1週間で3kg痩せたい!健康的な短期集中ダイエット方法6選♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-07-17 06:00
投稿日:2020-07-17 06:00
 結婚式や同窓会など大事な予定などが入った時に、少しでも痩せてスタイルを良く見せたいと思うのが女心というもの。「短期間で痩せるにはどうすればいいんだろう?」と、悩む女性も多いはずです。
 そこで今回は1週間で3kgダイエットを目指す女性に、おすすめのダイエット方法を紹介します。健康的に痩せて、スタイルを維持しちゃいましょう!

1週間で3kg痩せるには?短期集中ダイエットの方法6選!

この日までに絶対痩せたい!(写真:iStock)
この日までに絶対痩せたい! (写真:iStock)

 ダイエットというと、「時間がかかる」「続かない」といったイメージがあると思います。でも、今回ご紹介するのは、1週間で3kg痩せる短期集中ダイエットの方法。

 でも、たった1週間で3kg痩せるなんて、イメージ的にはかなりハードな感じがしますよね。もちろん無理は禁物ですが、しっかりと健康を意識して取り組めばできないことはありません。さっそく、見ていきましょう。

トレーニングで1週間で3kg痩せたい!

短期集中型なら筋トレは欠かせない(写真:iStock)
短期集中型なら筋トレは欠かせない (写真:iStock)

 まずは、運動です。運動にはいろいろな方法がありますが、ここでは短期集中ダイエットに効果的な3つの運動を紹介します。自分に合った運動を見つけて、実践してくださいね。

1.プールで泳ぐ・歩く

 短期間で全身を引き締めるには、プールで泳いだりウォーキングを行うのがおすすめです。特に水泳は、陸上でトレーニングをするよりも体感的に負荷を感じにくいため、続けやすいのもメリット。

 なにより、水中での運動は、水の中に入っているだけで体に水の抵抗を受けるため、陸上で運動をするよりも消費カロリーが高いのが嬉しいところ。また、浮力のおかげで体への負担が少なく、血行促進やむくみの解消にもつながり、全身をシェイプアップするのに効果的だといえます。

2.有酸素運動をする

 通常、運動をし始めると糖質が先に燃えますが、20分以上運動を続ける有酸素運動では脂肪が多く燃えると言われています。有酸素運動は長く続ければ続けるほど、体内の糖質や脂肪を減らすことに効果的なため、短期集中ダイエットにも有効です。

 一般的な有酸素運動は、ウォーキング、水泳、エアロビクス、ジョギングなどです。ただ、有酸素運動の消費カロリーはそれほど多くないため、腹持ちのいいヘルシー食材にするなど食事面でのアプローチにも気をつけると、よりダイエット効果が高まるでしょう。

3.筋トレをする

「筋トレをするとムキムキになるから嫌」いうイメージを持つ女性も多いかもしれませんが、筋トレはダイエットには欠かせない運動の一つです。

 筋トレは、体内の糖質をエネルギーに変え、基礎代謝をUPさせてくれます。代謝が上がれば自然とカロリー消費率もUPするため、痩せやすい体を作ることができるんです。継続的することで、健康的な体作りにも一役買ってくれるでしょう。

 ちなみに、ムキムキになるまでの筋トレには、かなりのストイックさと継続的なトレーニングが必要。つまり、女性らしい体でいたいのであれば、そこまで負荷をかけなければOKだということ! 毎日少しずつでも、ぜひ試してみてくださいね。

食生活を変えて1週間で3kg痩せたい!

ヨーグルトでお腹を満たす(写真:iStock)
ヨーグルトでお腹を満たす (写真:iStock)

 次は、食生活を変えて痩せる方法です。運動だけでなく、食事もダイエットと健康を意識して行うことで、理想的なダイエットが可能になります。短期間で痩せる食事方法を、順に見ていきましょう。

4.朝食をグリーンスムージーにする

 今まで朝食をしっかり食べていたという方は、朝食だけ、ビタミンやミネラルなどたっぷり摂れる野菜&フルーツたっぷりのグリーンスムージーに変えてみましょう。

 好きな野菜やフルーツをブレンドして、自分好みのオリジナルスムージーを作ると、普段から苦手な野菜や不足している栄養素を補うことができます。また、ナッツ類を入れると腹持ちが良くなるので、物足りなさを感じるという方は試してみてください。

5.ファスティングダイエットをする

 ファスティング(断食)ダイエットは、一定期間食事をせずに消化機能を休ませることで脂肪燃焼させる方法です。ダイエットだけではなく、体の毒素をデトックスさせたり、臓器を休ませることもでき、免疫力UPやアレルギー症状の緩和など、さまざまな効果に期待できると言われています。

 ただし、ファスティングはただ断食をすれば良いというものではありません。断食前後には消化がよく低カロリーのものを摂る、激しい運動などはしない、など、さまざまなルールがあるため、正しい知識のもとで行うことが肝心ですよ。

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

6.置き換えダイエットをする

 3食のうち、1食を置き換えする方法もあります。これは、普段食べている食事のカロリーを、1食分だけ低カロリーにすることが目的です。朝昼晩のどの食事を置き換えても良いですが、多くの人は夕食に高カロリーなものを摂取する傾向にあるので、夕食を置き換えるのがおすすめです。

 置き換えする食べ物も、低カロリーで腹持ちのいいものを選ぶことが大事です。代表的な食材はバナナ、ささみ、蕎麦など。いずれの食材も栄養豊富なので、ダイエット食材には最適。

 また、麺類が食べたい時は、麺をしらたきに変えるのもおすすめです。意外にもしらたき感がなく、食感も食べ応えも十分。空腹を抑えたい時には、ヨーグルトがお腹を満たしてくれます。

身体に負担をかけずに無理なく-3kgを目指そう

自分の体調と相談しながら(写真:iStock)
自分の体調と相談しながら (写真:iStock)

 1週間という短期間で3kgのダイエットはやりようによっては可能ですが、急になんでもこなすというのは健康的にはNGです。早く痩せようと頑張りすぎず、自分の体力に合った方法で短期間ダイエットを試してください。

 また、短期間でのダイエットに成功後も運動や食事制限を続けられれば、より健康的に理想的なスタイルを目指せます。無理せず余計な負担をかけずに、楽しんでダイエットをしましょう。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...