夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-06-10 06:00
投稿日:2021-06-10 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、年下男性との2年間の結婚生活を終えた40代女性のコロナ離婚に迫ります。

女の影は感じていたけど…

 Nさんは、3歳年下の夫と、結婚2年目だったコロナ禍の真っ最中に離婚を決意。その大きな理由は、コロナ禍にもかかわらず、夫の“二股浮気”が発覚したことにあったそうです。

「もともと元夫は女好きで、女性に対してだらしないところがありました。結婚生活は2年間でしたけど、結婚前に友達だった期間が長く、そのときから元夫は女性に関するトラブルを多く起こしていましたね。

 けれどなぜか私にだけは懐いていて、付き合う前は『ねえさん』って呼んで慕ってくれていました」

 あるときに、お酒に酔った勢いもあって、ふたりは男女の関係に。付き合ってみると、意外なほどに居心地が良く、一緒にいる時間が楽しかったことから「じゃあ、結婚しちゃおうか」となったそうです。

「ノリで結婚したような感じでしたけど、最初のうちはとても楽しかったし、それなりに幸せでした。けれど彼の女好きな性格はやっぱり直らなくて。コロナ禍に入る前から、ちょこちょこと女性の影は感じていました。

 でも、家庭に持ち込まないならばいいかと、目をつむっていたんです」

コロナ禍でも収まらなかった浮気の虫

 ところが、コロナ禍に入ってからも夫の浮気が判明し「感染を家庭に持ち込むかもしれないご時世に、いくらなんでも責任感がなさすぎるのではないだろうか」と、腹が立ったNさん。

 浮気よりも、家庭に感染を持ち込むリスクを軽く考えているのであろう夫の態度に、心底腹が立ったそうです。

「それで、コロナ禍が長引きそうだと判断した私は、このまま夫といるのも不安なので、離婚しようって決めたんです」

 離婚に応じてもらうために、Nさんは浮気の証拠を集めました。

 日頃から、元夫はガードが甘いタイプだったそうで、相手の女性とのLINEのやりとりや2ショットの写真なども、スマホを見た途端にあっけないほど簡単に見つけられたそう……。

夫には「家族を守る」認識がなかった

「バレてもいいや、許してくれるはず、とでも思っていたのでしょうね。あまりにも簡単に証拠が見つかって、拍子抜けって言うよりも、私ってなめられてたんだな〜って思っちゃいました。情けなかったですね。

 しかも、同時期に2人の女性と浮気しているんですよ。もう、唖然ですよね。LINEでも、浮気相手の女性たちは、私のことを小馬鹿にした書き方をしていたし。それを読んで、夫がいかに普段から、私のことを馬鹿にした口調で彼女たちに話してきたのか、想像がつきました。

 ぶっちゃけ、夫より私のほうが収入も多かったし、彼は結婚を通じて自由になるお金を手に入れた気持ちになっていたのかもしれない。今、振り返っても虚しい結婚生活でしたね。

 私は今回、家庭への感染リスクを考えない夫の行動に対して離婚を決意しましたけど、夫にはそもそも『家族を守る』という意識はなかったのかもって思いました」

  ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...