ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ

内藤みか 作家
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなってしまいがち。そのため、今、かなりの人が「ご近所恋愛」に注目しています。でも、どのようにしたら近場の恋が始まるのでしょうか。

遠距離恋愛のデメリット

会えないなら意味ないじゃん…(写真:iStock)
会えないなら意味ないじゃん… (写真:iStock)

 ウイルスによる全世界的自粛で浮き彫りになったのは、遠距離恋愛のもろさでした。どんなに遠くても、いざとなったらいつでも会えると言い聞かせていた二人の絆は、移動制限により一気に薄まってしまったのです。

 会えない日々が続くと浮気が心配になってしまうもの。LINEの返事がなかなか来ないと「誰か他の女と会っているんじゃないの?」と不安でいてもたってもいられなくなったり、彼の行動範囲をしつこくチェックしてしまい面倒くさがられたりとメンタルも不安定になっていきます。

 動画チャットで溝を埋めようとしても、リアルに会いたいという気持ちはなかなか消えません。半年以上も会えないでいると、寂しい気持ちが埋まらなくなり、どちらからともなく「あまり意味がないから別れよう」と関係を終えるカップルも少なくありません。

ご近所恋愛のメリット

ご近所恋愛はいかが?(写真:iStock)
ご近所恋愛はいかが? (写真:iStock)

 ここに来て大注目されているのが、ご近所恋愛です。何かあったらすぐ飛んできてれるような距離に恋人がいると、とても心強いもの。地震やウイルスなどの緊急時には、遠方の彼は、すぐに駆けつけてはくれません。けれどご近所の彼だったら飛んできてくれるのです。

 また、感染症流行が起きても、すぐ近くだったら移動することに気を使う必要もありません。移動に30分もかからないくらいの距離に住んでいる恋人とだったら、気軽に会いやすいのです。どんなにネットが発達しても、人々はまだリアルを求めてしまうのです。それは、人のぬくもりに触れることができるからなのかもしれません。

ご近所恋愛のきっかけは?

ご近所レッスン

パン教室がきっかけ(写真:iStock)
パン教室がきっかけ (写真:iStock)

 ご近所で恋を見つけた女性たちはどのような行動を取ったのでしょう。

 それにはやはり、リアルでの出会いが鍵となっていました。たとえばA子さんは街を歩いていてパンづくり教室を見つけ、時間もあるからそこに通うようになったのです。

 平日夜のコースだったからか、リモートワークで時間を持て余しているという男性も受講していて、毎週顔を合わせるうちに親しくなっていったのです。

ご近所サークル

 同じようにご近所サークルに参加して恋を見つけた人もいます。サークルでなくてもボランティアでもいいでしょう。

 B子さんはコロナ関係の情報を探して市役所や公民館でまめにチラシや貼り紙をチェックしているうちに、偶然写真サークルのメンバー募集告知を見つけて参加しました。

 そこは男性受講者のほうが多く、カメラの使い方を教えてもらっているうちに、ひとりの男性に特別な感情を抱くようになったのです。

常連がいる店

カフェで素敵な男性に(写真:iStock)
カフェで素敵な男性に (写真:iStock)

 そして、常連さんがいるようなお店での出会いもあります。C子さんはバーでなく、面倒見のいいオーナーがいるカフェで素敵な男性を紹介してもらえました。感染症流行時はパーティーやイベントは控え目かもしれませんが、個人と個人をつなげてくれるようなご近所の場をひとつ見つけておくのはいいことです。

みんなどうやって見つけてる?

不用意な書き込みはトラブルの元(写真:iStock)
不用意な書き込みはトラブルの元 (写真:iStock)

 ご近所のイベントやスポットを見つけるコツは、B子さんのように公共施設のチラシや自治体だよりなどに載っている募集告知を見ることです。またはオンラインで今住んでいる町の名前とイベントなどを入れて検索するのもいいでしょう。たとえば「◯◯町、婚活パーティー」などと入れてみるのです。

 逆に、絶対にするべきではないのは、オンライン上に自分が住む街を書き込み「誰かお友達になってください」などと書くことです。連絡してきた相手は、本当はその街の住人ではなく、ただ女性と会いたいから嘘をついているかもしれないリスクもあります。できれば最初はイベントなど、他の人が何人もいるような場所で親しくなっていくほうがいいでしょう。

 絶対恋人を作るなどと頑張りすぎず、まずはお友達から始めるのがご近所恋愛のコツです。近所のお店の素敵な店員さんチェックから始めてもいいのではないでしょうか。この街にもかっこいい人が結構いるんだなと気づくだけでも、心に余裕が生まれるはずです。

ラブ 新着一覧


自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ