偉そうな“俺様彼氏”に疲れていない? 彼の隠れた心理や対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-25 06:00
投稿日:2021-05-25 06:00
 いつだって上から目線で偉そうな「俺様彼氏」に困っている女性は多いようです。でも、恋愛って難しいもので、彼の悪いところがわかっていたとしても、簡単に別れを決意できないんですよね……。そこで今回は、彼がどういった心理で偉そうにしてくるのかや、辛い状況から抜け出すための対処法をご紹介します!

なぜ? 俺様彼氏が偉そうにしてしまう隠れた心理

いつだって完璧じゃないと(写真:iStock)
いつだって完璧じゃないと (写真:iStock)

 まずは、どうして俺様彼氏があんなにも偉そうにしてしまうのか、その心理から探ってみましょう!

本当は怖くて不安だから

 俺様彼氏の多くは、心の中に不安や恐れを持っています。たとえば、「彼女に振られてしまう不安」「どうしようもない部分がバレてしまう恐怖」などです。

 その不安や恐怖を払拭するために、手っ取り早く偉そうな言動で彼女より優位に立っていると錯覚させる環境を作り、彼女が離れていったり、弱い部分がバレたりするのを防ぎたいと思っているのかもしれません。

 本当に自信に満ち溢れて自分自身をまるごと認めている人は人の弱い部分も受け入れられますし、謙虚で器が大きいことがほとんど。逆に、口先ばかりで自分の大きさを誇示しようとするのは、自信がない男性の特徴とも言えるのです。

妥協できない完璧主義者

 俺様彼氏の中には、物事に一切妥協ができない完璧主義者もいます。考え方が白か黒かのどちらかになってしまい、「仕方ない」「そういう時もある」といった、グレーな考え方ができません。

 完璧主義者であることが原因の場合、彼なりの「完璧」な状態で愛情を尽くしてくれる可能性もありますが、彼女であるあなたにも「こうあるべき」という気持ちを持ってしまい、足りない部分に対して偉そうに指図してしまうのかもしれません。

彼女の気持ちを確かめている

 自分がどのくらいわがままを言っても好きでいてくれるか、彼女を試してしまう男性もいます。「ここまでなら大丈夫」と、偉そうな態度はエスカレートし、彼女が別れを決意しないギリギリまで偉そうにしてしまう場合もあります。

 少しずつわがままの度合いが強くなるため、その結果、彼女も彼に情が移ってしまい、「嫌なのになかなか別れられない……」という悪循環にハマってしまうのです。

偉そうな俺様彼氏となかなか別れられない理由

共依存状態になってない?(写真:iStock)
共依存状態になってない? (写真:iStock)

 偉そうな俺様彼氏はたくさんいますが、嫌なのになかなか別れられない女性も多いです。その理由をチェックしてみましょう。

依存しやすい関係性だから

 俺様彼氏となかなか別れられない理由は、2人が依存し合う関係性になっているからかもしれません。俺様彼氏は不安や自信のなさから彼女を困らせたり、心配をかけたりして、「彼女」の反応で自分の価値を確認しているのが特徴。つまり、依存しているのです。

 一方、彼女は、彼氏のことが嫌なのにも関わらず、「私がいないと彼はダメになってしまうかも」「私しかいない」という心理が働きやすくなってしまい、いわゆる「共依存状態」に。

 そのため、一時的に離れても、またすぐに相手が気になってしまい、彼氏は謝り、彼女は許す……そうして、ヨリを戻すことを繰り返してしまいがちです。

「自分」ではなく「彼氏」中心に考えているから

「彼氏」中心に考えてしまうのも、なかなか別れられない理由の1つでしょう。偉そうな彼氏を変えたい、彼氏がかわいそうだから別れられないといった考えは、「彼氏」が中心になっている状態。

 でも、偉そうな彼を子供のように面倒を見て相手をするほどに、彼は甘えてしまうのです。そして、「彼氏」を中心に考えている限り、依存状態を変えるのは難しく、なかなか別れられない状況が続いてしまいます。

めんどくさい俺様彼氏……偉そうな態度に疲れた時の対処法

思い切って距離を置いてみては(写真:iStock)
思い切って距離を置いてみては (写真:iStock)

 好きだけどめんどくさい……。そんな困った俺様彼氏に疲れてしまったら、自分のことを見つめ直してみると良いかもしれません。

本当は気づいている自分を無視しない

 好きな人と別れるのは、とても辛いことです。だから、別れにつながる「今、私は疲れていて幸せではない」「一度、離れたほうがいいかも」という気持ちに蓋をしてしまいがち。

 でも、まず自分を元気にすることを考えてみましょう。より良い未来のためにも、ボロボロのまま共倒れするより、自分の気持ちを大切にすることが必要かもしれません。

勇気を出して距離を置いてみる

 勇気を出して、一度距離を置いてみるのもありでしょう。お互いに相手中心の慣れた生活から離れることになるので、「もとに戻りたくなる」気持ちが強く働くでしょう。でも、ずっと相手しか見ていないのでは、彼もあなたも自分を見つめることができず、状況は変わらないのです。

 距離を置くことで、「変わろう」と彼に思ってもらうきっかけにもなるはずですよ。

偉そうな彼氏に疲れたら「自分」に軸を戻してみて

自分の本音を大切に(写真:iStock)
自分の本音を大切に (写真:iStock)

 自分の気持ちを押さえつけていると、いつか爆発してしまったり、体や精神を病んでしまったりと、良いことがありませんよね。大好きな彼のためにも、まずは自分の本音を大切にしてみてくださいね。

 相手を変えようとするより、自分が変わったほうが相手が変わるということもあります。あなたが元気で幸せいっぱいになれば、変化は必ず訪れるはず。1日も早く、疲れが癒されることを祈っています!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ