コロナ禍で「無恋愛時代」に?恋より仕事を選ぶ女性が急増中

内藤みか 作家
更新日:2021-05-20 06:00
投稿日:2021-05-20 06:00
 コロナ禍による出会いの激減により、恋愛をすること自体をあきらめる女性が続出しています。そんな“無恋愛”を選択した彼女たちの前に現れたのは、膨大な時間でした。そして今後の長い人生をどうやって過ごすか考えた結果、「仕事に生きる」ことを選択する女性たちが増えているようです。

「無恋愛」とはどんな状態?

恋より仕事を選ぶ?(写真:iStock)
恋より仕事を選ぶ? (写真:iStock)

 今までも、女性たちには「好きな人も彼氏もいない」という恋愛なしの時期がありました。けれど、そういう時であっても、いつ素敵な男性が現れるかわからないと自分を奮い立たせ、おしゃれに気を使って自分磨きを続けていた人は多いでしょう。これは「恋愛待機状態」であり、今後恋愛をするつもりがあるからこその行動です。

 では、「無恋愛状態」とはなんでしょうか。それは「今、恋愛をしていないし、今後もするつもりはない」というもの。といっても「素敵な人が現れた時は考える」という余地は残っていますが、自分から能動的に出会いの場に出ていったり、婚活や恋活をするエネルギーは持ち合わせていません。恋愛意欲が、超減退してしまっている状態なのです。

コロナに奪われた出会い

もう恋愛はいい(写真:iStock)
もう恋愛はいい (写真:iStock)

 女性たちが恋愛を“ないもの”として切り捨てる、このようなことはかつてなかったはずです。いつの時代も何歳であっても「いつか素敵な王子様が現れるはず」と、夢を見続ける未婚女性は多くいたでしょう。しかし、コロナ禍はそうした女性たちから夢を奪ってしまいました。

 今まで各所で開催されていた婚活パーティーは中止が相次ぎ、オンライン婚活も参加者があまり集まらなかったりと、恋愛をしたくてもチャンスが得られない状態が続いています。頼みの綱であったマッチングアプリも、せっかくマッチングしても緊急事態宣言となったらすぐにデートができない……というように、四面楚歌状態に陥っているのです。

「もう恋愛はいいです」

「恋愛したくても、どうやら今は無理そう……」と悟り、恋活や婚活を中断する女性が後を絶ちません。そこには、腰が引けている男性たちの姿があるでしょう。コロナ禍なので慎重になり、なかなかデートをしたがらない彼らに痺れを切らしてしまったのです。

 コロナ禍でも、愛を信じる女性たちは根拠のない真っ直ぐさを持っていました。たとえ感染症流行下でも、「私を好きならなんとかして会いにきてくれるはず」と男性を信じていたのです。しかし、男性は現実的なので、女性が望むほどには行動してくれません。その結果、ガッカリし、「こんなんじゃ、もう恋愛はいい」と思うようになってしまったのです。

恋愛運は興味ない

これからは仕事に生きる!(写真:iStock)
これからは仕事に生きる! (写真:iStock)

 “無恋愛”を象徴するデータがあります。2021年に開催されたオンライン占いイベントでは、来場者が占い師に占ってもらった事柄の1位が仕事運だったのです(ザッパラス調べ)。今まで占いといえば、恋愛運を見てもらう女性がほとんどだったので、これは前代未聞の数字でしょう。

 いつかは素敵なパートナーと巡り合い、一緒に老後を過ごしたいと夢見ていた女性たちが「もう一生ひとりでいい」と考え始めています。その結果、男性ウケするための美容やファッションにお金や手間をかけなくなってきました。そして、浮いた時間やお金を何に使うようになったかというと、それは“仕事”だったのです。

仕事は裏切らない

 コロナ禍では友達と飲んだり、旅行したりということもままなりません。そうなると、目の前にあるのは仕事だけということになり、自然と頑張るようになるのです。無恋愛状態となり週末に時間ができたため、副業を始める人も増えました。手作りの品をフリマサイトで販売し始めたり、起業した人もいます。

 彼女たちは、ウイルスの流行が落ち着いたらまた恋愛市場に戻ってくるのでしょうか。私はそうは思いません。なぜなら恋愛は必ず出会えるという保証がないですが、仕事は頑張れば頑張っただけの成果が得られるからです。恋愛市場から撤退し、無恋愛となる女性は、今後もまだまだ増えるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ