オルチャン風の美肌になりたい♡ 韓国美容の秘訣&ケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-06 06:00
投稿日:2021-02-06 06:00
 オルチャン(韓国)メイクのトレンドが続く中、2020年はNiziUやBTSなど韓国アイドルがブームになりました。日本のメディアでも韓国人を見る機会が一気に増えた今、ふと「なんでこんなに肌が綺麗なの!?」と、感じたことはありませんか? 同じ東洋人なのに、何が違うのでしょうか? そこでこの記事では、オルチャン風の美肌の秘訣についてお届けします。

韓国の女優、アイドル、YouTuberはなぜ肌が綺麗?

スキンケアの違いが肌に出る!(写真:iStock)
スキンケアの違いが肌に出る! (写真:iStock)

 さっそく、本題です。韓国の有名人の肌が美しいのは、なぜでしょうか? さまざまな方向から、4つの理由を探ってみました。

1. スキンケアの秘訣は美容液!? 細分化された商品

 一番大きな理由は、スキンケアの違いだと思います。韓国では、ここ何年か美容液ブームが加速し、美容液に重点を置いたケアをしています。驚くことに、人によっては乳液をほとんど使わないことも。

 また、韓国では化粧水のことを「スキン」「トナー」、乳液を「ローション」「エマルジョン」と呼び、それぞれ少しずつ使用方法が異なります。同様に、美容液も「エッセンス」「セラム」「アンプル」と分けられています。このように、用途や効能で商品が細分化されており、より自分の肌に合わせて選ぶ習慣があることが、美肌を作る大きな理由になっているのでしょう。

2. キムチなど野菜を多く食べる食生活

 韓国といえば、発酵食品の「キムチ」。キムチのような発酵食品には腸内環境を整えてくれる効果があり、お肌とも密接な関係があると言われていますよね。

 また、韓国は1人当たりの野菜の摂取量がもっとも多い国。お肌に必要なビタミン類を野菜からきちんと摂取できているなど、食生活でインナーケアがきちんとできていることが、韓国女性の美肌につながっているのかもしれません。

3. 紫外線対策をしっかりしている

 近年日本では紫外線対策が注目されていますが、お隣の韓国でも念入りな紫外線対策は必須のよう。ここで差が出ているのは、屋外での活動時間かもしれません。韓国の学生は、日本のように学校で活発に「部活」をすることはあまりないと聞いたことがあります。

 また、学校によっては、受験科目に関係のない「体育」が縮小傾向にあるという情報も。もしかしたら、必然的に屋外で日光に当たる機会が少ないのかもしれませんね。

4. メイクで“水光肌”というツヤ肌を作っている

 韓国人女性の肌が美しく見える理由として、メイクアップ用品の違いも大きいでしょう。日本のドラッグストアなどでは、まだまだプレストパウダータイプやリキッドタイプのファンデーションが人気ですが、韓国ではクッションタイプが主流。

 リキッドタイプよりも油分や美容成分が多いので、肌をいたわりながらメイクできますし、内側からうるっとみずみずしい印象の「水光肌」を作ることができます。

オルチャン風(韓国風)の美肌に近づこう!

オルチャン風肌には美容液がマスト(写真:iStock)
オルチャン風肌には美容液がマスト (写真:iStock)

 前述したように、韓国女性の美肌は韓国独自の習慣が関わっていると考えられます。オルチャン風の美肌を目指したいなら、まずは、取り入れやすいスキンケアとメイクからトライしてみませんか?

セラム・アンプル(美容液)を取り入れてみよう!

 日本では美容液と言えば「高級品」というイメージがありますが、韓国では値段の幅が広くもっと身近。たとえば、韓国では“オイル系の美容液”が、「美容液」としてカテゴライズされることは少なく、乳化されていない透明の液が多いそう。

 また、現在韓国では「アンプル」と呼ばれる美容成分が高濃度で配合された美容液に注目が集まっています。ネットショップを利用すれば、こういった高機能な美容液を安価で入手できるので、ぜひ試してみてくださいね!

メイクでツヤツヤの「水光肌」を作る方法!

 韓国のメイクの定番「水光肌」は、肌本来の水分量が多いように見せるメイク。パール含有のパウダーによるツヤ表現とは、また違った透明感が得られます。

 韓国風の美肌を目指したい方は、クッションファンデーションを用いて「水光肌」を作れるようになりましょう。日本のドラッグストアで入手可能なものもあるので、ぜひ探してみてくださいね。

オルチャン美肌への1stステップを踏み出して♡

腸内環境も意識して!(写真:iStock)
腸内環境も意識して! (写真:iStock)

 日本人の私たちがオルチャン(韓国)風の美肌を目指すなら、いろいろな工夫が大切です。まずは、自分に合った美容液を見つけて日常生活に取り入れ、水光肌を作るクッションファンデーションを購入するところからはじめてみてはいかがでしょうか。あなたもオルチャン風の美肌が目指せるかもしれませんよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...