ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ

内藤みか 作家
更新日:2021-06-17 06:00
投稿日:2021-06-17 06:00
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなってしまいがち。そのため、今、かなりの人が「ご近所恋愛」に注目しています。でも、どのようにしたら近場の恋が始まるのでしょうか。

遠距離恋愛のデメリット

 ウイルスによる全世界的自粛で浮き彫りになったのは、遠距離恋愛のもろさでした。どんなに遠くても、いざとなったらいつでも会えると言い聞かせていた二人の絆は、移動制限により一気に薄まってしまったのです。

 会えない日々が続くと浮気が心配になってしまうもの。LINEの返事がなかなか来ないと「誰か他の女と会っているんじゃないの?」と不安でいてもたってもいられなくなったり、彼の行動範囲をしつこくチェックしてしまい面倒くさがられたりとメンタルも不安定になっていきます。

 動画チャットで溝を埋めようとしても、リアルに会いたいという気持ちはなかなか消えません。半年以上も会えないでいると、寂しい気持ちが埋まらなくなり、どちらからともなく「あまり意味がないから別れよう」と関係を終えるカップルも少なくありません。

ご近所恋愛のメリット

 ここに来て大注目されているのが、ご近所恋愛です。何かあったらすぐ飛んできてれるような距離に恋人がいると、とても心強いもの。地震やウイルスなどの緊急時には、遠方の彼は、すぐに駆けつけてはくれません。けれどご近所の彼だったら飛んできてくれるのです。

 また、感染症流行が起きても、すぐ近くだったら移動することに気を使う必要もありません。移動に30分もかからないくらいの距離に住んでいる恋人とだったら、気軽に会いやすいのです。どんなにネットが発達しても、人々はまだリアルを求めてしまうのです。それは、人のぬくもりに触れることができるからなのかもしれません。

ご近所恋愛のきっかけは?

ご近所レッスン

 ご近所で恋を見つけた女性たちはどのような行動を取ったのでしょう。

 それにはやはり、リアルでの出会いが鍵となっていました。たとえばA子さんは街を歩いていてパンづくり教室を見つけ、時間もあるからそこに通うようになったのです。

 平日夜のコースだったからか、リモートワークで時間を持て余しているという男性も受講していて、毎週顔を合わせるうちに親しくなっていったのです。

ご近所サークル

 同じようにご近所サークルに参加して恋を見つけた人もいます。サークルでなくてもボランティアでもいいでしょう。

 B子さんはコロナ関係の情報を探して市役所や公民館でまめにチラシや貼り紙をチェックしているうちに、偶然写真サークルのメンバー募集告知を見つけて参加しました。

 そこは男性受講者のほうが多く、カメラの使い方を教えてもらっているうちに、ひとりの男性に特別な感情を抱くようになったのです。

常連がいる店

 そして、常連さんがいるようなお店での出会いもあります。C子さんはバーでなく、面倒見のいいオーナーがいるカフェで素敵な男性を紹介してもらえました。感染症流行時はパーティーやイベントは控え目かもしれませんが、個人と個人をつなげてくれるようなご近所の場をひとつ見つけておくのはいいことです。

みんなどうやって見つけてる?

 ご近所のイベントやスポットを見つけるコツは、B子さんのように公共施設のチラシや自治体だよりなどに載っている募集告知を見ることです。またはオンラインで今住んでいる町の名前とイベントなどを入れて検索するのもいいでしょう。たとえば「◯◯町、婚活パーティー」などと入れてみるのです。

 逆に、絶対にするべきではないのは、オンライン上に自分が住む街を書き込み「誰かお友達になってください」などと書くことです。連絡してきた相手は、本当はその街の住人ではなく、ただ女性と会いたいから嘘をついているかもしれないリスクもあります。できれば最初はイベントなど、他の人が何人もいるような場所で親しくなっていくほうがいいでしょう。

 絶対恋人を作るなどと頑張りすぎず、まずはお友達から始めるのがご近所恋愛のコツです。近所のお店の素敵な店員さんチェックから始めてもいいのではないでしょうか。この街にもかっこいい人が結構いるんだなと気づくだけでも、心に余裕が生まれるはずです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ