夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-06-10 06:00
投稿日:2021-06-10 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、年下男性との2年間の結婚生活を終えた40代女性のコロナ離婚に迫ります。

女の影は感じていたけど…

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Nさんは、3歳年下の夫と、結婚2年目だったコロナ禍の真っ最中に離婚を決意。その大きな理由は、コロナ禍にもかかわらず、夫の“二股浮気”が発覚したことにあったそうです。

「もともと元夫は女好きで、女性に対してだらしないところがありました。結婚生活は2年間でしたけど、結婚前に友達だった期間が長く、そのときから元夫は女性に関するトラブルを多く起こしていましたね。

 けれどなぜか私にだけは懐いていて、付き合う前は『ねえさん』って呼んで慕ってくれていました」

 あるときに、お酒に酔った勢いもあって、ふたりは男女の関係に。付き合ってみると、意外なほどに居心地が良く、一緒にいる時間が楽しかったことから「じゃあ、結婚しちゃおうか」となったそうです。

「ノリで結婚したような感じでしたけど、最初のうちはとても楽しかったし、それなりに幸せでした。けれど彼の女好きな性格はやっぱり直らなくて。コロナ禍に入る前から、ちょこちょこと女性の影は感じていました。

 でも、家庭に持ち込まないならばいいかと、目をつむっていたんです」

コロナ禍でも収まらなかった浮気の虫

あっさりと浮気の証拠をゲット(写真:iStock)
あっさりと浮気の証拠をゲット (写真:iStock)

 ところが、コロナ禍に入ってからも夫の浮気が判明し「感染を家庭に持ち込むかもしれないご時世に、いくらなんでも責任感がなさすぎるのではないだろうか」と、腹が立ったNさん。

 浮気よりも、家庭に感染を持ち込むリスクを軽く考えているのであろう夫の態度に、心底腹が立ったそうです。

「それで、コロナ禍が長引きそうだと判断した私は、このまま夫といるのも不安なので、離婚しようって決めたんです」

 離婚に応じてもらうために、Nさんは浮気の証拠を集めました。

 日頃から、元夫はガードが甘いタイプだったそうで、相手の女性とのLINEのやりとりや2ショットの写真なども、スマホを見た途端にあっけないほど簡単に見つけられたそう……。

夫には「家族を守る」認識がなかった

虚しい結婚生活だった…(写真:iStock)
虚しい結婚生活だった… (写真:iStock)

「バレてもいいや、許してくれるはず、とでも思っていたのでしょうね。あまりにも簡単に証拠が見つかって、拍子抜けって言うよりも、私ってなめられてたんだな〜って思っちゃいました。情けなかったですね。

 しかも、同時期に2人の女性と浮気しているんですよ。もう、唖然ですよね。LINEでも、浮気相手の女性たちは、私のことを小馬鹿にした書き方をしていたし。それを読んで、夫がいかに普段から、私のことを馬鹿にした口調で彼女たちに話してきたのか、想像がつきました。

 ぶっちゃけ、夫より私のほうが収入も多かったし、彼は結婚を通じて自由になるお金を手に入れた気持ちになっていたのかもしれない。今、振り返っても虚しい結婚生活でしたね。

 私は今回、家庭への感染リスクを考えない夫の行動に対して離婚を決意しましたけど、夫にはそもそも『家族を守る』という意識はなかったのかもって思いました」

  ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...