コロナ禍で「無恋愛時代」に?恋より仕事を選ぶ女性が急増中

内藤みか 作家
更新日:2021-05-20 06:00
投稿日:2021-05-20 06:00
 コロナ禍による出会いの激減により、恋愛をすること自体をあきらめる女性が続出しています。そんな“無恋愛”を選択した彼女たちの前に現れたのは、膨大な時間でした。そして今後の長い人生をどうやって過ごすか考えた結果、「仕事に生きる」ことを選択する女性たちが増えているようです。

「無恋愛」とはどんな状態?

恋より仕事を選ぶ?(写真:iStock)
恋より仕事を選ぶ? (写真:iStock)

 今までも、女性たちには「好きな人も彼氏もいない」という恋愛なしの時期がありました。けれど、そういう時であっても、いつ素敵な男性が現れるかわからないと自分を奮い立たせ、おしゃれに気を使って自分磨きを続けていた人は多いでしょう。これは「恋愛待機状態」であり、今後恋愛をするつもりがあるからこその行動です。

 では、「無恋愛状態」とはなんでしょうか。それは「今、恋愛をしていないし、今後もするつもりはない」というもの。といっても「素敵な人が現れた時は考える」という余地は残っていますが、自分から能動的に出会いの場に出ていったり、婚活や恋活をするエネルギーは持ち合わせていません。恋愛意欲が、超減退してしまっている状態なのです。

コロナに奪われた出会い

もう恋愛はいい(写真:iStock)
もう恋愛はいい (写真:iStock)

 女性たちが恋愛を“ないもの”として切り捨てる、このようなことはかつてなかったはずです。いつの時代も何歳であっても「いつか素敵な王子様が現れるはず」と、夢を見続ける未婚女性は多くいたでしょう。しかし、コロナ禍はそうした女性たちから夢を奪ってしまいました。

 今まで各所で開催されていた婚活パーティーは中止が相次ぎ、オンライン婚活も参加者があまり集まらなかったりと、恋愛をしたくてもチャンスが得られない状態が続いています。頼みの綱であったマッチングアプリも、せっかくマッチングしても緊急事態宣言となったらすぐにデートができない……というように、四面楚歌状態に陥っているのです。

「もう恋愛はいいです」

「恋愛したくても、どうやら今は無理そう……」と悟り、恋活や婚活を中断する女性が後を絶ちません。そこには、腰が引けている男性たちの姿があるでしょう。コロナ禍なので慎重になり、なかなかデートをしたがらない彼らに痺れを切らしてしまったのです。

 コロナ禍でも、愛を信じる女性たちは根拠のない真っ直ぐさを持っていました。たとえ感染症流行下でも、「私を好きならなんとかして会いにきてくれるはず」と男性を信じていたのです。しかし、男性は現実的なので、女性が望むほどには行動してくれません。その結果、ガッカリし、「こんなんじゃ、もう恋愛はいい」と思うようになってしまったのです。

恋愛運は興味ない

これからは仕事に生きる!(写真:iStock)
これからは仕事に生きる! (写真:iStock)

 “無恋愛”を象徴するデータがあります。2021年に開催されたオンライン占いイベントでは、来場者が占い師に占ってもらった事柄の1位が仕事運だったのです(ザッパラス調べ)。今まで占いといえば、恋愛運を見てもらう女性がほとんどだったので、これは前代未聞の数字でしょう。

 いつかは素敵なパートナーと巡り合い、一緒に老後を過ごしたいと夢見ていた女性たちが「もう一生ひとりでいい」と考え始めています。その結果、男性ウケするための美容やファッションにお金や手間をかけなくなってきました。そして、浮いた時間やお金を何に使うようになったかというと、それは“仕事”だったのです。

仕事は裏切らない

 コロナ禍では友達と飲んだり、旅行したりということもままなりません。そうなると、目の前にあるのは仕事だけということになり、自然と頑張るようになるのです。無恋愛状態となり週末に時間ができたため、副業を始める人も増えました。手作りの品をフリマサイトで販売し始めたり、起業した人もいます。

 彼女たちは、ウイルスの流行が落ち着いたらまた恋愛市場に戻ってくるのでしょうか。私はそうは思いません。なぜなら恋愛は必ず出会えるという保証がないですが、仕事は頑張れば頑張っただけの成果が得られるからです。恋愛市場から撤退し、無恋愛となる女性は、今後もまだまだ増えるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ