コロナ禍で「無恋愛時代」に?恋より仕事を選ぶ女性が急増中

内藤みか 作家
更新日:2021-05-20 06:00
投稿日:2021-05-20 06:00
 コロナ禍による出会いの激減により、恋愛をすること自体をあきらめる女性が続出しています。そんな“無恋愛”を選択した彼女たちの前に現れたのは、膨大な時間でした。そして今後の長い人生をどうやって過ごすか考えた結果、「仕事に生きる」ことを選択する女性たちが増えているようです。

「無恋愛」とはどんな状態?

恋より仕事を選ぶ?(写真:iStock)
恋より仕事を選ぶ? (写真:iStock)

 今までも、女性たちには「好きな人も彼氏もいない」という恋愛なしの時期がありました。けれど、そういう時であっても、いつ素敵な男性が現れるかわからないと自分を奮い立たせ、おしゃれに気を使って自分磨きを続けていた人は多いでしょう。これは「恋愛待機状態」であり、今後恋愛をするつもりがあるからこその行動です。

 では、「無恋愛状態」とはなんでしょうか。それは「今、恋愛をしていないし、今後もするつもりはない」というもの。といっても「素敵な人が現れた時は考える」という余地は残っていますが、自分から能動的に出会いの場に出ていったり、婚活や恋活をするエネルギーは持ち合わせていません。恋愛意欲が、超減退してしまっている状態なのです。

コロナに奪われた出会い

もう恋愛はいい(写真:iStock)
もう恋愛はいい (写真:iStock)

 女性たちが恋愛を“ないもの”として切り捨てる、このようなことはかつてなかったはずです。いつの時代も何歳であっても「いつか素敵な王子様が現れるはず」と、夢を見続ける未婚女性は多くいたでしょう。しかし、コロナ禍はそうした女性たちから夢を奪ってしまいました。

 今まで各所で開催されていた婚活パーティーは中止が相次ぎ、オンライン婚活も参加者があまり集まらなかったりと、恋愛をしたくてもチャンスが得られない状態が続いています。頼みの綱であったマッチングアプリも、せっかくマッチングしても緊急事態宣言となったらすぐにデートができない……というように、四面楚歌状態に陥っているのです。

「もう恋愛はいいです」

「恋愛したくても、どうやら今は無理そう……」と悟り、恋活や婚活を中断する女性が後を絶ちません。そこには、腰が引けている男性たちの姿があるでしょう。コロナ禍なので慎重になり、なかなかデートをしたがらない彼らに痺れを切らしてしまったのです。

 コロナ禍でも、愛を信じる女性たちは根拠のない真っ直ぐさを持っていました。たとえ感染症流行下でも、「私を好きならなんとかして会いにきてくれるはず」と男性を信じていたのです。しかし、男性は現実的なので、女性が望むほどには行動してくれません。その結果、ガッカリし、「こんなんじゃ、もう恋愛はいい」と思うようになってしまったのです。

恋愛運は興味ない

これからは仕事に生きる!(写真:iStock)
これからは仕事に生きる! (写真:iStock)

 “無恋愛”を象徴するデータがあります。2021年に開催されたオンライン占いイベントでは、来場者が占い師に占ってもらった事柄の1位が仕事運だったのです(ザッパラス調べ)。今まで占いといえば、恋愛運を見てもらう女性がほとんどだったので、これは前代未聞の数字でしょう。

 いつかは素敵なパートナーと巡り合い、一緒に老後を過ごしたいと夢見ていた女性たちが「もう一生ひとりでいい」と考え始めています。その結果、男性ウケするための美容やファッションにお金や手間をかけなくなってきました。そして、浮いた時間やお金を何に使うようになったかというと、それは“仕事”だったのです。

仕事は裏切らない

 コロナ禍では友達と飲んだり、旅行したりということもままなりません。そうなると、目の前にあるのは仕事だけということになり、自然と頑張るようになるのです。無恋愛状態となり週末に時間ができたため、副業を始める人も増えました。手作りの品をフリマサイトで販売し始めたり、起業した人もいます。

 彼女たちは、ウイルスの流行が落ち着いたらまた恋愛市場に戻ってくるのでしょうか。私はそうは思いません。なぜなら恋愛は必ず出会えるという保証がないですが、仕事は頑張れば頑張っただけの成果が得られるからです。恋愛市場から撤退し、無恋愛となる女性は、今後もまだまだ増えるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ