彼は大丈夫? ストーカー彼氏になる男性の特徴5つ&対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-17 06:25
投稿日:2021-05-17 06:00
 彼氏から束縛や心配をされると、「愛されている」と喜んでしまう女性は多いでしょう。しかし、その行動は愛ではなく“ストーカー気質”によるものかもしれません。後悔しないためには、早めの見極めが大切ですよ! そこで今回は、ストーカーに変貌する可能性がある男性の特徴や、万が一の時の対処方法をご紹介します。

“ストーカー”になるかも? 変貌する可能性がある男性の5つの特徴

一日に何十通も…(写真:iStock)
一日に何十通も… (写真:iStock)

 好きで付き合っている彼氏を、「ストーカー気質かも……」と疑うのは辛いものです。しかし、トラブルを避けるためには、早めに彼の特徴を捉えておくことも大切ですよ。

1. 連絡の頻度が多い

 恋人同士の連絡頻度は、カップルによって異なります。一日に何度も連絡を取り合うカップルもいれば、「用事がある時だけ」という場合もあるでしょう。もちろん、この頻度については、お互いに納得していれば問題ありません。

 しかし、必要以上に彼から連絡が来る場合は要注意!「今どこにいるの?」「何しているの?」と頻繁に連絡が来る場合には、あなたの行動を逐一チェックしていたいと思っている可能性があります。

2. 一日の出来事を報告させる

 彼氏と連絡を取っている時、「今日は、どこで誰に会っていたの?」「仕事では、どんな人と接したの?」と、聞かれている人も多いのではないでしょうか。

 一見、彼女のことを心配していたり、興味を持っているように感じる質問ではありますが、一日の出来事を報告させようとするのも、ストーカー気質の男性の特徴。彼女の行動を把握することで、自分自身の安心を得ているのです。

3. 嫉妬しやすい

 ほかの男性と話しているだけで彼から嫉妬されると、「愛されているな」なんて感じる女性も多いでしょう。

 しかし、この“嫉妬”も、ストーカー彼氏になる男性の特徴のひとつです。もちろん、やきもち程度のものであれば可愛いですが、強くあなたを責めたり、相手に攻撃をしたりする場合、行動がエスカレートしていく可能性があります。

4. 思い込みが激しい傾向にある

 ストーカー気質の人は、思い込みが激しいのも特徴的です。たとえば、あなたが女友達と出かけていたにも関わらず、「男と出かけていた」と勝手に妄想して嫉妬心を抱き、怒り出します。

 こういった一面を見た場合には、要注意。その思い込みは、どんどん激しくなるかもしれません。

5. 友達が少ない

 ストーカーになりやすい男性は、友達が少ない傾向にあります。

 友達がいないということは、それだけ恋愛に執着しやすいということ。その結果、彼女に依存し、付きまとうことになります。恋人との世界がすべてとなれば、視野はどんどん狭くなってしまうため、独占欲も強くなってしまうでしょう。

もしも彼氏がストーカーになったら? 4つの対処方法

ブロックで感情を逆なでしてしまうことも(写真:iStock)
ブロックで感情を逆なでしてしまうことも (写真:iStock)

 彼氏にストーカー気質があるとわかったら、戸惑う人も多いでしょう。万が一、彼の異変を感じた時には、ぜひ以下の対処方法を参考にしてくださいね!

1. 思っていることをはっきり伝える

 彼からの必要以上の連絡やおかしな行動に、ストレスを感じている人もいるでしょう。そんな時は、素直に思っていることを彼に伝えてみましょう。

「最近、なんだか連絡頻度が多くなったね」「確認しなくても、浮気なんてしないよ」と、思っていることをはっきり伝えることで、彼は安心し、おかしな行動はなくなるかもしれません。しかし、本心を伝えることで、怒ったり、暴力を振るうようであれば、別れを考えたほうが良いタイミングだと言えるでしょう。

2. 電話やLINEをブロックしない

「彼はストーカーかも……?」と思ったら怖くなってしまい、彼との連絡を急に絶とうとする人もいます。しかし、電話やLINEを突然ブロックするのはNG。

 こういった行為は、彼の気持ちを逆なですることになってしまいます。ストーカー気質の人はプライドが高い人が多いため、急にブロックするのではなく、返信回数を減らすなどして、少しずつ距離をおきましょう。

3. 早めに縁を切る

 彼のストーカー気質に気づいても、「彼のことが好き」「言動も気にならない」と思うのであれば、無理に別れる必要はないかもしれません。

 しかし、彼の行動にストレスを感じるのであれば、早めに縁を切ることがおすすめです。付き合いが長くなればなるほど、どんどん別れにくくなるため、早い段階で別れを切り出しましょう。

4. 恐怖心があるなら、周りに助けを求める

 ストーカー気質の彼と「別れたい」と思っている人の中には、「別れ話をしたら、何かされるかもしれない」「すんなり別れてくれるとは思えない」と、不安に思う人もいるでしょう。

 こういった危機感を感じる場合は、周りに助けを求めることが大切です。友達、親などに相談し、別れ話に同席してもらいましょう。

ストーカー気質の彼氏は早い段階の見極めが大切!

早めに見極めてきっぱりとNO!(写真:iStock)
早めに見極めてきっぱりとNO! (写真:iStock)

 どんなに思い続けていた相手でも、付き合ってみなければ分からないことがあります。いざ交際してみたら、「実は、ストーカー気質がある男性だった」と、気づくこともあるでしょう。そんな時は、早めに見極めることが大切!

 早い段階で見極められれば、対処も早くでき、未然にトラブルも防げるかもしれません。ぜひ、思い当たる節がある人は、注意深く彼を観察してくださいね。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...