ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ

内藤みか 作家
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなってしまいがち。そのため、今、かなりの人が「ご近所恋愛」に注目しています。でも、どのようにしたら近場の恋が始まるのでしょうか。

遠距離恋愛のデメリット

会えないなら意味ないじゃん…(写真:iStock)
会えないなら意味ないじゃん… (写真:iStock)

 ウイルスによる全世界的自粛で浮き彫りになったのは、遠距離恋愛のもろさでした。どんなに遠くても、いざとなったらいつでも会えると言い聞かせていた二人の絆は、移動制限により一気に薄まってしまったのです。

 会えない日々が続くと浮気が心配になってしまうもの。LINEの返事がなかなか来ないと「誰か他の女と会っているんじゃないの?」と不安でいてもたってもいられなくなったり、彼の行動範囲をしつこくチェックしてしまい面倒くさがられたりとメンタルも不安定になっていきます。

 動画チャットで溝を埋めようとしても、リアルに会いたいという気持ちはなかなか消えません。半年以上も会えないでいると、寂しい気持ちが埋まらなくなり、どちらからともなく「あまり意味がないから別れよう」と関係を終えるカップルも少なくありません。

ご近所恋愛のメリット

ご近所恋愛はいかが?(写真:iStock)
ご近所恋愛はいかが? (写真:iStock)

 ここに来て大注目されているのが、ご近所恋愛です。何かあったらすぐ飛んできてれるような距離に恋人がいると、とても心強いもの。地震やウイルスなどの緊急時には、遠方の彼は、すぐに駆けつけてはくれません。けれどご近所の彼だったら飛んできてくれるのです。

 また、感染症流行が起きても、すぐ近くだったら移動することに気を使う必要もありません。移動に30分もかからないくらいの距離に住んでいる恋人とだったら、気軽に会いやすいのです。どんなにネットが発達しても、人々はまだリアルを求めてしまうのです。それは、人のぬくもりに触れることができるからなのかもしれません。

ご近所恋愛のきっかけは?

ご近所レッスン

パン教室がきっかけ(写真:iStock)
パン教室がきっかけ (写真:iStock)

 ご近所で恋を見つけた女性たちはどのような行動を取ったのでしょう。

 それにはやはり、リアルでの出会いが鍵となっていました。たとえばA子さんは街を歩いていてパンづくり教室を見つけ、時間もあるからそこに通うようになったのです。

 平日夜のコースだったからか、リモートワークで時間を持て余しているという男性も受講していて、毎週顔を合わせるうちに親しくなっていったのです。

ご近所サークル

 同じようにご近所サークルに参加して恋を見つけた人もいます。サークルでなくてもボランティアでもいいでしょう。

 B子さんはコロナ関係の情報を探して市役所や公民館でまめにチラシや貼り紙をチェックしているうちに、偶然写真サークルのメンバー募集告知を見つけて参加しました。

 そこは男性受講者のほうが多く、カメラの使い方を教えてもらっているうちに、ひとりの男性に特別な感情を抱くようになったのです。

常連がいる店

カフェで素敵な男性に(写真:iStock)
カフェで素敵な男性に (写真:iStock)

 そして、常連さんがいるようなお店での出会いもあります。C子さんはバーでなく、面倒見のいいオーナーがいるカフェで素敵な男性を紹介してもらえました。感染症流行時はパーティーやイベントは控え目かもしれませんが、個人と個人をつなげてくれるようなご近所の場をひとつ見つけておくのはいいことです。

みんなどうやって見つけてる?

不用意な書き込みはトラブルの元(写真:iStock)
不用意な書き込みはトラブルの元 (写真:iStock)

 ご近所のイベントやスポットを見つけるコツは、B子さんのように公共施設のチラシや自治体だよりなどに載っている募集告知を見ることです。またはオンラインで今住んでいる町の名前とイベントなどを入れて検索するのもいいでしょう。たとえば「◯◯町、婚活パーティー」などと入れてみるのです。

 逆に、絶対にするべきではないのは、オンライン上に自分が住む街を書き込み「誰かお友達になってください」などと書くことです。連絡してきた相手は、本当はその街の住人ではなく、ただ女性と会いたいから嘘をついているかもしれないリスクもあります。できれば最初はイベントなど、他の人が何人もいるような場所で親しくなっていくほうがいいでしょう。

 絶対恋人を作るなどと頑張りすぎず、まずはお友達から始めるのがご近所恋愛のコツです。近所のお店の素敵な店員さんチェックから始めてもいいのではないでしょうか。この街にもかっこいい人が結構いるんだなと気づくだけでも、心に余裕が生まれるはずです。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...