気になる肌の黒ずみは今年こそ解消♡ 原因&対策方法7選!

コクハク編集部
更新日:2020-08-25 06:00
投稿日:2020-08-25 06:00
 どんなにおしゃれな服を着ても、ちらっと見える肘や膝が黒ずんでいたら台無しですよね……。しかし、一度できた肌の黒ずみは頑固でなかなか消えないため、お悩みの方も多いでしょう。そこで今回コクハク編集部では、肌の黒ずみの原因や予防・対策方法についてご紹介します! 黒ずみのメカニズムを知って、最短で効果を出していきましょう♡

肌の黒ずみ対策は敵を知ってから! 黒ずみが起こる3つの原因

肌の黒ずみの原因は?(写真:iStock)
肌の黒ずみの原因は? (写真:iStock)

 敵を倒すには、敵を知ることが一番! まずは、肌の黒ずみの原因をしっかり確認していきましょう。心当たりがある人は、その行動を避けることが黒ずみ対策の第一ステップですよ。さっそく、見ていきましょう。

1. 刺激や乾燥による色素沈着

 そもそも、「黒ずみ」とは「色素沈着」のことを言います。メラニン色素は紫外線や摩擦などの外的刺激から肌を守るために生成されますが、それが体外に排出されずに肌に沈着することで、肌の黒ずみが発生するんです。紫外線のほか、下着の擦れ、頻繁に肘・膝をつく、乾燥、間違ったスキンケアなども黒ずみの原因となるため、注意が必要です。

2. ホルモンバランスによるもの

 ホルモンバランスが崩れることでメラノサイトが刺激され、原因となるメラニン色素が生成されるのも、黒ずみの原因のひとつ。ホルモンバランスが乱れる原因は、食生活や睡眠不足、ストレスなどさまざまですが、生活習慣を整えることがホルモンバランスを整える大きなポイントになるため、見直してみることも大切です。

3. ターンオーバーの乱れによるもの

 通常であれば、生成されたメラニン色素は肌のターンオーバー(新陳代謝)で、垢として剥がれ落ちていきます。しかし、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなどでこのターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニンは剥がれ落ちることなく蓄積することに……。その結果、部分的に色素の沈着が起こり、黒ずみが発生してしまいます。

【セルフケア】体の黒ずみの対策方法5選!

何気ない頬杖も黒ずみの原因に…(写真:iStock)
何気ない頬杖も黒ずみの原因に… (写真:iStock)

 体の黒ずみはケアをしたからといって、すぐに消えるというものではありません。でも、効果的なケアを着実に行うことで、本来の肌色を取り戻すことができるんですよ♡ そこでまずは、セルフケアでできる黒ずみ対策をチェックしていきましょう。

1. 黒ずみ専用クリームでケアを行う

 黒ずみケアで一番大切なのは、なんといっても「保湿」でしょう! 肌のターンオーバーを整えることもできますし、摩擦などを軽減させる効果も期待できます。

 一般的な保湿クリームでも良いですが、より効率よく解消を望むのであれば、黒ずみ専用クリームでケアを行うのがおすすめ。黒ずみ専用クリームには、白い肌に導く成分や肌を健やかに保つ高い保湿力を持った成分が配合されており、黒ずみにピンポイントでアプローチしてくれます。

 また、脇、肘、膝など、黒ずみができやすい部位は、それぞれ皮膚の薄さや特徴が違います。肌の負担を避けるためにも、できれば「デリケートゾーン用」「脇用」など、部位別に特化したものを選ぶと良いでしょう。

2. 姿勢や歩き方、生活習慣など行動を見直す

 黒ずみは姿勢や歩き方など、普段の生活習慣によって発生することが多いです。せっかく現在ある黒ずみが解消されても、同じ行動を取っていれば、再度黒ずみが発生するリスクが高くなってしまうでしょう。

 特に注意が必要なのが、膝や肘をつくことで起こる肌への「圧迫」、体をゴシゴシ洗うなどの「摩擦」です。これらは何気なく行ってしまう癖であることが多いため、行動を見直してみることも必要です。

3. 服や下着などの衣類を見直す

 デリケートゾーンや背中、乳首の黒ずみは、服や下着などの摩擦によって起こる場合が多いです。引き締めの強いズボンや、締め付けの強い下着はどうしても肌に摩擦が起こりやすくなるため、控えた方が良いでしょう。

 また、肌に着ける衣類の素材やタイプにもこだわりましょう。通気性が良く低刺激なのは、シルクやコットンなどの素材。黒ずみの原因となりやすいショーツ&ブラジャーは、縫い目のないシームレスタイプがおすすめです。

 さらに、ローライズタイプやビキニタイプなど、いろいろな形状の下着を使うと肌にかかる負荷を分散させることができます。意識して選んでみると良いでしょう。

4. 黒ずみ改善に効果的な栄養素を摂る

 肌の黒ずみを改善するには、肌の外側からのケアにプラスして、内側からのケアを同時に行うことも大切。栄養バランスの取れた食事は、肌のターンオーバーやホルモンバランスのサイクルを整えるサポートをしてくれるため、外せないケアです。

 黒ずみ改善に効果的な栄養素としては、肌の細胞を作る「タンパク質」、肌のターンオーバーを促す&免疫を高める「ビタミンB群」、強い抗酸化作用を持つ「ビタミンC」など。積極的に摂取したいですね。 もしも、毎日の食事で十分量が摂れない方は、サプリなどで補充するのもおすすめです。

5. ムダ毛の自己処理を見直す

 ムダ毛処理を行う際、カミソリや毛抜きなどを使ってケアを行う方は多いですが、これも黒ずみの大きな原因! 処理時の負担だけではなく、傷ついた肌から細菌が入って炎症を起こしてしまうリスクも高いため、自己処理には十分な注意が必要です。

 セルフケアであれば、肌に優しい電気シェーバーを使うのが◎。自己処理後にはしっかり保湿ケアを行い、肌を守りましょう。

【エステサロンやクリニックでのケア】体の黒ずみの対策方法2選!

エステサロンで黒ずみケアもあり♪(写真:iStock)
エステサロンで黒ずみケアもあり♪ (写真:iStock)

 セルフケアでコツコツ消すなんて無理……と思う方は、エステサロンやクリニックなどの力を借りてみても良いかもしれません。プロが行う黒ずみ対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

1. エステサロンやクリニックでの黒ずみ除去

 エステサロンやクリニックの黒ずみ除去の方法としては、レーザーを使った施術が一般的。すでに色素沈着が起こっている部位に医師が選んだレーザーを当て、メラニン色素を少しずつ破壊させることで、黒ずみを改善させていきます。また、それと同時に、肌を白くする効果を持つ外用薬を処方されることもあるようです。

 肌の黒ずみ除去についてはエステサロンやクリニックによっても費用が異なるため、事前にリサーチをしておきましょう。

 また、中には無料カウンセリングを受けることができるサロンなどもあるようです。何回ほどの施術でどれくらい黒ずみが改善されるのか? 費用はどれくらいなのか?など、詳しく聞くこともできるため、お試し気分で一度検討してみるのも良いかもしれません。

2. 脱毛サロンで相乗効果を狙う

 サロンで脱毛をすることで、黒ずみが解消されたという声も多くあるようです。しかし、脱毛はあくまでムダ毛をなくすためのもの。黒ずみ改善ができる施術ではないため、注意が必要です。

 ただ、「医療脱毛を行う=肌の黒ずみの原因となる自己処理を行う必要はなくなる」ということ。サロンのアドバイスを受けて保湿などのケアを続けることで、肌のターンオーバーが整っていくはずですので、だんだんと肌の状態を改善させていくことはできるでしょう。相乗効果を狙うことはできますね。

ターンオーバーUP!肌の黒ずみ対策でツルツルの白肌に♡

ツルツルの白肌でストレスフリーに♡(写真:iStock)
ツルツルの白肌でストレスフリーに♡ (写真:iStock)

 黒ずみ対策の最短コースは、「予防を行いながら、肌のターンオーバーを促してメラニン色素を排出していくこと」に尽きます! 黒ずみの原因は日常生活の中にもたくさんあるため、まずは、摩擦や圧迫などを減らして、十分な保湿ケアを行うことから始めてみましょう。

「セルフケアではどうにもならない……」という場合には、エステサロンやクリニックなどに相談することも選択肢に入れてみると良いと思います。ぜひ、効率良く黒ずみ対策を行って、ツルツルの白肌を目指してくださいね♡

ビューティー 新着一覧


夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...