美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-14 06:00
投稿日:2021-06-14 06:00
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すようです。そんな美魔女は一見モテそうな気がしますが、実は男性からの意見は半々。そこで今回は、美魔女に対する男性の意見や、モテる美魔女になるためのコツをご紹介していきます。

「美人」はモテるけど「美魔女」はモテない?

美魔女はお好き?(写真:iStock)
美魔女はお好き? (写真:iStock)

 近年、年齢を重ねているのにとても若々しい女性が増えていますよね。35歳以上どころか、50歳近くになっても30代に見えるような若さを保っている人もいます。では、実際のところ、美魔女はモテるのでしょうか? 男性の意見を見ていきましょう。

美魔女はモテないと思う人の意見

 まずは、美魔女はモテないと思う男性の意見からチェックしていきましょう。

・いくら綺麗でも年齢は変えられない
・年相応の服装をしたほうがいいと感じる
・SNSなどで自撮り写真を投稿する必死さに引く
・年齢を重ねているより、若い美人のほうがいい

 否定派の意見では、美魔女の必死さに引いてしまうという人が多いようでした。また、やはり年齢が若いほうがいいという男性も多いようですね。

美魔女はモテると思う人の意見

 一方、美魔女はモテると思う人には、このような意見が多いようです。

・見た目が綺麗に越したことはないから
・大人の女性の魅力が出ているから
・自分を磨こうという向上心が素晴らしいと思う
・自分に自信がある女性は魅力的

 美魔女好きの意見としては、歳を重ねることで出てくる魅力や自信などを評価しているケースが多いようでした。外見だけの美しさだけではなく、内面の魅力が醸し出されるかが大切だということでしょう。

「モテる美魔女」と「モテない美魔女」の違い

キレイを追求するのは何のため?(写真:iStock)
キレイを追求するのは何のため? (写真:iStock)

 もちろん、男性によっても意見は違いますが、一般的にモテる美魔女とモテない美魔女には大きな違いがあるようです。

美を追求する目的が「自分のため」or「虚栄のため」

 モテる美魔女は健康を維持したり、心地良い毎日を送るために、「自分軸」で美しさを追求しています。根本にあるのは自分の感覚であるため、無理のないナチュラルな美しさを体現することができるのです。自分の良さを知っているからこそ、「長所を活かした美しさ」を目指せるのでしょう。

 一方、モテない美魔女は人に勝つためであったり、人の視線や意見を気にしながら美しさを追求しているため、どこか必死さや嘘臭さが見え隠れしてしまうのです。

美だけでなく内面を「磨いている」or「磨いていない」

 モテる美魔女の場合、美しさだけでなく知性や教養、優しさや誠実さなど、「内面」を磨いている人がほとんどです。一方、モテない美魔女は美容にばかりお金をかけて、内面を磨くことにあまり興味がない場合があります。

 どんなに美しくても、最終的には内面の魅力によってモテるかモテないかが分かれます。内面は少し会話するだけで、すぐにわかってしまうものなのです。

選ぶファッションが「自分に似合ったもの」or「若く見えるもの」

 選ぶファッションにも、違いがあるようです。モテる美魔女は「若く見えるかどうか」ではなく、「自分に似合っているかどうか」を判断基準にします。一方、モテない美魔女は、とにかく若い人の流行を優先しがち。自分に似合っているかどうかよりも、他人から若く見られるかどうかばかり気にしています。これが、不自然な若作りに見えてしまい、痛々しいと思われてしまうようです。

年齢に負けない!「モテる美魔女」になるコツ

年下ばっかり狙うのはNG(写真:iStock)
年下ばっかり狙うのはNG (写真:iStock)

「美魔女になろうと努力してきたのに、全然モテない……」という人は、こんな点に注意するとモテる美魔女になれるかもしれません。

人の目ばかり気にせず、自分自身が楽しむ

「美魔女」と一口で言っても、楽しそうに笑って生き生きと趣味や人生を語る女性と、視線を気にして鏡ばかり見ている女性では、魅力の違いは明らかですよね。

 美しさはあくまでも最初のステップ。そこからモテるかどうかは、本人が楽しんでいてキラキラ輝いているかどうかです。自分が楽しい!やりたい!と思うことをして、常にワクワク、笑顔でいることを心がけましょう。

年下ばかり狙わない

 自分の見た目の若さを試すかのように、かなり年下の男性ばかり狙う美魔女もいますが、あまりおすすめできません。自分の見た目や相手の年齢ばかりに囚われている時点で、相手の内面をあまり見ていないからです。

 自分よりかなり年上の男性だったとしても、大きな包容力や素晴らしい知識、経験などを持つ魅力的な男性はたくさんいるのです。

過去を振り返らない

 美魔女の中には、若い頃の美しさや栄光にすがりついている人もいます。でも、これは今の自分を認めていないことでもあります。

 若々しくモテる美魔女は、自分を認めて「今」を生きています。モテる美魔女を目指すのであれば、今の自分が持っている魅力を引き出すことに着目するようにしましょう。

自分軸で今を生きている美魔女はモテる!

自分軸で行こう!(写真:iStock)
自分軸で行こう! (写真:iStock)

 美魔女がモテるかどうかについて、男性の意見は大きく分かれます。でも、美魔女でもそうでなくても、内面が生き生きしている女性には、表面だけでは作れない内側から滲み出る美しさがあるのです。

 ぜひあなたも、外見も内面も若々しい美魔女になって、年齢を重ねることを楽しみながら、恋を満喫してくださいね♡

 

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏のドタキャンから始まるイイ女道 いらっとしたら飲み込むのが得策
 楽しみにしていたデートをドタキャンされたら、誰だって悲しいものです。でも文句を言ったら、それが別れの原因になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-09-26 06:00 ラブ
39歳、赤ちゃんを見ると母乳が出るような気に…出産のリミットを考える
 最近、お母さんの腕に抱かれている小さな赤ちゃんを見るとなんだかおっぱいがうずきます。  見てるだけで母乳が出るん...
まめ 2023-09-26 06:00 ラブ
外見が大事ですか? 見た目のことを言う男性の心理&3つの対処法
 どうせ恋愛をするなら、自分の中身をまるごと愛してほしいもの。でも、彼氏がやたらと見た目のことを言う男だと、がっかりしま...
恋バナ調査隊 2023-09-25 06:00 ラブ
「不倫の慰謝料」気になる使い道、サレ妻たちは何を思い、どう使った?
 夫に不倫された場合、相手の女性に慰謝料を請求できます。その相場は数十万円から数百万円ほど。時には1000万円以上になる...
恋バナ調査隊 2023-09-24 06:00 ラブ
当てはまりすぎて自分が怖い!? 恋愛ご無沙汰女性5つの特徴と脱出方法
 気が付いたら「数年、彼氏がいない……」なんて人はいませんか。あまりにもご無沙汰だと、恋愛の仕方すら忘れてしまいますよね...
恋バナ調査隊 2023-09-23 06:00 ラブ
「結婚6年でメシマズは致命傷」妻に抱かない宣言を突き付けた夫の決断
「冷酷と激情のあいだvol.161〜女性編〜」では、結婚6年目にして完全にセックスレスになり、夫婦で話し合うたびに状況が...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
夫の「2度と抱かない」宣言にタガが外れた43歳レス妻、潮目が変わった
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
大失恋を経て婚約した男は視えてる? 20代ネイリストの幸福と恐怖 #1
 秋は結婚式の多い季節。 「ゼクシィ結婚トレンド調査2022」によると、結婚式の多い月は11月、10月、5月となっ...
蒼井凜花 2023-09-22 06:00 ラブ
やっておけばよかった…既婚女性が悔やむ「恋愛ときめき」7大イベント
 イベントは恋愛に欠かせないときめきエッセンス。結婚して落ち着いた今、「もっと、こんなことしておけばよかった」なんて後悔...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
平静を装い1年…“不倫クソ夫”は絶対に許さない!妻たちの仕返しエピ3選
 夫に不倫された妻の苦しみは、計り知れません。家族や子供のために「許そう」と一人葛藤しながら、一生懸命生活しています。で...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
「20代vs30代」女性の婚活バトルで判明!? 年齢は若いほど有利は幻想だ
 20代女性と30代女性、婚活中の男性はどちらを選ぶのか、がコンセプトのABEMA新恋リア番組『GIRL or LADY...
内藤みか 2023-09-21 06:00 ラブ
大好きな人とのキスでドン引き→集中できず“ご辞退申し上げた”思い出3選
 あなたは男性からのキスにドン引きした経験がありますか? 世の中には意中の彼からのキスでドン引きし、相手への気持ちが激萎...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
親との関係が影響している可能性も…モラハラ夫を作り出す義母の特徴3つ
 妻に対して攻撃的な言動を繰り返す「モラハラ夫」に怯える女性は少なくありません。家にいても安心してくつろげず、いつも夫の...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
他人事だとシャッターおろす前に確認を…泥沼不倫に陥る男の特徴と末路
 不倫は他人事と思っているかもしれませんが、あなたの夫が泥沼に陥ってしまう可能性もあります。夫婦関係がうまくいっていると...
恋バナ調査隊 2023-09-20 06:00 ラブ
モテる男攻略のめちゃ大事な第一歩は? 見た目もキャリアも平凡でOK!
 SNSを見ているとイケメンには、スタイル抜群の可愛い彼女がいます。  フォロワーが多かったり、特別なお仕事をして...
若林杏樹 2023-09-20 06:00 ラブ
貴女の度数は? フェロモンジャッジに挑戦! 相性抜群のメンズ香水も♪
 素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけ...
太田奈月 2023-09-19 06:00 ラブ