オルチャン風の美肌になりたい♡ 韓国美容の秘訣&ケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-06 06:00
投稿日:2021-02-06 06:00
 オルチャン(韓国)メイクのトレンドが続く中、2020年はNiziUやBTSなど韓国アイドルがブームになりました。日本のメディアでも韓国人を見る機会が一気に増えた今、ふと「なんでこんなに肌が綺麗なの!?」と、感じたことはありませんか? 同じ東洋人なのに、何が違うのでしょうか? そこでこの記事では、オルチャン風の美肌の秘訣についてお届けします。

韓国の女優、アイドル、YouTuberはなぜ肌が綺麗?

スキンケアの違いが肌に出る!(写真:iStock)
スキンケアの違いが肌に出る! (写真:iStock)

 さっそく、本題です。韓国の有名人の肌が美しいのは、なぜでしょうか? さまざまな方向から、4つの理由を探ってみました。

1. スキンケアの秘訣は美容液!? 細分化された商品

 一番大きな理由は、スキンケアの違いだと思います。韓国では、ここ何年か美容液ブームが加速し、美容液に重点を置いたケアをしています。驚くことに、人によっては乳液をほとんど使わないことも。

 また、韓国では化粧水のことを「スキン」「トナー」、乳液を「ローション」「エマルジョン」と呼び、それぞれ少しずつ使用方法が異なります。同様に、美容液も「エッセンス」「セラム」「アンプル」と分けられています。このように、用途や効能で商品が細分化されており、より自分の肌に合わせて選ぶ習慣があることが、美肌を作る大きな理由になっているのでしょう。

2. キムチなど野菜を多く食べる食生活

 韓国といえば、発酵食品の「キムチ」。キムチのような発酵食品には腸内環境を整えてくれる効果があり、お肌とも密接な関係があると言われていますよね。

 また、韓国は1人当たりの野菜の摂取量がもっとも多い国。お肌に必要なビタミン類を野菜からきちんと摂取できているなど、食生活でインナーケアがきちんとできていることが、韓国女性の美肌につながっているのかもしれません。

3. 紫外線対策をしっかりしている

 近年日本では紫外線対策が注目されていますが、お隣の韓国でも念入りな紫外線対策は必須のよう。ここで差が出ているのは、屋外での活動時間かもしれません。韓国の学生は、日本のように学校で活発に「部活」をすることはあまりないと聞いたことがあります。

 また、学校によっては、受験科目に関係のない「体育」が縮小傾向にあるという情報も。もしかしたら、必然的に屋外で日光に当たる機会が少ないのかもしれませんね。

4. メイクで“水光肌”というツヤ肌を作っている

 韓国人女性の肌が美しく見える理由として、メイクアップ用品の違いも大きいでしょう。日本のドラッグストアなどでは、まだまだプレストパウダータイプやリキッドタイプのファンデーションが人気ですが、韓国ではクッションタイプが主流。

 リキッドタイプよりも油分や美容成分が多いので、肌をいたわりながらメイクできますし、内側からうるっとみずみずしい印象の「水光肌」を作ることができます。

オルチャン風(韓国風)の美肌に近づこう!

オルチャン風肌には美容液がマスト(写真:iStock)
オルチャン風肌には美容液がマスト (写真:iStock)

 前述したように、韓国女性の美肌は韓国独自の習慣が関わっていると考えられます。オルチャン風の美肌を目指したいなら、まずは、取り入れやすいスキンケアとメイクからトライしてみませんか?

セラム・アンプル(美容液)を取り入れてみよう!

 日本では美容液と言えば「高級品」というイメージがありますが、韓国では値段の幅が広くもっと身近。たとえば、韓国では“オイル系の美容液”が、「美容液」としてカテゴライズされることは少なく、乳化されていない透明の液が多いそう。

 また、現在韓国では「アンプル」と呼ばれる美容成分が高濃度で配合された美容液に注目が集まっています。ネットショップを利用すれば、こういった高機能な美容液を安価で入手できるので、ぜひ試してみてくださいね!

メイクでツヤツヤの「水光肌」を作る方法!

 韓国のメイクの定番「水光肌」は、肌本来の水分量が多いように見せるメイク。パール含有のパウダーによるツヤ表現とは、また違った透明感が得られます。

 韓国風の美肌を目指したい方は、クッションファンデーションを用いて「水光肌」を作れるようになりましょう。日本のドラッグストアで入手可能なものもあるので、ぜひ探してみてくださいね。

オルチャン美肌への1stステップを踏み出して♡

腸内環境も意識して!(写真:iStock)
腸内環境も意識して! (写真:iStock)

 日本人の私たちがオルチャン(韓国)風の美肌を目指すなら、いろいろな工夫が大切です。まずは、自分に合った美容液を見つけて日常生活に取り入れ、水光肌を作るクッションファンデーションを購入するところからはじめてみてはいかがでしょうか。あなたもオルチャン風の美肌が目指せるかもしれませんよ♡

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...