“授かり婚”からわずか2年…スピード離婚した30代女性の場合

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-07-20 06:01
投稿日:2021-07-20 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、夫への愛情が冷めた気持ちをひょんなことから確信した30代女性の離婚事情に迫ります。

夫の存在意義に疑問

何にもしてくれない(写真:iStock)
何にもしてくれない (写真:iStock)

 Yさんは、30代前半のシングルマザー。子どもは2歳で、今は実家で両親とともに子育てをしています。コロナ禍に突入してまもなく、授かり婚で結婚2年目を迎えていた夫と離婚しました。

「コロナ禍になったことで、夫の存在意義が見えなくなったのが、離婚における最大の理由です。

 妊娠中からほとんどサポートもしてくれず、稼ぎも年齢のわりには少なめ。家事もほとんどできず、休日は家でグータラと寝ているだけの夫でした。どこかに出かけようと言っても『めんどくさい』『疲れてる』としか言わない人で……。それでも、子どもにとっては、こんな父親でもいないよりはマシなのかな…って思って、我慢して一緒にいました。

 ところが、コロナ禍になってから、あるときに久しぶりに夫から求められたんですけど…、その瞬間に『この人と密着なんて絶対に無理!』『もしもこの人からコロナを移されたら、とんでもない!』って思っちゃったんですよね。

 それで、その日を境に『もう、離婚したほうがいいんだろうな』という考えが強くなりました。

経済的には不安だけれど…

新しいスタートを切ってよかった(写真:iStock)
新しいスタートを切ってよかった (写真:iStock)

 離婚を現実問題として考えたときに、Yさんが最も不安視したのは経済的なことでした。Yさん自身も仕事はしていたものの、収入はあまりよくなく、ひとりで子どもを育てていくには不安があったそう。

「それで、もっていたけれど活用できていなかったコンピューターの資格を活かして、就活を始めました。幸いなことに、すぐに転職先が見つかり、それまでの仕事よりも高収入に。それで自信がついたこともあって、離婚に向けて気持ちが固まりました」

 まだ子どもが小さいため、将来どうなるのか、自分の収入だけで本当に育て上げることができるのか不安がないわけではないそうですが、愛情が冷めた夫と共同生活を送り続けるのが苦痛である以上、新たなスタートを切るほうがいいと判断したYさん。

 新たな職場はテレワークが基本なうえに今は実家で過ごせているので、仕事中は両親が子どもの面倒を見てくれるほか、自分自身も今までより子どもと過ごす時間が確保できていて、ホッとしているそうです。

コロナでなければまだ一緒にいたかも

コロナ禍が気が付かせてくれた(写真:iStock)
コロナ禍が気が付かせてくれた (写真:iStock)

「コロナ禍にならなければ、どうなっていたかって? 

 多分ですけど、まだ前夫と一緒にいたと思います。不満はあったけれど、一緒にいる時間はそこまで多くなかったので、今ほど元夫への嫌悪感も抱かなかっただろうし。

 だけど、遅かれ早かれ離婚をしていたとは思うんですよね。だって、一緒に生活する意味がないって思うほど、何もしない夫でしたから……」

 ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ