気になる肌の黒ずみは今年こそ解消♡ 原因&対策方法7選!

コクハク編集部
更新日:2020-08-25 06:00
投稿日:2020-08-25 06:00
 どんなにおしゃれな服を着ても、ちらっと見える肘や膝が黒ずんでいたら台無しですよね……。しかし、一度できた肌の黒ずみは頑固でなかなか消えないため、お悩みの方も多いでしょう。そこで今回コクハク編集部では、肌の黒ずみの原因や予防・対策方法についてご紹介します! 黒ずみのメカニズムを知って、最短で効果を出していきましょう♡

肌の黒ずみ対策は敵を知ってから! 黒ずみが起こる3つの原因

肌の黒ずみの原因は?(写真:iStock)
肌の黒ずみの原因は? (写真:iStock)

 敵を倒すには、敵を知ることが一番! まずは、肌の黒ずみの原因をしっかり確認していきましょう。心当たりがある人は、その行動を避けることが黒ずみ対策の第一ステップですよ。さっそく、見ていきましょう。

1. 刺激や乾燥による色素沈着

 そもそも、「黒ずみ」とは「色素沈着」のことを言います。メラニン色素は紫外線や摩擦などの外的刺激から肌を守るために生成されますが、それが体外に排出されずに肌に沈着することで、肌の黒ずみが発生するんです。紫外線のほか、下着の擦れ、頻繁に肘・膝をつく、乾燥、間違ったスキンケアなども黒ずみの原因となるため、注意が必要です。

2. ホルモンバランスによるもの

 ホルモンバランスが崩れることでメラノサイトが刺激され、原因となるメラニン色素が生成されるのも、黒ずみの原因のひとつ。ホルモンバランスが乱れる原因は、食生活や睡眠不足、ストレスなどさまざまですが、生活習慣を整えることがホルモンバランスを整える大きなポイントになるため、見直してみることも大切です。

3. ターンオーバーの乱れによるもの

 通常であれば、生成されたメラニン色素は肌のターンオーバー(新陳代謝)で、垢として剥がれ落ちていきます。しかし、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなどでこのターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニンは剥がれ落ちることなく蓄積することに……。その結果、部分的に色素の沈着が起こり、黒ずみが発生してしまいます。

【セルフケア】体の黒ずみの対策方法5選!

何気ない頬杖も黒ずみの原因に…(写真:iStock)
何気ない頬杖も黒ずみの原因に… (写真:iStock)

 体の黒ずみはケアをしたからといって、すぐに消えるというものではありません。でも、効果的なケアを着実に行うことで、本来の肌色を取り戻すことができるんですよ♡ そこでまずは、セルフケアでできる黒ずみ対策をチェックしていきましょう。

1. 黒ずみ専用クリームでケアを行う

 黒ずみケアで一番大切なのは、なんといっても「保湿」でしょう! 肌のターンオーバーを整えることもできますし、摩擦などを軽減させる効果も期待できます。

 一般的な保湿クリームでも良いですが、より効率よく解消を望むのであれば、黒ずみ専用クリームでケアを行うのがおすすめ。黒ずみ専用クリームには、白い肌に導く成分や肌を健やかに保つ高い保湿力を持った成分が配合されており、黒ずみにピンポイントでアプローチしてくれます。

 また、脇、肘、膝など、黒ずみができやすい部位は、それぞれ皮膚の薄さや特徴が違います。肌の負担を避けるためにも、できれば「デリケートゾーン用」「脇用」など、部位別に特化したものを選ぶと良いでしょう。

2. 姿勢や歩き方、生活習慣など行動を見直す

 黒ずみは姿勢や歩き方など、普段の生活習慣によって発生することが多いです。せっかく現在ある黒ずみが解消されても、同じ行動を取っていれば、再度黒ずみが発生するリスクが高くなってしまうでしょう。

 特に注意が必要なのが、膝や肘をつくことで起こる肌への「圧迫」、体をゴシゴシ洗うなどの「摩擦」です。これらは何気なく行ってしまう癖であることが多いため、行動を見直してみることも必要です。

3. 服や下着などの衣類を見直す

 デリケートゾーンや背中、乳首の黒ずみは、服や下着などの摩擦によって起こる場合が多いです。引き締めの強いズボンや、締め付けの強い下着はどうしても肌に摩擦が起こりやすくなるため、控えた方が良いでしょう。

 また、肌に着ける衣類の素材やタイプにもこだわりましょう。通気性が良く低刺激なのは、シルクやコットンなどの素材。黒ずみの原因となりやすいショーツ&ブラジャーは、縫い目のないシームレスタイプがおすすめです。

 さらに、ローライズタイプやビキニタイプなど、いろいろな形状の下着を使うと肌にかかる負荷を分散させることができます。意識して選んでみると良いでしょう。

4. 黒ずみ改善に効果的な栄養素を摂る

 肌の黒ずみを改善するには、肌の外側からのケアにプラスして、内側からのケアを同時に行うことも大切。栄養バランスの取れた食事は、肌のターンオーバーやホルモンバランスのサイクルを整えるサポートをしてくれるため、外せないケアです。

 黒ずみ改善に効果的な栄養素としては、肌の細胞を作る「タンパク質」、肌のターンオーバーを促す&免疫を高める「ビタミンB群」、強い抗酸化作用を持つ「ビタミンC」など。積極的に摂取したいですね。 もしも、毎日の食事で十分量が摂れない方は、サプリなどで補充するのもおすすめです。

5. ムダ毛の自己処理を見直す

 ムダ毛処理を行う際、カミソリや毛抜きなどを使ってケアを行う方は多いですが、これも黒ずみの大きな原因! 処理時の負担だけではなく、傷ついた肌から細菌が入って炎症を起こしてしまうリスクも高いため、自己処理には十分な注意が必要です。

 セルフケアであれば、肌に優しい電気シェーバーを使うのが◎。自己処理後にはしっかり保湿ケアを行い、肌を守りましょう。

【エステサロンやクリニックでのケア】体の黒ずみの対策方法2選!

エステサロンで黒ずみケアもあり♪(写真:iStock)
エステサロンで黒ずみケアもあり♪ (写真:iStock)

 セルフケアでコツコツ消すなんて無理……と思う方は、エステサロンやクリニックなどの力を借りてみても良いかもしれません。プロが行う黒ずみ対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

1. エステサロンやクリニックでの黒ずみ除去

 エステサロンやクリニックの黒ずみ除去の方法としては、レーザーを使った施術が一般的。すでに色素沈着が起こっている部位に医師が選んだレーザーを当て、メラニン色素を少しずつ破壊させることで、黒ずみを改善させていきます。また、それと同時に、肌を白くする効果を持つ外用薬を処方されることもあるようです。

 肌の黒ずみ除去についてはエステサロンやクリニックによっても費用が異なるため、事前にリサーチをしておきましょう。

 また、中には無料カウンセリングを受けることができるサロンなどもあるようです。何回ほどの施術でどれくらい黒ずみが改善されるのか? 費用はどれくらいなのか?など、詳しく聞くこともできるため、お試し気分で一度検討してみるのも良いかもしれません。

2. 脱毛サロンで相乗効果を狙う

 サロンで脱毛をすることで、黒ずみが解消されたという声も多くあるようです。しかし、脱毛はあくまでムダ毛をなくすためのもの。黒ずみ改善ができる施術ではないため、注意が必要です。

 ただ、「医療脱毛を行う=肌の黒ずみの原因となる自己処理を行う必要はなくなる」ということ。サロンのアドバイスを受けて保湿などのケアを続けることで、肌のターンオーバーが整っていくはずですので、だんだんと肌の状態を改善させていくことはできるでしょう。相乗効果を狙うことはできますね。

ターンオーバーUP!肌の黒ずみ対策でツルツルの白肌に♡

ツルツルの白肌でストレスフリーに♡(写真:iStock)
ツルツルの白肌でストレスフリーに♡ (写真:iStock)

 黒ずみ対策の最短コースは、「予防を行いながら、肌のターンオーバーを促してメラニン色素を排出していくこと」に尽きます! 黒ずみの原因は日常生活の中にもたくさんあるため、まずは、摩擦や圧迫などを減らして、十分な保湿ケアを行うことから始めてみましょう。

「セルフケアではどうにもならない……」という場合には、エステサロンやクリニックなどに相談することも選択肢に入れてみると良いと思います。ぜひ、効率良く黒ずみ対策を行って、ツルツルの白肌を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...