体型カバーコーデで簡単痩せ見え効果♡ 着こなしの8つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-07-09 06:00
投稿日:2021-07-09 06:00
 女性であれば誰もが、実際のスタイルよりも華奢に見せたいと思っているはず。そこで今回は、痩せ見えする体型カバーコーデの8つのコツを「上半身編」と「下半身編」に分けてご紹介します。気になる部分をカバーしてくれるデザインやアイテムを知って、スタイルアップを目指してくださいね♡

【上半身編】体型カバーを叶えるコーデのコツ

体型をカバーしたい部分を明確に!(写真:iStock)
体型をカバーしたい部分を明確に! (写真:iStock)

 気になる部分を「少しでも細く見せたい!」と思うのは当然のことですが、あれこれ隠そうとしてしまうと、かえって太って見えてしまうことも……。痩せ見えコーデをするためには、体型をカバーしたい部分を明確にすることが大切です。まずはじめに、上半身の体型カバーを叶えるコーデのコツを詳しく見ていきましょう。

1. 二の腕のカバーは袖の長さと太さに注目

 二の腕をしっかりカバーして半袖コーデを楽しみたい人は、袖の長さと太さに注目して選ぶことが大事です。肩から袖口に向かって広がったフリルやプリーツになっているデザインは、気になる二の腕をしっかりカバーしてくれるので、おすすめです。

 また、ついつい避けてしまいがちなレースやシースルー素材も、長さがあれば二の腕カバーの強い味方になってくれます。逆に、フィットする素材や二の腕が一番太い部分までの袖丈は、二の腕が太く見えてしまうので避けたほうがいいでしょう。

2. 背中と脇腹はハリのある素材でカバー

 背中や脇腹の状態は、自分ではわかりづらい部分。自分の後ろ姿を見て、「こんなにお肉があったなんて……」と、落ち込んでしまった経験がある人もいるはずです。

 そんな背中や脇腹を上手にカバーするためには、シルエットが綺麗でしっかりしたハリのある素材がおすすめ。ウールやポリエステル、コットン素材のものを選んで、気になるお肉をカバーしましょう。

3. ぽっこりお腹はふんわりシルエットでカバー

 年齢を重ねるとともに、多くの女性を悩ませる“ぽっこりお腹”。そんなお腹は、無理にウエストをベルトで締め付けず、ふんわりしたシルエットの洋服でカバーしましょう。

 痩せ見え効果があるのは、デザインの長めのトップスやワンピースです。上半身にボリューム感のあるものを選んだ時は、細身のボトムスを合わせてメリハリをつけましょう。

4. Vネックのトップスは小顔効果バツグン

 首回りやデコルテをすっきり見せるVネックのトップスは、体型カバーコーデの定番。フェイスラインがシャープに見えるため、小顔効果が狙えます。Vネックのトップスがない人は、シャツのボタンをいつもよりひとつ多く開けるのもあり。

 胸元を少し開けると鎖骨が綺麗に見えるので、大人の女性としての魅力がアップします。ただし、開けすぎると下品な印象になってしまうので注意してくださいね。

【下半身編】体型カバーを叶えるコーデのコツ

ヒップや太ももをカバーしてくれるフレアスカート(写真:iStock)
ヒップや太ももをカバーしてくれるフレアスカート (写真:iStock)

 続いては、下半身編! 太ももやヒップライン、足の形や長さにコンプレックスを抱えている人は必見ですよ。

1. ワイドパンツで気になる太ももをカバー

 太ももの部分が太いワイドパンツは、太ももが気になる人の強い味方です。太ももだけではなく、足全体をしっかりカバーしてくれるので痩せ見えアイテムとしても優秀。

 ワイドパンツを履く時は、トップスに大きめサイズのものを合わせてしまうと体型にメリハリがなくなって太って見えることがあるので、できるだけジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

2. ハイウエストパンツは脚長効果アリ

 身長が低いと、「余計に背が小さく見えるから……」とパンツコーデを避けてしまいがち。でも、そんな方におすすめなのがハイウエストパンツです。腰の位置が高く見えて、脚長効果もばっちり。スタイルアップにつながります。

 また、ウエスト部分にベルトやリボンが付いているデザインを選べば、ヒップや腰回りも一緒にカバーできますよ。

3. ヒップラインはAラインのフレアスカートでカバー

 ウエスト部分から裾に向かって広がるAラインのフレアスカートは、ヒップや太ももを上手にカバーしてくれるアイテム。コツは、足首をしっかり出すことです。ほかの部分が隠れているぶん、足首が細くスッキリして見えます。

 また、ヒザ下丈のAラインのフレアスカートを選ぶ際には、長さにも注目しましょう。スカートの裾がふくらはぎの一番太い部分までだと、ヒップや太ももを上手にカバーできても、足が太く見えてしまいます。ふくらはぎの太い部分の「上」か「下」かで判断しましょう。

4. 縦ラインを意識して下半身全体をカバー

 下半身全体をカバーしたい人は、縦のラインが入ったボトムスを選ぶことが痩せ見えのカギになります。

 おすすめの痩せ見えアイテムは、細かいストライプ柄やプリーツ素材、斜めラインのラップスカートやセンタープレスが入っているパンツがおすすめ。また、膨張色やタイトなデザインは避けたほうが無難でしょう。

体型カバーコーデのコツをマスターして理想のスタイルに♡

自分の体型を知って痩せ見えを狙って♪(写真:iStock)
自分の体型を知って痩せ見えを狙って♪ (写真:iStock)

 上手に痩せ見えする一番の近道は、自分の体型を良く知ること! 自分のスタイルを良く知ったうえで、どの部分をカバーしたいのかを明確にしていきましょう。

 体型カバーコーデのコツをしっかりマスターできれば、あなたの理想のスタイルに近づくことが可能になりますよ。実際の体重は変わっていなくても、友人から「もしかして痩せた?」なんて言われるかもしれません♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...