの名品。
左から「タカミスキンピール」、「トリロジー ローズヒップオイル」。どちらもブースターとしてロングセラーの名品。

 角質美容水の「タカミスキンピール」は、美肌サイクルに着目した製品。洗顔後の肌になじませるだけの手軽さながら、角質層を整え、そのあとのスキンケアの手応えが上がると、数々のアワードを入賞している実力派アイテムです。

 また、「トリロジー ローズヒップオイル」は、香料、着色料、防腐剤を使わない100%ピュアなオイルで、80%以上の必須脂肪酸を含む高品質な美容オイル。油分バランスだけでなく、肌の柔軟性やバリア機能の正常化にもアプローチし、ブースターとして使用すれば、化粧水などの浸透をサポートします。

 この2品は、どちらも私が長年にわたって、常備しているブースターコスメ。化粧水を変えたタイミングなど、「なにかが足りない」と思うときにプラスする製品としてもイチオシです。

マスクライフの毛穴悩みに加えるなら「ビタミン系コスメ」を

「タカミエッセンスCE」。リニューアルで、さらなる実力を備えたコスメにアップデート。
「タカミエッセンスCE」。リニューアルで、さらなる実力を備えたコスメにアップデート。

 さらに、長引くコロナ禍のマスク生活で毛穴まわりの悩みも増えている今は、「プチプラ化粧水を使いたいけれど、毛穴ケアにアプローチできないから困る」なんてお悩みもありがち。

 そんなときには、美容液で「ビタミン」に注目して選ぶのも、今の時期におすすめです。「ビタミン」は、即効性が期待しやすい成分ですので、乾燥やごわつきが気になる肌にも積極的に試して損はないでしょう。

 5月11日にリニューアル発売の「タカミエッセンスCE」は、プチプラ化粧水に加えるお手入れにも好相性で、大人の毛穴悩みに集中的にアプローチできる美容液。

 毛穴まわりのお悩みにはおなじみの成分「ビタミンC」の配合量を従来品より増やし、毛穴だけでなく「くすみ」にもフォーカスした高機能処方へと生まれ変わった新製品です。

 ◇  ◇  ◇

 スキンケアコスメはメーカーが推奨するラインづかいがベストだと言われますが、予算の兼ね合いなどから、惜しげなく使いたい化粧水だけでも、プチプラに頼りたいという女性も少なくありませんよね。「だけど、効果がそれなりかも」なんて思ったのならば、諦める前に、ぜひプラスアルファのコスメ選びを工夫してみてください。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...