“授かり婚”からわずか2年…スピード離婚した30代女性の場合

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-07-20 06:01
投稿日:2021-07-20 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、夫への愛情が冷めた気持ちをひょんなことから確信した30代女性の離婚事情に迫ります。

夫の存在意義に疑問

何にもしてくれない(写真:iStock)
何にもしてくれない (写真:iStock)

 Yさんは、30代前半のシングルマザー。子どもは2歳で、今は実家で両親とともに子育てをしています。コロナ禍に突入してまもなく、授かり婚で結婚2年目を迎えていた夫と離婚しました。

「コロナ禍になったことで、夫の存在意義が見えなくなったのが、離婚における最大の理由です。

 妊娠中からほとんどサポートもしてくれず、稼ぎも年齢のわりには少なめ。家事もほとんどできず、休日は家でグータラと寝ているだけの夫でした。どこかに出かけようと言っても『めんどくさい』『疲れてる』としか言わない人で……。それでも、子どもにとっては、こんな父親でもいないよりはマシなのかな…って思って、我慢して一緒にいました。

 ところが、コロナ禍になってから、あるときに久しぶりに夫から求められたんですけど…、その瞬間に『この人と密着なんて絶対に無理!』『もしもこの人からコロナを移されたら、とんでもない!』って思っちゃったんですよね。

 それで、その日を境に『もう、離婚したほうがいいんだろうな』という考えが強くなりました。

経済的には不安だけれど…

新しいスタートを切ってよかった(写真:iStock)
新しいスタートを切ってよかった (写真:iStock)

 離婚を現実問題として考えたときに、Yさんが最も不安視したのは経済的なことでした。Yさん自身も仕事はしていたものの、収入はあまりよくなく、ひとりで子どもを育てていくには不安があったそう。

「それで、もっていたけれど活用できていなかったコンピューターの資格を活かして、就活を始めました。幸いなことに、すぐに転職先が見つかり、それまでの仕事よりも高収入に。それで自信がついたこともあって、離婚に向けて気持ちが固まりました」

 まだ子どもが小さいため、将来どうなるのか、自分の収入だけで本当に育て上げることができるのか不安がないわけではないそうですが、愛情が冷めた夫と共同生活を送り続けるのが苦痛である以上、新たなスタートを切るほうがいいと判断したYさん。

 新たな職場はテレワークが基本なうえに今は実家で過ごせているので、仕事中は両親が子どもの面倒を見てくれるほか、自分自身も今までより子どもと過ごす時間が確保できていて、ホッとしているそうです。

コロナでなければまだ一緒にいたかも

コロナ禍が気が付かせてくれた(写真:iStock)
コロナ禍が気が付かせてくれた (写真:iStock)

「コロナ禍にならなければ、どうなっていたかって? 

 多分ですけど、まだ前夫と一緒にいたと思います。不満はあったけれど、一緒にいる時間はそこまで多くなかったので、今ほど元夫への嫌悪感も抱かなかっただろうし。

 だけど、遅かれ早かれ離婚をしていたとは思うんですよね。だって、一緒に生活する意味がないって思うほど、何もしない夫でしたから……」

 ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ