美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-14 06:00
投稿日:2021-06-14 06:00
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すようです。そんな美魔女は一見モテそうな気がしますが、実は男性からの意見は半々。そこで今回は、美魔女に対する男性の意見や、モテる美魔女になるためのコツをご紹介していきます。

「美人」はモテるけど「美魔女」はモテない?

美魔女はお好き?(写真:iStock)
美魔女はお好き? (写真:iStock)

 近年、年齢を重ねているのにとても若々しい女性が増えていますよね。35歳以上どころか、50歳近くになっても30代に見えるような若さを保っている人もいます。では、実際のところ、美魔女はモテるのでしょうか? 男性の意見を見ていきましょう。

美魔女はモテないと思う人の意見

 まずは、美魔女はモテないと思う男性の意見からチェックしていきましょう。

・いくら綺麗でも年齢は変えられない
・年相応の服装をしたほうがいいと感じる
・SNSなどで自撮り写真を投稿する必死さに引く
・年齢を重ねているより、若い美人のほうがいい

 否定派の意見では、美魔女の必死さに引いてしまうという人が多いようでした。また、やはり年齢が若いほうがいいという男性も多いようですね。

美魔女はモテると思う人の意見

 一方、美魔女はモテると思う人には、このような意見が多いようです。

・見た目が綺麗に越したことはないから
・大人の女性の魅力が出ているから
・自分を磨こうという向上心が素晴らしいと思う
・自分に自信がある女性は魅力的

 美魔女好きの意見としては、歳を重ねることで出てくる魅力や自信などを評価しているケースが多いようでした。外見だけの美しさだけではなく、内面の魅力が醸し出されるかが大切だということでしょう。

「モテる美魔女」と「モテない美魔女」の違い

キレイを追求するのは何のため?(写真:iStock)
キレイを追求するのは何のため? (写真:iStock)

 もちろん、男性によっても意見は違いますが、一般的にモテる美魔女とモテない美魔女には大きな違いがあるようです。

美を追求する目的が「自分のため」or「虚栄のため」

 モテる美魔女は健康を維持したり、心地良い毎日を送るために、「自分軸」で美しさを追求しています。根本にあるのは自分の感覚であるため、無理のないナチュラルな美しさを体現することができるのです。自分の良さを知っているからこそ、「長所を活かした美しさ」を目指せるのでしょう。

 一方、モテない美魔女は人に勝つためであったり、人の視線や意見を気にしながら美しさを追求しているため、どこか必死さや嘘臭さが見え隠れしてしまうのです。

美だけでなく内面を「磨いている」or「磨いていない」

 モテる美魔女の場合、美しさだけでなく知性や教養、優しさや誠実さなど、「内面」を磨いている人がほとんどです。一方、モテない美魔女は美容にばかりお金をかけて、内面を磨くことにあまり興味がない場合があります。

 どんなに美しくても、最終的には内面の魅力によってモテるかモテないかが分かれます。内面は少し会話するだけで、すぐにわかってしまうものなのです。

選ぶファッションが「自分に似合ったもの」or「若く見えるもの」

 選ぶファッションにも、違いがあるようです。モテる美魔女は「若く見えるかどうか」ではなく、「自分に似合っているかどうか」を判断基準にします。一方、モテない美魔女は、とにかく若い人の流行を優先しがち。自分に似合っているかどうかよりも、他人から若く見られるかどうかばかり気にしています。これが、不自然な若作りに見えてしまい、痛々しいと思われてしまうようです。

年齢に負けない!「モテる美魔女」になるコツ

年下ばっかり狙うのはNG(写真:iStock)
年下ばっかり狙うのはNG (写真:iStock)

「美魔女になろうと努力してきたのに、全然モテない……」という人は、こんな点に注意するとモテる美魔女になれるかもしれません。

人の目ばかり気にせず、自分自身が楽しむ

「美魔女」と一口で言っても、楽しそうに笑って生き生きと趣味や人生を語る女性と、視線を気にして鏡ばかり見ている女性では、魅力の違いは明らかですよね。

 美しさはあくまでも最初のステップ。そこからモテるかどうかは、本人が楽しんでいてキラキラ輝いているかどうかです。自分が楽しい!やりたい!と思うことをして、常にワクワク、笑顔でいることを心がけましょう。

年下ばかり狙わない

 自分の見た目の若さを試すかのように、かなり年下の男性ばかり狙う美魔女もいますが、あまりおすすめできません。自分の見た目や相手の年齢ばかりに囚われている時点で、相手の内面をあまり見ていないからです。

 自分よりかなり年上の男性だったとしても、大きな包容力や素晴らしい知識、経験などを持つ魅力的な男性はたくさんいるのです。

過去を振り返らない

 美魔女の中には、若い頃の美しさや栄光にすがりついている人もいます。でも、これは今の自分を認めていないことでもあります。

 若々しくモテる美魔女は、自分を認めて「今」を生きています。モテる美魔女を目指すのであれば、今の自分が持っている魅力を引き出すことに着目するようにしましょう。

自分軸で今を生きている美魔女はモテる!

自分軸で行こう!(写真:iStock)
自分軸で行こう! (写真:iStock)

 美魔女がモテるかどうかについて、男性の意見は大きく分かれます。でも、美魔女でもそうでなくても、内面が生き生きしている女性には、表面だけでは作れない内側から滲み出る美しさがあるのです。

 ぜひあなたも、外見も内面も若々しい美魔女になって、年齢を重ねることを楽しみながら、恋を満喫してくださいね♡

 

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...